世田谷区喜多見

氷川神社

神明社

東京都世田谷区祖師谷5-1-7

御祭神:天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)、
境内社:祖霊社、八幡社、稲荷社、熊野社、三峯神社


祖霊社

由緒

創立・由緒・沿革については不詳であるが古老の口碑によれば、正平年間(1346-69)新田義興・義宗等、足利尊氏を討つべく、義憤の兵を興し、各所に戦い、勝に乗じ逃るのを追いて、この地に来た時、小祠があるのを見て、祭神の何たるを聞き、天照皇大神たるを知り、吾が憩いたるは皇祖の吾を助くるものなりとて、戦勝を祈願し、甲冑一具を献じ、兵を励まして出発したとある。その後、村民崇敬し、年とともに栄えた。当時の甲冑は形を失った。
戦後の歩み 昭和23年、祖霊社を建立す。昭和38年、神楽殿・社務所を建築、社殿屋根銅版葺替工事をする。

兼務社トップページへ戻る

ページトップ

Copyright 2001 Hikawajinja.