入門

 

 シャーシメーカー別 車両の生い立ち(小型バス編)導入ページ


小型バスの定義
小型バスは、マイクロバス、ライトバス、ミニバスなどと呼ばれるバスのことで、通常、乗車定員11〜29人、全長7m以下、全幅2.3m以下のバスのことを指します。
これは道路交通法上の中型自動車に当り、1970年までは普通自動車免許で運転できたサイズでした。(現在では、大型免許が必要) ナンバープレートは中板サイズになります。
高速道路の料金区分では、中型車の区分にマイクロバスがあり、乗車定員11〜29人、車両総重量8t未満とされています。
また、道路運送法などでレンタカーにおけるマイクロバスの許可基準が全長7m未満、乗車定員29人以下と規定されていたため、全長は7m未満に抑えられているのが普通です。
マイクロバスという呼称は、1960年代には12〜17人乗りの小型バスの商品名として使われていましたが、1970年代以降は、トラックベースの小型バス全般を表す普通名詞として使われるようになりました。(本稿では、商品名は「マイクロバス」、普通名詞は“マイクロバス”と記載します)
1980年代に入り、路線バスに使用するため立ち席定員を確保した小型バスが登場します。乗車定員は30人を越えますが、車両サイズが小型バスの枠に収まっている場合は、メーカーでも小型バスと呼称しています。大板サイズのナンバープレートを付けた小型バスということになります。


ローザ



表7 小型バスのサイズによる分類
乗車定員11〜15人20〜22人25〜29人29人
全長4〜5m5〜6m6.3m6.9m
ベース車1tトラック2tトラック3tトラック4tトラック
7-1 いすゞ自動車エルフマイクロバス
→ジャーニーS
ライトバス
→ジャーニーM
ジャーニーLライトバス
→ジャーニーQ
7-2 ダイハツ工業ベスタ・マイクロバス
V100マイクロバス
ライトバス
SV型ライトバス
DV型ライトバス-
7-3 トヨタ自動車ハイエース・コミューターダイナ・マイクロバス
トヨペット・マイクロバス
ライトバス
コースター
コースター-
7-4 日産自動車クリッパー・マイクロバス
キャブオール・マイクロバス
キャブスター・マイクロバス
プリンス・ライトコーチ
ジュニア
エコー
シビリアン
シビリアン-
7-5 日野自動車コンマース--ライトバス
→レインボー
7-6 マツダ(東洋工業)マイクロバス
クラフト・ライトバス
パークウェイ18
-ライトバス
パークウェイ26
-
7-7 三菱自工-ふそうライトバス
ライトローザ
ローザふそうBK
備考乗車定員、全長、ベース車は、概数による分類です。

小型バスの発達過程
小型バスの登場は、おおむね1960年代に入る頃で、1970年代に安定した市場を確保し、1980年には貸切バス、乗合バスに市場を拡大したという流れになります。
厳密には、1957年のトヨタの「マイクロバス」がその黎明期の草分けになるようです(注1)。初期の小型バスは、1t〜1.5t程度のトラックをベースに、ルートバンと変わらないボディの12人乗り程度でした。側扉もスライド式で、あまりバスという外観ではありません。セミキャブオーバー型も存在しました。
これを受けて、1960年代中盤にかけて、2t〜3tトラックをベースにした、20人乗り以上の「ライトバス」と呼ばれる小型バスが各メーカーから登場します。車体も大きめの箱型になり、バスらしい外観を持つものが多くなっています。この時期、小型トラックは積載量を増やすため、ボンネット型からキャブオーバー型に移行しており、小型バスもそれをベース車としているため、ほとんどが箱型のキャブオーバー型です。
1970年代には、2t〜3tトラックをベースにした21〜29人乗りの“マイクロバス”の主力車種が確立されます。いすゞ「ジャーニー」、トヨタ「コースター」、日産「シビリアン」、三菱「ローザ」の4車種が一定のシェアを確保し、その後30年以上に渡って販売を続ける基礎を築きます。
1980年代半ばには、貸切バス・レンタカーの質的な向上に伴い、中型バスと共通コンポーネントの小型バスが登場します。これには大型車メーカーであるいすゞ、日野、三菱が対応します。(→5-13 7mサイズ小型観光バス
1990年代から2000年代にかけては、路線バスのバリアフリー化推進とコミュニティバスの普及に伴い、大型車メーカーや輸入車による低床の小型バスが登場します。
その結果、2000年代までに、自家用、レンタカー用途のいわゆる“マイクロバス”、貸切バス用途のハイデッカータイプ、路線バス用途の低床タイプと、使用目的により小型バスは分化しました。

小型バスの用途
小型バスは、主に企業送迎、施設送迎、旅館送迎、学校送迎、及びレンタカーなどの自家用で用いられることが多く、路線バス、貸切バスなどの営業用に用いられることは多くありませんでした。販売先が個人や一般企業、学校などになるため、販売数は大型バスに比べ圧倒的に多く、乗用車と同様にレディメイドで生産されます。
送迎用などの用途は自家用登録になりますが、バス事業者、タクシー事業者などがそれらの企業から受託する場合は、営業用登録になります。車両の仕様自体に違いはありません。
また幼児専用車(幼稚園バス)には特定の仕様が必要なため、ほとんどの“マイクロバス”が幼稚園バス専用の仕様を用意しています。
1980年代に入ると、旅行形態の変化から営業用の貸切バス事業者でも小型バスを導入する事例が増え、ハイグレード化に拍車をかけました。
並行して、やはり1980年代には路線バスの輸送量低下に伴うダウンサイジングが進みます。都市圏では団地などに乗り入れるデマンドバスなど、地方では過疎地域での自治体運営バスなどに、小型バスが使用されるケースが多くなります。路線バスは通常営業用登録ですが、自治体運行の特例により自家用登録の場合もあります。

特装車への展開
小型バスはまた、特装車のベース車としても活用されます。
フレーム付シャーシは、二次架装による特殊なボディスタイルにも対応可能で、オープンデッキ付の宣伝広報車、ドアや窓の配置を大きく変えた移動販売車、移動図書館車、特別な機械を搭載したテレビ中継車、検診車などへの改造例があります。
これらへの改造が容易なように、後面に大型扉を設け、車内には座席を設置せずにキャブ部分の3名分のみの乗車定員とした「特装用胴殻車」が用意されている場合もあります。
特装車への改造例は、カタログにイラストとして掲載されている場合があります。その一例をご覧に入れます。
特装車

小型バスの製造メーカー
上記のように、小型車からのアプローチで製造が始まった点、販売先が自家用途である点などから、“マイクロバス”の製造メーカーは、大型車メーカーより普通車メーカーの方が主力になっています。早くに大型バスの生産を中止したトヨタや日産自動車のシェアが大きい点などからもそれが分かります。一方で、大型車メーカーの日産ディーゼルは、“マイクロバス”の生産はしていません。三菱でもローザと呼ばれる主力車種は普通車を製造していた新三菱重工の製品で、1964年に合併により三菱重工業になった後も、大型車の「ふそう」ブランドではありませんでした。
車両サイズの点でも住み分けが見られます。乗用車メーカーのトヨタ、日産、マツダでは、“マイクロバス”の標準的サイズである2t〜3t車ベースの26人乗り程度のサイズを中心に製造しています。一方、大型バスからのアプローチで製造が始まった4t車ベースの29人乗りは、大型車メーカーのいすゞ、日野、三菱での製造です。三菱もこのサイズのBKは「ふそう」ブランドになっています。
特に提携関係にあるトヨタと日野、ダイハツでの住み分けとしては、トヨタが2〜3t車ベース、日野が4t車ベース、そしてダイハツは1970年代に入ると小型バスの生産から撤退しています。

小型バスの商品名
1960年代の初期の小型バスは、20人乗り以下が「マイクロバス」、20人乗り以上が「ライトバス」という商品名で呼ばれることが多かったようです。また、ベースとなるトラックの名称と合わせて、「エルフ・マイクロバス」「ダイナ・マイクロバス」などの商品名も見られました。
独自の商品名を付けたのは三菱「ローザ」(1960年)が最初で、続いて日産「エコー」(1962年)、日野「レインボー」(1968年)、トヨタ「コースター」(1969年)などが後に続きます。バスメーカーのいすゞと日野は、中型バスにも同じ商品名を付けています。
この時期、大型バスには商品名はありませんでしたが、小型バスの場合は、自家用使用が多いため、訴求先が個人であったり、車両知識の乏しい企業、団体であることから、魅力的な商品名を付けて、他社との差別化や認知度の向上を図る必要があったのだと思われます。

本稿での小型バスの掲載基準
これまで記載したように、小型バスは、黎明期のルートバン程度の車両から、1990年代に流行したハイデッカー車や低床路線バスまで、幅広いカテゴリーが存在します。
ここでは、主に2〜4tトラックをベースに、17〜29人の乗車定員を持つ“マイクロバス”を主体に取り上げることにします。11〜16人程度のルートバンタイプ、ワゴン車タイプの車両については、1960年前後の黎明期の車両のみを、小型バスの礎になったという意味で取り上げるにとどめます。また、ハイデッカータイプなどに進化した貸切タイプについては、5-13 7mサイズ小型観光バスのところで取り上げます。1990年代後半以降の低床型路線バスについては、時期的に当サイトの範疇外ということで割愛します。
また、大型バスと同様に、型式等の一覧表も掲載しますが、“マイクロバス”の場合、ガソリンエンジンとディーゼルエンジン、後輪シングルタイヤとダブルタイヤ、グレードによる差異、幼児バス仕様、その他細かいバリエーションが豊富で、これが型式にも反映されます。そのため、すべての型式を掲載することはできません。従って、主要な型式名であったり、型式の末尾の記号を省略している場合があることをご理解ください。
合わせて、掲載写真の車両型式についても、これらの細かいバリエーションを判別できない場合がほとんどですので、型式ではなく商品名で記載することが多くなっています。

参考文献など
“マイクロバス”というのは、趣味的には“すき間市場”のようなもので、文献やWebサイトなどで総合的な記述を探しても、なかなか見つかりません。
恐らく、バス趣味からのアプローチ、商用車(トラックなど)からのアプローチ、乗用車からのアプローチがあると思われますが、いずれの場合も、マイクロバスにたどり着くのは最後の方です。従って、文献でもWebサイトでも“ついで”のような扱いに終わる場合が多いのだと思います。
そんな中で、私が“マイクロバス”を調べるために特に参考になった資料というのは、下記のような文献です。いずれも“マイクロバス”だけを扱った書籍ではありませんし、年鑑本を1冊ずつめくっていって変遷を知るという使い方がほとんどでした。

いすゞジャーニー

ダイハツ

トヨタコースター

日産エコー

日野レインボー

マツダ・パークウェイ

三菱ローザ

ワゴン車サイズ
日産キャラバン
ワゴン車のサイズでも、定員11人を超えるとバスになります。
(本稿では対象外)

21人乗りクラス
日産シビリアン
2tトラックベースの初期“マイクロバス”の基本サイズ。

26人乗りクラス
トヨタコースター
このサイズは“マイクロバス”の主力として生産されます。

29人乗りクラス
いすゞDBR
大型車メーカーが得意としたサイズ。路線バス、観光バスにも向いています。

29人乗りリアエンジン
日野レインボー
中型バスに匹敵するリアエンジンタイプも登場。

7mサイズ観光バス
三菱エアロミディMJ
中型貸切バスからのアプローチで作られた小型バス。
(本稿では対象外)

低床小型バス
日産ディーゼルRN
中型路線バスからのアプローチで作られた低床の小型路線バス。
(本稿では対象外)



幼児バス
幼児バス
後部への非常口設置や幼児3人掛け座席など、特別仕様のため最初からカタログモデル化されています。

検診車
検診車
フレーム付シャーシの場合、色々な特装車に改造が可能です。


主な参考文献
  1. 車史研(1987)「1960年代のバス」
  2. 自動車工業振興会等(1960〜1983)「自動車ガイドブックvol.7〜30」(未参照巻あり)
  3. 九段書房(1985〜1993)「日本のバス1986、1988、1990」「日本のバス年鑑 91〜92、93〜94」
  4. ぽると出版(1993〜)「年鑑バスラマ 1994〜」
  5. 小関和夫(2007)「日本のトラック・バス」
(注1)
トヨタテクノクラフト(元の荒川車体)のWebサイトに記載があります。
なお、和田由貴夫(1979)「目で見るバスの博物館」(朝日新聞社「世界の自動車79」P.85-88)によると、いすゞでは1951年にTA10型3tトラックシャーシに客席のあるボディを架装したボンネット型の小型バスを作っていたとのこと。“マイクロバス”の原形は終戦後にはあったということです。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.