入門

日野自動車(小型バス)

ボディ+シャーシ 日野自動車は、最初期のコンマースを除くと、大型ディーゼル車メーカーとして比較的大型の29人乗り小型バスに絞って生産をしています。1966年に帝国ボディで早くもスケルトン構造のボディを架装したり、1985年にはクラス初のリアエンジンを発表するなど、時代を先取りした取り組みも見られます。
基本的には、系列のトヨタが乗用車寄りのマイクロバスを、日野がバス寄りのマイクロバスを製造するという役割分担がされているようです。
1968年に「レインボー」の愛称がつき、1990年代まで小型バスの商品名として使われました。1981年からは中型バスにも「レインボー」の名前がつき、最終的には小型バスが「リエッセ」に移行する中で、「レインボー」の名前は中型バスの名前に変わっています。
表7-5 日野小型バスの系譜

系譜

日野コンマース 1960 - 1963

表7-5-1 日野コンマース
年式1960-19611962-1963
原動機型式
(出力)
GP10A
(28PS)
GP20
(35PS)
軸距2100mmPB10BPB11B
備考  


日野 レインボー 1966−1985

表7-5-2 日野BM/AM系
年式1966-19761976-19801980-19831983-1985
原動機型式
(出力)
DM100
(100PS)
EC100
(130PS)
EH100
(145PS)
W06C
(145PS)
軸距3800mm AM100K-AM101P-AC140AA
3805mmBM320   
備考  


日野ライトバス → レインボー(初代)BM 1966−1976
1966年に輸出用小型バスBM300の国内版として登場したのがBM320で、小型バス限界ギリギリの大きさで、貸切バスや路線バスにも対応しています。
丸みの大きいセミモノコックボディの金産車体製K型ライトバスと、スケルトンボディを採用した帝国車体製T型ライトバスの2種類があります。
1968年に「レインボー」の名前がついたようです。
日野レインボー(2代目)AM 1976−1985

日野RB/AB レインボー 1985-1995

表7-5-3 日野RB/AB
年式1985-19901990-19921992-1995
原動機型式
(出力)
W04D
(115PS)
W04C-T
(140PS)
W04D
(120PS)
W04C-T
(140PS)
W04D
(120PS)
W04C-T
(140PS)
W04C-T1
(165PS)
軸距3330mm
(前ドア)
     U-RB1WEAAU-RB1WEAA
3780mm
(リアエンジン)
P-RB115AAP-RB145AAU-RB2WGAAU-RB1WGAAU-RB2WGAA  
3780mm
(フロントエンジン)
P-AB115AA U-AB2WGAA U-AB2WGAA  
備考   


商品名の由来

・コンマース(commerce)・・・商業、通商、貿易。
・レインボー(rainbow)・・・虹。
(以上は直訳)

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.