最後の手紙

烏兎の庭 - jardin dans le coeur

第五部

深大寺の水連

9/7/2015/MON

本棚の10冊で自分を表現する -文庫本-


「本棚の10冊で自分を表現する」というタグが、Twitterのタイムラインにいくつか流れてきた。

面白そうなので、やってみようと本棚をいじってはみたものの、10冊選ぶのは難しい。

好きな本や音楽のベストテンを選ぶのは、難しい。ブクログの「お気に入りベスト3」も定期的に変更している。今日時点で掲示されている3点は、森山啓『谷間の女たち』福永武彦『草の花』、そして、島崎藤村『破戒』。少し偏っているので、そろそろ変える。

ひとまず10冊並べて写真に撮り、ツイートした。この書棚はベッドの頭の上にある。家具店の人は「宮付きベッド」と呼んでいた。

愛読書を披露するのは、なんとなく恥ずかしい。裸体を見られているような気になる。


ツイートをしてしまってから、山口瞳が2冊入っていることに気づいた。こういう仕事をいつもしくじる。一回で済んだためしがない。慎重さが足りない。

山口瞳の『諸君!、この人生、大変なんだ』を残し、『酒呑みの自己弁護』は外した。それから、もう一冊を探しはじめた。

手持ちの文庫本を見回し、『烏兎の庭』にはこれがなければ、という一冊を見つけた。ルソー『孤独な散歩者の夢想』。

大学では国際関係論を勉強するつもりだったのに、大学では政治思想史を学ぶことになった。政治思想史のなかでも、ルソーはいちばん文学に近い。もともと私の志向は、社会科学系よりも人文系に向いていたのかもしれない


ほとんどの本は、『庭』のなかに感想文を書いている。


9/8/2015/TUE

本棚の10冊で自分を表現する -絵本-

本棚の10冊で自分を表現する/絵本 本棚の10冊で自分を表現する/絵本/シンデレラ

「本棚の10冊で自分を表現する」。

絵本でやってみたらどうなるか。試しに並べてみた。正方形に収めるために数は9冊にした。


絵本の場合、背表紙を撮影しても書名がわからないほど薄いものもあるので、表紙が見えるように並べた。

ほとんどの作品は、これまでに感想文を書いている。そのほかの絵本についても、何かしらの形で言及している。

写真をクリックすると、大判で見ることができる。

煩雑になるので、下のリストでは出版社と出版年は割愛した。



10冊にするため、1冊、別に追加した。『シンデレラ』 (角野栄子文、こみねゆら絵、講談社、1999)。この絵本で、こみねゆらを知った。シンデレラのドレスの絵がきらびやかで素晴らしい。

これ以降、こみねゆらの作品を探して読むようになった。


写真は、近所の寺で本堂の前に見つけた蓮の花。20年近く通っている店で、ビールを呑み、冷やしたぬき蕎麦を食べた。並の2倍の中盛で夜まで満腹。女将さんは元気そうだった。