入門

いすゞ自動車(小型バス)

ボディ+シャーシ いすゞのマイクロバスは、1959年に登場した小型トラック「エルフ」をベースにした「エルフ・マイクロバス」から始まり、「ライトバス」を経て、1970年代に入ると「ジャーニー」という愛称を与えられています。
普通車から大型車までを生産するメーカーのメリットを生かし、サイズのバリエーションは豊富です。2t車ベースの「ジャーニーM」、3t車ベースの「ジャーニーL」、4t車ベースの「ジャーニーQ」など、末尾の記号で大きさを区別しています。
なお、「ジャーニー」には他に、エルフライトバスの発展型「ジャーニーS」(本稿では省略)、中型バスの「ジャーニーK」(中型バスの稿参照)、1998年に登場したエルフベースの「ジャーニーE」(本稿では省略)などもありました。
ここでは、大きくはサイズ順に、その中で製造時基準に掲載します。

表7-1 いすゞ小型バスの系譜

系譜

いすゞ エルフ・マイクロバス TL型 1959−1970 

いすゞの小型バスは、1959年に2tトラックのエルフをベースにした「エルフ・マイクロバス」から始まりました。「エルフ」は全長4.7m以内、全幅1.7m以内に収まる小型車限界内のサイズで、キャブオーバー型とすることで積載効率を上げたトラックです。これをベースにした「エルフ・マイクロバス」も乗車人員15人の小さいサイズです。エルフと同じ顔のまま生産が続けられました。1970年には「ジャーニーS」の愛称が与えられています。
ここでは、小型バスという分野を確立した初期のモデルについてのみ触れることにします。

表7-1-1 いすゞTL系
年式1959-19611961-19631963-19641964-19681968-1970
原動機型式
(出力)
DL200
(52PS)
GL150
(60PS)
DL201
(55PS)
GL150
(60PS→72PS)
DL201
(55PS)
GL150
(72PS)
C220
(62PS)
GL201
(85PS)
C221
(65PS)
G201
(88→93PS)
軸距2180mmTL121BTL221BTL321BTL221BTLD10BTLG10BTLD11BTLG11B
2460mmTL151BTL251BTL351BTL251BTLD20BTLG20BTLD21BTLG21BTLD22BTLG22B
備考ディーゼルエンジン(DL200搭載車)は1960年から
朱文字=ガソリンエンジン 

いすゞ ライトバス → ジャーニーM/L 1960−1993

2tトラック「エルフ」をベースにしながら、20人以上乗れるバスらしいボディを架装した「いすゞライトバス」が、1960年から登場します。全長5.4m、全幅1.9m、総排気量2,000ccという一回り大きいサイズになりました。1970年代に入ると「ジャーニーM」の名称が与えられました。
1973年からは同じスタイルのボディで3tトラックをベースにした「ジャーニーL」が加わり、いすゞの小型バスの主力車種となっています。

いすゞ BL型ライトバス 1960−1966
表7-1-2 いすゞBL系
年式1960-19611961-19631963-19641964-1966
原動機型式
(出力)
DL200
(52PS)
GL150
(60PS)
DL201
(55PS)
GL150
(60PS→72PS)
DL201
(55PS)
GL150
(72PS)
C220
(62PS)
GL201
(85PS)
軸距2700mmBL171BL271BL371BL271BLD10BLG10BLD11BLG11
備考朱文字=ガソリンエンジン 
いすゞ スーパーライトバス → ジャーニーM 1967−1972
表7-1-3 いすゞBLD/BLG
年式1967-19681968-19691969-1972
原動機型式
(出力)
C220
(62PS)
GL201
(85PS)
C221
(65PS)
G201
(88PS)
C240
(74PS)
G201
(93PS)
軸距3170mmBLD20BLG20BLD22BLG22BLD23BLG22
備考  
いすゞBL/BE ジャーニーM/L 1973-1993
1973年にいすゞマイクロバスはモデルチェンジが図られます。短尺の「ジャーニーM」と長尺の「ジャーニーL」が、同スタイルの兄弟車として販売されるようになりました。
「ジャーニーM」は、2tトラックの「エルフ250」と同クラス。「ジャーニーL」は、3tトラックの「エルフ350」と同クラスです。両者は出力も異なっていましたが、1983年以降長さのみの違いになります。
“マイクロバス”としては最も普及度の高いサイズで、競合車種も多くありますが、いすゞでは各1種類のエンジンでシンプルな展開となっています。

表7-1-4 いすゞBE/BL系
年式1973-19801980-19831983-19901990-1993
原動機型式
(出力)
C240
(74PS)
4BA1
(85PS)
4BB1
(100PS)
4BA1
(85PS)
4BC1
(95PS)
4BD1 
(110PS)
4BC2
(100PS)
4BD1
(110PS)
4BG1
(125PS)
軸距3080mmBLD24BLD30 K-BL34K-BL35 P-BL36 U-BL38DH
3785mm BE20D   K-BE22P-BL46P-BE22U-BE28DH
備考紫文字=直噴エンジン 


いすゞ ライトバス → ジャーニーQ 1968-1995

大型ディーゼルバスメーカーとして、いすゞでは比較的大きいサイズの小型バスもバリエーションに加えます。TY型トラックをベースに、全長7m級とし、車幅に余裕を持たせて居住性を高め、かつレンタカーとしても使用可能なサイズに収めた製品となりました。また当初から路線バスでの使用も想定しており、正面には方向幕が用意されています。
1977年に「ジャーニーQ」と名付けられ、1986年以降は前ドアに対応、立ち席可能な路線バス仕様を追加するなど、中型バスに肉薄した商品に育っています。なお、1986年以降の小型貸切バスをメインにした商品については、7mサイズ小型観光バスの項目で取り上げています。

表7-1-5 いすゞ ライトバス/ジャーニーQ
年式1968-19691970-19761976-19841984-19861986-19881989-19901990-1995
原動機型式
(出力)
D400
(102PS)
D500
(125→130PS)
6BB1
(145PS)
6BG1
(175PS)
6BG1
(175PS)
6BG1
(180PS)
6HE1
(195PS)
軸距3230mm    P-MR112DP-MR112DU-MR132D
3700mmBY30KBY31DBR370P-MR112F   
備考DBR370は1980年からK-DBR370
D500型原動機は1971年から130PS 


いすゞBY 1968-1976
いすゞDBR 1976-1984
いすゞMR112F 1984-1986
いすゞMR112D/MR132D 1986-1995   (重複掲載)
商品名の由来

・エルフ(ELF)・・・小さい妖精、いたずら者の意味。力があり小回りの効く、機動性の高さを表した。
・ジャーニー(journey)・・・旅。気の合う仲間と楽しい旅に。
いすゞ自動車公式Webサイトより)
(注1)
車史研(1987)「1960年代のバス」P.5に、1961年製のTL151/251型「ライトバス」として、目黒車体製の画像(カタログ用のイラストと思われる)が掲載されています。通常のTLベースの「エルフ・ライトバス」より大ぶりの車体(全長5,100mm、全幅1,935mm、全高2,325mm)です。
(注2)
村上龍雄(1996)「私の知っているバス達≪いすゞ自動車≫」P.25に、渡辺車体製のBL171の写真が掲載されています。
また、ポルト出版(2010)「西工の軌跡」P.55に、西工最初の小型バスとして1960年にいすゞ「エルフ・マイクロバス」のボディを試作・設計して渡辺自動車で完成させたとの記述があります。その後、川崎製と併売されたとのことです。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.