最後の手紙

烏兎の庭 - jardin dans le coeur

第五部

薄暮

11/5/2017/SUN

Homesick - ため息が重い日に


理由もないのに沈んだ気持ちになる日がある。そんなとき、無理に元気が出るような曲を聴くよりも、物憂げな音楽を聴く。静かに悲しみを包んでくれるような気がする。

ここでは一人につき一曲ずつ挙げた。さびしいとき、かなしいときには、他にも、この人たちの音楽を聴くことが多い。

ほとんどがこれまで『庭』のどこかで言及した曲。

理由があって悲しいときにも聴くことがある。

挽歌は別の機会にまとめる。