羽後交通

表紙の1枚

ゴールデンウィークのある日、国道46号線を田沢湖へ向かう急行バス。路線タイプの車両から観光タイプの車両へと切り替わる過渡期の時期でした。
撮影:宗任橋(1986.5.5)

羽後交通は秋田県横手市に本社を置く会社で、角館、大曲、田沢湖など秋田県東部に路線を持っています。
岩手県には、田沢湖からの国道急行バスが盛岡まで乗入れてきています。並行する国鉄田沢湖線に特急「たざわ」が走るようになったため、利用者は減少傾向にありました。盛岡に乗り入れてくる車両は、前ドアの中距離タイプで、はじめのうちは路線タイプの車両でしたが、短期間で代替が図られ、1986年夏以降は貸切タイプの車両にレベルアップされました。
ボディカラーは東京の小田急バスとよく似ていますが、資本関係はありません。正面の塗分けや赤のトーンが小田急カラーとは異なります。

メニュー

ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”