烏兎の箱庭――烏兎の庭 第二部 日誌
表紙 > 目次 > 箱庭  > 前月  >  今月  >  翌月

2005年3月


3/5/2005/SAT

未来少年コナン 第17話 戦闘、第18話 ガンボート

書評「出発点 1979-1996」(宮崎駿、徳間書店、1996)も近日改稿する予定。


3/6/2005/SUN

雪原の勇者 ノルゥエーの兵士 ビルケバイネルの物語(THE RACE OF THE BIRKEBEINERS)、Lise Lunge-Larsen文、Mary Azarian絵、千葉茂樹訳、BL出版、2004

ジェニー・エンジェル(Jenny Angel)、Margaret Wild文、Anne Spudvilas絵、もりうちすみこ訳、岩崎書店、2001


3/11/2005/FRI

祖国のために死ぬ自由 徴兵拒否の日系アメリカ人たち(Free to Die for Their Country: The Story of the Japanese American Draft Resisters in World War II, 2001)、Eric L. Muller、飯野正子監訳、飯野朋美、小澤智子、北脇実千代、長谷川寿美訳、刀水書房、2004

江ノ電、鎌倉高校前駅

久しぶりにどっぷり浸る読書をした。

本書を読んでから、日系米国人の強制収容体験を含んだ半生記を題材にした絵本、Allen Say,“Music for Alice”を読み返した。簡潔な文章に、「避難」「転住」と詐称された強制収用がどのように強行されたか、不足なく盛り込まれていて驚いた。

少し暖かくなってきたので仕事、といっても庭掃除をはじめた。

書評「裏庭」は、あとから入れたオルガン曲に題名を加え、最後の言葉を別の段落にした。

この曲は2年前の冬にはじめて知った。それ以来、繰り返して聴いている。

書評「出発点」は、後半部分を剪定。

後半に書いてあった「野心」の問題は、展開不十分のため削除した。この問題は以前から考えているけれども、「野心」の概念化からしてまだできていない。「野心」ではなく、「希望」という言葉と対比して、「野望」といったほうがいいかもしれない。でも、「野望」というと、企業モノの官能小説のようにも響いて、少し違う。

いずれ場所をあらためて書くつもり。

以下は、段落、行末を揃えた程度。


写真は、江ノ電、鎌倉高校前駅の柱のあいだから見た相模湾。額縁に入れたような風景が気に入った。


3/12/2005/SAT

未来少年コナン 第19話 大津波

この回をみると、必ず絵本『樹のおつげ』(Lafcadio Hearn原作、斎藤裕子再話、藤川秀之絵、新世研、2001)を思い出す。

写真は、銀色に輝く七里ガ浜海岸。津波の気配はない。


3/18/2005/FRI

未来少年コナン 第20回 再びインダストリアへ


3/20/2005/SUN

書評「祖国のために死ぬ自由」に追記

書評「祖国のために死ぬ自由」の3ページ目に以下の段落を追加。

   大日本帝国でも、朝鮮半島や台湾から従軍した植民地住民は少なくなかった。彼らが志願した理由は、強制された一面だけでなく、戦果によって日本国民であることを証明できると信じ、また期待する一面もあったに違いない。

昨夜旅先で見た、NHK教育テレビ、放送80周年記念番組「ETV特集 遺された言葉―ラジオが伝えた太平洋戦争」の感想を一部、挿入した。

この考え方自体は、以前、批評「オリンピック・メダルは誰のものか」を書いたときから持っていた。報道を聞くかぎりでは、件のマラソン選手にはそういう意図はなかったようなので、そこまで文章にすることはしなかった。

大日本帝国は、列強と同じように植民地を広げた。その際、列強同様に植民地人を正統な宗主国民と認めることはせず、それどころか、日本国籍者でも植民地出身者を差別する構造を残した。その一方、内地の日本国籍者、いわゆる「ほんとうの日本人」についての定義もはっきりしないままだった。

このことは、書評は残していないけれど最近読んだ、『いくつもの日本Ⅰ 日本を問いなおす』(赤坂憲雄、中村生雄、原田信男、三浦佑之編、岩波書店、2002)にあったイ・ヨンスクの論文「『狭義の日本人』と『広義の日本人』」にも書かれていた。

イが結語で警告するように、「日本人」のあいまいな定義と空虚な純粋主義の混在は今も残っている。このことは、書評「在日外国人と帰化制度」批評「帰れ、帰るな、いったいどこへ」にも書いた。



uto_midoriXyahoo.co.jp