入門

ダイハツ工業(小型バス)

ボディ+シャーシ ダイハツ工業は内燃機関の製造から始まり、三輪トラックをはじめとした小型トラックの製造で知られます。「ダイハツ」の語源は、大阪の発動機製造の略称です。
戦後も軽の三輪トラック「ミゼット」や小型4輪トラック「ベスタ」などを世に送り出します。小型トラックでは初めて後輪にダブルタイヤを採用しています。小型バスについては「ベスタ」をベースにした14人乗り程度からのスタートというところは、ほかのメーカーと同じ足取りです。しかし、1962年に、クラス初の25人乗りでリアエンジンの小型バスを発表するなど、先進的な展開を見せています。その後、1967年にトヨタと提携し、系列内での住み分けのためか1972年頃には小型バス市場からは撤退しています。
表7-2 ダイハツ小型バスの系譜

系譜

ダイハツ マイクロバス 1959 - 1962 ・ 1967 - 1972

ダイハツ工業の小型バスは、2tトラックの「ベスタ」をベースにしたセミキャブのマイクロバスが最初になるようです。黎明期のマイクロバスの例にもれず、ルートバンタイプの14人乗りサイズの車両でした。
そして他のメーカー同様に大きめのバスボディを持った「ライトバス」へと進化をするのですが、14人乗りサイズについても1967年頃から再びカタログに載るようになり、しばらくの間生産されます。

表7-2-1 ダイハツ・マイクロバス
年式19591959-19621967-19701970-1972
原動機型式
(出力)
GOB
(53PS)
FA
(68PS)
FA
(68PS→70PS)
FA
(70PS)
軸距2500mmSV151N
2700mmFPODV200N
2750mmSV16N
備考  


ダイハツ SV型ライトバス 1965 - 1972

ダイハツ工業では、1960年頃から大きめのサイズの「ライトバス」の生産を始めていましたが、小型バスの標準サイズにもなる22〜25人乗りクラスのSV型「ライトバス」が1965年から生産され、ダイハツの小型バスでは代表的車種となりました。
しかし、1967年にトヨタ自動車と業務提携が開始され、トヨタ「コースター」と市場が重複するため、ダイハツとしての小型バス生産は1972年頃に終了しています。

表7-2-2 ダイハツSV型ライトバス
年式1965-19691969-1972
原動機型式
(出力)
DE
(63PS)
FB
(85PS)
FD
(95PS)
DG
(80PS)
FB
(85PS)
軸距2750mmSV22NSV20NSV30NSV32N
3200mmSV27NSV25NSV35NSV37NSV25N
備考  


ダイハツ DV型ライトバス 1960 - 1969

ダイハツ工業では、1960年頃から大きめのサイズの「ライトバス」と呼ばれる車両の生産を始めます。ベース車は相変わらず2tトラックのDV型「ベスタ」になるようです。初期にはベース車に近いセミキャブ型で生産を始めますが、全長5.5m、全高2.4m、全幅2mクラスで、この時期の小型バスにしては大きな車体で、後輪ダブルタイヤという仕様でした。
これらは、独自の市場を形成する小型バスであったと思われますが、「SV型ライトバス」登場後、主軸はそちらに移り、こちらは1969年には生産終了しているようです。
特装車という形から始まったせいか、梁瀬自動車や尾張車体などで車体が架装されているようですが、詳細は不明です(注1)


表7-2-3 ダイハツDV型ライトバス
年式1960-19621962-19641965-1969
原動機型式
(出力)
FA
(68PS)
FB
(85PS)
FD
(95PS)
軸距3000mmDV201N
3200mmDV30N
3350mmDV200N
備考DV200N(WB3350mm)はセミキャブ。  


ダイハツ NR型ライトバス 1962 - 1963

ダイハツ工業では、1962年に、小型バスとしては当時最大クラスである25人乗りで、かつ前ドア設置を可能としたリアエンジンの「ライトバス」を発表します。外観も大型バスをそのまま小型化したようなスタイルで、小型バスの分野に新風を吹き込みました。
しかし、このクラスの市場が十分に熟成していなかったこともあり、製造は短期間で終了しているようです。


表7-2-4 ダイハツNR型ライトバス
年式19621963
原動機型式
(出力)
FB
(85PS)
FB
(85PS)
軸距2850mmNR250
3060mmNR251
備考  


その後のダイハツ小型バス

商品名の由来

・ベスタ(vesta)・・・「火の女神」。「発動機」の意味もあった。
・DV・・・「ダイハツ・ベスタ」の略。
(小関和夫「日本のトラック・バス」より)

ダイハツ工業の系譜
  • 1907(明治40)年 内燃機関の製造・販売のため発動機製造設立
  • 1930(昭和5)年 ダイハツ1号車(三輪自動車)発売
  • 1951(昭和26)年 ダイハツ工業と改称
  • 1967(昭和42)年 トヨタ自動車工業、トヨタ自動車販売と業務提携

(注1)
ポルト出版(2010)「西工の軌跡」P.55に、西日本車体では1962年にダイハツDV200N型ライトバスの試作を行ったとあります。それがどのような車両なのかは不明です。
(注2)
NR型については、「モーターファンVol.16-No.8」(1962年7月号)P.108-109によると、1962年発売分はWBが2850mmとなっています。正面窓、後面窓の縦寸法は小さく、正面窓上に方向幕窓があります。これがNR250であると推察しました。
また、ダイハツ工業(1967)「六十年史」によると、1963年発売分はNR251であり、WBは3060mmとなっています。
車史研(1987)「1960年代のバス」P.210には、今回掲載の写真と同形の写真と図面が掲載されています。そこでの図面では、WBは2,850mmになっています。
(注3) ダイハツ工業公式サイトによる。
(注4) 広瀬清一(2002)「私の知っているバス達」(金沢ボデーのアルバム)
(注5) 二玄社(1981)「世界のバス'81-'82」P.26, P.50
(注6) 九段書房(1985)「日本のバス1986」P.18

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.