硝子の林檎の樹の下で 烏兎の庭 第四部
表紙 > 目次 > 箱庭  > 前月  >  先頭  >  翌月

2013年4月


4/20/2013/SAT

LOOKING BACK 2、小田和正、ファンハウス、2001

数多くあれど、失望させないセルフカバーは少ない。それは誰でも思い入れのあるオリジナルと比較してしまうから。思い出の多い歌は原曲の方が耳に慣れていて聴きやすい。私の場合もそれは同じ。それでも、全体としてこのアルバムは深みが増した曲が多く感じられる。

とくに「君住む街へ」は、小田和正が一人ですべてを歌っているこちらのバージョンのほうがオリジナルで、かつ完成形に思える。また、点描画のように感覚的な言葉がちりばめられたオフコース時代の歌詞に比べると、歳を重ねるごとに歌に込められたメッセージは具体的に、また力強くなってきた。

「たしかなこと」はその一例。その原点は、“Three and One”時代に書かれた「君住む街へ」にあると気づいた。

「君住む街まで/飛んでいくよ/一人と思わないで/いつでも」というフレーズは、"You just call out my name / And you know wherever I am / I'll come running to see you again"(Carole King, "You've Got a Friend")の小田和正流の訳なのだろう。


死にたいくらい辛くても」「乗り越えていくはず」とはまだ思えないけど、今週は「繰り返し」この曲を聴いた。


4/27/2013/SAT

結局、Twitterはアプリもブックマークも削除したまま。アカウントは抹消していない。

しばらくは、見ることも書くこともないだろう。

業務と睡眠を最優先にすることもやむを得ない。


表紙 > 目次 > 箱庭  > 前月  >  先頭  >  翌月

uto_midoriXyahoo.co.jp