編集工房 飢餓陣営
  佐藤幹夫のホームページ    

●フリージャーナリスト、フリー編集者、飢餓陣営発行者として活動をする佐藤幹夫のホームページです●ホームページ開設(2003年2月13日)
最終更新日
(2018年9月8日)●ご意見・質問は編集工房飢餓陣営(メール)へ●記事の無断転載を禁じます。

  【最新情報】
●飢餓陣営47号 p230,定価1,000円+税残部僅少!
在庫ができました。
下記書店にてお求めいただくか、当方にご連絡ください。

ラインアップのお知らせ(クリック


●筑摩書房刊 『評伝 島成郎 ― ブントから沖縄へ、心病む人びとのなかへ』
大好評発売中 p352 2600円+税
 
帯文と目次(クリック

●新幹線殺人事件と「津久井やまゆり園事件」(ブログ編集室より




 ●2018年7月刊
飢餓陣営47
230頁 
1,000円+税
 
 


●『評伝 島成郎』(筑摩書房)
 3月19日刊行予定
 p352 2600円+税

 帯文と目次(クリック)

新聞書評より
毎日新聞(クリック)
東京新聞(クリック)

北海道新聞(クリック)
沖縄タイム(クリック)

*その他琉球新報。共同通信からも配信されています。
 


【取扱書店】
神田・東京堂神田本店、神田・三省堂神田本店、
新宿・模索舎(バックナンバーあり)、
東京・八重洲ブックセンター、大阪・梁山泊
(バックナンバーあり)
京都・三月書房
(バックナンバーあり)
池袋・ジュンク堂(バックナンバーあり)、
長野・平安堂、名古屋・ウニタ書店、名古屋ちくさ正文堂

(上記以外の書店ではお取り扱いできません)。


 2014年5月刊 (レビュー)  2013年11月刊    
       
       
       

【飢餓陣営せれくしょん】
 2017年2月刊  2016年7月刊  2016年2月刊
         
 (クリック)         
 2015年9月刊(クリック)  2014年12月刊 2014年9月刊     
   商品の詳細      
   目次と「編集後記」(クリック)      
        

●佐藤幹夫の著作(クリック)と仕事(クリック)

執筆者たちの寄稿
〔1〕村瀬学
 
『思い出のマーニー』論クリック『かぐや姫』の罪について」(その1クリック)(その2クリック)
/『風立ぬ』とファウスト問題」(その1クリック)(その2クリック)

【沖縄へ】
2015・11・1・〜9まで沖縄取材へ。



 
 
 


飢餓陣営バックナンバー


35号 36号4・5更新 37号4・5更新  
38号2012年8月刊(328頁) 39号2013年8月刊(272頁) 40号2014年3月刊 (レビュー)
       
 41号2014年3月  42号2015年5月刊(クリック)  43号2016年1月刊/260頁  
       
 44号2016年11月刊/200頁  45号2017年7月刊p208  46号2017年12月刊(クリック)  


飢餓陣営編・プロデュース

滝川一廣インタビュー集 3部作
発達障害と司法
吉本隆明をめぐる4冊
12・4更新
飢餓陣営叢書(クリック)1・25更新



『飢餓陣営』について】
●定期購読のお願い(50号にて終刊予定)

(不定期刊ですが、年2回の刊行を目指しています)


【お申し込み方法】

編集工房飢餓陣営 に直接メールにてお申し込みください

または
(1)郵便局にて振替用紙
 「00160−4−184978 飢餓陣営発行所」。

(2)定価 1000円+税
2号分・・・2000円 3号分・・・3000円
4号分・・・4000円 5号分・・・5000円

(1冊のみご注文の際は送料200円を追加。
2号分以上予約の場合は送料不要。
*30号、33号は品切れになりました。42号残部僅少

【取扱書店】
神田・東京堂神田本店、神田・三省堂神田本店、
新宿・模索舎
(バックナンバーあり)
東京・八重洲ブックセンター、大阪・りょうざんはく
(バックナンバーあり)
京都・三月書房
(バックナンバーあり)
池袋・ジュンク堂(バックナンバーあり)
、長野・平安堂
名古屋・ウニタ書店、名古屋ちくさ正文堂

(上記以外の書店ではお取り扱いできません。
当発行所にお申し込みくださるか、上記書店にお尋ねください。)


 

飢餓陣営バックナンバー 2
      

好評発売中
『発達障害と感覚・知覚の世界』(日本評論社)
佐藤幹夫+人間と発達を考える会編
定価2400円+税
「まえがき」(クリック)
「発達障害とは何か」「精神現象とは何か」「人間関係や世界はどう体験されているのか」―自閉症と呼ばれる子どもたち(人びと)の示す感覚世界の不思議さ、豊かさのなぞにせまる。(帯より)
第1章・西研・・「感覚・知覚とは何か」
第2章・滝川一廣・・「発達障害における感覚・知覚の世界」
第3章・小林隆児・・「原初的知覚世界と関係発達の基盤」
第4章・小林隆児・・「原初的知覚と関係発達臨床の実際」
第5章・佐藤幹夫・・「「かりいほ」の支援ー「安心」の獲得と体験世界の変容」


『これからどうする 未来のつくり方』(全653ページ・228名が執筆・1900円+税。岩波書店)
「司法と福祉は、どう連携すればよいか」分担執筆。


●滝川一廣インタビュー集
『「こころ」はどこで育つのか 発達障害を考える』(洋泉社・新書y
)発売中!
ページ数288、定価980円+税
*目次と「まえがき」(滝川一廣)と「あとがき」(佐藤幹夫)クリック

発達を語ることと発達障害を語ることは別のことではない。発達障害を真に理解し、寄り添うための一冊。




【沖縄へ】
3・21・〜25まで沖縄訪問。 斉場御嶽(せいふぁーうたき)と崇元寺公園、そしてひめゆりへ。