最後の手紙

烏兎の庭 - jardin dans le coeur

第五部

永青文庫

2016年9月

今月の本


『「社会的うつ病」の治し方』は、病苦、休養、リハビリを経て就職活動をしている「いま」読むにふさわしい本。

人は人のあいだで心の病になるけれども、人を回復させるのもまた人という指摘には強く同意する。退職と休養を勧めた社長、いつも穏やかに励ましつづけてくれるS先生、そして、内に閉じこもりがちな私を社会へ戻る気持ちを後押ししてくれている就労移行支援事業所の人たち。

多くの人たちに支えられて、ようやくここまで来た。家族には迷惑ばかりかけた。仕事が決まったら、感謝と労いの気持ちを形にしたい。


『海戦の歴史 大図鑑』は、300ページを超える大著。博物館を一つ、回ったくらいの満足感が得られる図鑑

人類の歴史とは戦争の歴史と同じなのか。手漕ぎの船しかなく、おそらくは普通の船旅でも命がけだった時代に、もう船と船をぶつけて戦争をしている。どうして、そこまでして殺し合いをするのか。船酔いを我慢するのが精一杯の身にはとても理解できない


『本物の英語力』は頂き物。主張に異論はない。ずっと前に書いたことと重なるところが多い。英語は英米人だけの言葉ではなく、世界共通語であること

だから、文法がいい加減でも気持ちが伝わればいいという時代ではすでにない。打ち出したい自分や社会的属性にふさわしい語彙や使い方を身につけなければいけないということ。ビジネスパーソンが幼児言葉やヤクザのような言葉を使っていては信頼されるはずがない。きちんとした通訳を雇った方がまだいい。

そして、上達したければ、映画でもスポーツでも、好きな分野で学んでいくと長続きすること。

最後のポイントは、英語以外の言葉を学ぶときにも当てはまる。それはわかっていても、中国語もフランス語もなかなか続かない。

英語ができれば、英語を使うどんな人とも通じ合えるということが英語を学ぶ最大のメリット。それが仇になって、フランス語話者や中国語話者と話すとき、つい英語に頼ってしまう。


今月の美術館と博物館


永青文庫の名前は、最近、館長になった橋本麻里が連載している日経新聞夕刊のコラム、「プロムナード」で知った。

「刀剣女子」という言葉は耳にしていたけれど、ほんとうに女性の観覧者が多くて驚いた。

戦いを忘れ、静かに置かれて輝いている刀に妖しい魅力があることは、私にもわかった。


横須賀美術館は企画展を目当てに行ったところ、新しい出会いがあった。一人は平野啓子。「オトタチバナヒメ」。

細かい唐草模様のスクリーントーン。全体が赤の一枚から下半分が徐々に淡くなるグラデーション。続いて、青色と水色のツートーンから徐々に青が濃くない、藍色に成る。一枚一枚に白い卵型が添えられている。

もう一人は、企画展「千年の」を開いていた川田祐子。見ている者が溶け込んでいきそうな柔らかな具象と色彩に魅了された。

空の絵もいい。最近撮った写真が「それぞれを超えて」に少し似ているようで、うれしくなった。もちろん、同等ということではない。

もともと抽象画は好きなほうではない。それでも、色合い次第で好きになる。具象が雲や石、樹木のように、ある程度、実体を持っていると一気に虜になる。そういうきっかけになったのは、大川美術館で出会った難波田龍起

屋上から浦賀水道を眺めた。曇り空だったけれど、気持ちのいい週末になった。


桜田門 東洋・日本陶磁の至宝展

前々から行きたいと思っていた出光美術館の特別展。結局、最終日前日に行くことになった。

茶道も華道も免状を持っていて磁器に詳しい人と一緒だったので、解説してもらいながら見たので勉強になった。あとで三菱一号館の裏手でランチを挟んで60年前、丸の内OLだった頃の思い出話を聴いた

青磁は一つしかなかった代わりに白磁にコバルトで彩色した青花の壺や瓶に魅了された。

驚いた作品もあった。板谷波山の手による「葆光彩磁花卉文花瓶」。彩磁をヴェールで包んだような柔和な佇まい。

出光美術館といえば、ルオーのコレクションでも知られている。今回は、ルオーにはめずらしい風景画「シエールの思い出」と肖像画「華子」を見ることができた。

出光美術館は休憩場所がいい。広くて、お茶がいただける。雨模様のなか、桜田門が見えた。

ふだん図録などは買わない。今回は名品20点を解説した『出光美術館蔵 陶磁の至宝20選』(2016)が500円と安価だったので、「葆光彩磁草花文花瓶」のクリアファイルと併せて買った。310円だった。


岩本町にある画廊、KANEKO TOKYO-ARTで川田祐子展を見た。前週、横須賀で出会ったばかり

川田さんがいらして創作の秘密をすこし聞くことができた。作品には水が隠れているという。

小さくなって緑葉の上で朝露に包まれている感じ。ずっと包まれていたい空間。

私財を投げうち、気に入った作品を集めて美術館を建てた大川栄ニは、美術品を見ることを「心の洗濯」と言っていた。まさしく心が洗われるような画を見たその日の夕方、穏やかな気持ちで面接に臨むことができた。

就職活動に六等星くらいの小さい光明が見えてきた。10月は、この光に向かって歩いていく


今月の音楽


『みんなのうた』の50周年記念アルバムは2枚組が4巻に分かれている。

「大きな古時計」には、チューインガムが歌う「遠い世界に」が入っている。チューインガムは『ポプコン・ガールズ・コレクション』で「風と落葉と旅びと」を聴いて探していた。

図書館で、最近はほとんど見ない日本語のポップスの棚に偶然、チューインガムのベスト盤を見つけた。「風と」は松田りかが12歳のときに作った歌でコーラスを歌っている妹のマミは10歳だった、という驚くべき事実をはじめて知った。

ジャケットは、「岡田さんの手紙」にも出てくる学校の朝礼台で、ギターを楽しそうに弾く二人。確かにあどけない少女たち。まだ「青春」という言葉が早すぎる二人と歌詞とのギャップが魅力を大きくしている。

オリジナル曲もいいけれど、「あの素晴らしい愛をもう一度」や「結婚しようよ」などのフォークの定番や賛美歌も心地よい。

「50周年」シリーズで他に気に入っているのは「雪の降る街を」(立川清澄)と「踊ろう楽しいポーレチケ」。「ポーレチケ」は小学校で歌ったのだろうか。どこかは覚えていないけれど、とても懐かしい。


2017年1月2日、追記。

チューインガムのファンサイトにある掲示板に投稿した

一人のファンが作ったサイトに歌手本人が寄稿し、「岡田さんの手紙」の岡田さんまで登場している。ネットの力に驚嘆。