貸切車

いすゞ

花巻観光バスでは、日野車と同様いすゞ車も以前は多く購入していましたが、その後は数が少なくなっています。

いすゞCRA580(1977年式)
岩22か925
岩22か925

撮影:宮野目営業所(1986.4.29)

岩22か924
岩22か924

撮影:宮野目営業所(1985.8.27)

いすゞの標準床車。この車両までは特に派手な装飾はありませんでした。もちろん登場時は旧カラーでした。当時カタログにも旧カラーの写真が載っており、私も旧カラー時代を見ていますので、1985年頃に塗り替えられたものと思われます。
新カラーへの塗り替えが遅かったせいか、下のハイデッカーⅠ型と比べると、窓周りが黒く塗られていたり、愛称の金文字が直接車体に書かれていたりと、違いが見出されます。
愛称はノーマル車につけられる「ヒーリアス」です。

いすゞCRA580(1978年式)
岩22か1111
岩22か1111

撮影:宮野目営業所(1985.8.27)

いすゞのハイデッカーⅠ型。花巻観光バスは、ハイデッカータイプの導入は県内でも早いほうです。
側面に「Deluxe」の切文字がついています。新カラー化やロケット取り付けは、後の改造だと思われます。
なお、花巻観光の新カラー車両は、正面に社名表示がなく、社紋の入った四角い板を取り付けています。

いすゞK-CSA650(1982年式)
岩22か1745
岩22か1745

撮影:宮野目営業所(1986.8.6)

岩22か1745
岩22か1745

撮影:宮野目営業所(1986.8.6)

富士重工のR3型フルデッカー。花巻観光では富士重工製のボディの大型車を多数導入しており、シャーシは4メーカーが揃っていますが、いすゞはこの1両だけです。
また、1982年の大型車は1両のみの増備でした。前年までのカーブドガラスの固定窓から、開閉式の窓へ変更しています。

いすゞBA10

花巻観光バスのショート路線タイプの廃車体です。方向幕は中身がなく、その横にスピーカーのようなものが見えます。
貸切の文字が書かれていますが、純然たる路線バスタイプであり、現役時代の用途が思い浮かびません。(注1)

廃車体
BA10

撮影:滝沢村巣子(1987.10.11)

(注1) とまります様(掲示板2015年12月29日)によると、花巻観光バスでスクールバスの三角マークを付けている姿を目撃しているとのことです。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”