最後の手紙

烏兎の庭 - jardin dans le coeur

第五部

ICU礼拝堂

2/7/2016/SUN

さだまさし NHKホール

さだまさし ライブコンサート NHKホール、NHKテレビ総合、11.24.1979


カセットテープからのデジタル化、第二弾。

コンサートが行われたのは1979年11月末。「あけましておめでとうございます」と言っているので、テレビ放映は1980年の正月と思われる。

1979年は、さだまさしにとって大きな転機だった。シングル「関白宣言」が大ヒットして、よくも悪くも話題になった。続けて「防人の詩」「親父の一番長い日」と「右翼」「長い」とこれまた論争や話題になる作品を発表した。


このライブは、さだまさしを好きになりはじめた頃に見た。カセットテープは、何度聴いたのかわからほど、繰り返し聴いた。だから、カセットテープを聴かなくなっても、曲のあいだの噺まで、ずっと忘れずに覚えていた。

オープニングの「なつかしい海」は、「関白宣言」のB面で聴く前にライブ版を聴いていた。そのせいなのか、今でもスタジオ版よりも、ライブ版のほうが断然によく聴こえる。私にとっては、こちらがオリジナル。イントロのコーラスはない方がいい。


この頃、すでにライブアルバム『随想録』(エッセイ)は購入していたと思う。1980年10月に『印象派』が発売された頃にはファンクラブにも入っていた。

当時は、レコードを発売前に予約すると、おまけがたくさんもらえた。ポスターはもちろん、ランチョンマットやボール紙で作る双眼鏡などを手に入れたことを覚えている。


1980年、さだは、映画『長江』を撮影するため、長く中国に滞在した。アーティストが不在の間、東京、普門館ホールで4月に行われたコンサートの模様がフィルム・コンサートとして各地で上映された。

ずっと後になり、2001年に『里程標』という名前で販売されたこのフィルム・コンサートを、私は神奈川県民ホールで見た

DVDを買おうか、迷っているあいだに品切れになってしまい、いまは中古品が高値で売られている。

NHK-FMのスタジオ・ライブ、ライブ・アルバム『随想録』(エッセイ)、そして、このコンサートを繰り返して聴いてみれば、「あの頃」二人で過ごした時間に話したことを、もっと思い出すことができるかもしれない。

このライブを聴くとき、私は12歳になる。


曲目は次の通り。

カセットテープにはタイトルだけ書いてあり、曲順は書いてなかった。

  1.  1. なつかしい海
  2.  2. 君のふるさと
  3.  3. 天までとどけ
  4.  4. 胡桃の日
  5.  5. 交響曲
  6.  6. 木根川橋
  7.  7. 関白宣言
  8.  8. 防人の詩
  9.  9. フレディ、もしくは三教街
  10. 10. まほろば
  11. 11. 親父の一番長い日
  12. 12. ひき潮

この番組を録音したのは、おそらくSONY製ステレオラジカセ”ZIL BOP”。

このラジカセ、当時としてはソフトイジェクトが珍しかった。