今月の1枚

想い出の1枚

鳥取県の日本交通は、かつては岩手県北バスや島原鉄道とも見間違うような窓下3本ラインのデザインでしたが、時代とともに細かい部分が変化し、いまではだいぶ洗練されたデザインになりました。
窓周りの赤はなくなり、窓下三本線も細くなって途中に英語の社名を入れ、地色の枠取りのあった裾の赤色はベタ塗に変わっています。地色のクリーム色も薄めの色合いに変わりました。
現在の岩手県北自動車のカラーと比べてみると、双方の変化が分かって面白いと思います。

撮影:米子駅(2016.5.28)

新着・おすすめ情報

1970年代奥の細道 北緯40度の風景

保存車の世界

入門

バスのカラーリング

奇跡の復活

200系を探せ!

1984-1988

東北新幹線盛岡開業、東北自動車道の延伸。

1980年代の岩手県は,劇的に変化していました。

バス事業も、長かった混迷の時代に終止符を

打つべく、高速バスの開業、定期観光バスの

運行、北東北の観光拠点化など、新たな活路を

見出し,活き活きと輝き始めていました。

このページのTOPへ

  • カウンター
2002年7月1日開設

Copyright 2002 - 2015 "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.