花巻観光バス

表紙の1枚

岩手山をバックに、産業文化センターへの立体交差を行くフルデッカー。
撮影:滝沢村産業文化センター(1985.8.22)

花巻観光バスは、花巻市に本社を持つ貸切専業会社です。
1969年に花巻バスの貸切部門分離により設立されました。1970年に花巻バスとともに岩手県北自動車の経営援助を受け、以来県北バスのグループとなっています。母体の花巻バスは、1976年に岩手県交通設立により消滅しています。
車両は1977年にハイデッカータイプを導入した頃より他社との差別化が明確となり、1979年からはヨーロッパ風の外観を持つ富士重工のフルデッカーを導入、以来屋根上にダミーのロケットをつけた派手な仕様の車両の増備に重点を置いています。
資本関係のある岩手県北バスとは車両面での共通点は希薄で、花巻観光バスとしては4メーカーから購入しています。

メニュー

ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”