HALF AND HALF JOURNAL

 
テキスト ボックス:
 

 

 

 


故障

―水が洩れる

母がボイラーの故障に苛立った。銅管から水が滴り落ちていた。

 

 

 

縁起

赤いハートと影のように全身が黒いミッキー・マウスのボックス。

誰からもらったか、母に聞いた。

―母さんが買ってきた。

縁起が悪いはずだが?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                         

 


言葉の樹

 
       

テキスト ボックス:
 

 

 

 

 


Updated 2019.10.7

 

 

 

 

 

                                                                           

テキスト ボックス: 言葉の樹 ♡♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ ♡ 

Série       Series       List

 
 

 

 


★赤い羽根のアイディア★

街で赤い羽根の共同募金活動をする婦人たちを見た。赤い羽根を胸や襟につける姿が目立った。ニワトリの羽根を赤く染めて寄付済みの印にしたのはグッド・アイディアだと感心する。なぜか分からない。 

歴史を調べると、共同募金は1947年にはじまった。GHQの指示で、という説があるが、そのときアメリカの社会福祉の募金活動(United Way)が使用していた水鳥の赤い羽根マークをまねることにした。日本では赤い羽根には違和感があったようだ。しかし、当時の社会事業共同募金中央委員会(現在の中央共同募金会)の総裁高松宮宣仁が熱心にそのアクセサリーを勧めたので、採用が決まった。皇族にとって鳥の羽は魔力のある煙のメタフォールなので、幸運のメッセージになる。実際、赤い羽根は国民の博愛精神を引きつけた。普通の人たちには赤い色は暖かい色で、鳥の羽根は軽く柔らかい希望のイメージである。これは高松宮の芸術的な才能が感じ取ったことだ。赤い羽根に気むずかしい思想はない。

 

List3 高松宮日記メモ;  〈リンゴの唄〉の秘密

   〈リンゴの唄の秘密〉をめぐる対話

        〈文化という美名に隠れて〉に関する会話

List3 高松宮日記メモ; 高松宮は国民主権に反対した

 

 

 

THE ASSASSINATION

AT TOKYO STATION

 

東京駅暗殺事件

-----------------------------------------------------

       1 これも偶然の一致を装った計画ではないか

       2 本当はすれ違いのドラマだったのか

       3   昭和のテロ・シアター

       4  プリンセスの人格否定

       5 シーアンの回想は1919年から1929年まで

       6 国際的な事件が起こるたびにそれらを映画に

       7 この映画には中国で暴れていた枢軸国の日本

★ 8 キャロルを演じたのがラレイン・デイ

★ 9 哲学は考え方について考える

10 死んだ44日という日付

11 イニシャルを見れば、完全なミラー・イメージ

12 大正8年に貴族院書記官長柳田国男に何が

13  前田会長が〈天皇〉と呼ばれたのは

14 三種の神器の鏡が電気仕掛けになって登場

15 このミラー・イメージに何かメッセージが

16 宮中某重大事件でショッキングなのは

17 有栖川宮は民主主義の国を作ろうと考えて

18 皇太子の婚約問題とヨーロッパ旅行

19 《遠野物語》の舞台は原の故郷盛岡の近く

20  宣伝放送の名人ですね

21   博愛社は西南戦争のとき

22   関口隆吉は興味深い位置にいる人だ

23 ロシアと日本の〈美しい過去〉

24 ミラー・イメージの洋館が鎌倉と盛岡に

25 不平等条約改正案と朝鮮国王妃暗殺

26 犯罪映画的な外交の影響

 
 
 

 

 

 

 


                                

テキスト ボックス:
テキスト ボックス:
 

 

AROMA

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Memory of V stairs

V字型の階段の記憶

-----------------------------------------------------

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


   

 

テキスト ボックス: >>>  アトリエだより  <<<


                                     

                                 

 

 

 

テキスト ボックス:

 
 

 

 

 

 

 

 

 


HHJ発行人 長谷川喜作

                 

 

 

 

Atelier Half and Half

         前庭         

[1986]

 

 

 

 

この顔で冗談が好き。活動は世界情勢のように混沌としている。

好きなニックネームは〈花王石鹸〉ということにしておくかな???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ―歴史が好きな人はこちらに回ってください。

 

テキスト ボックス:   

 
 

 

 

 

 

 

 


楕円: 編集室テキスト ボックス:          

 

           

       二ツ井の親類からきみまち名産のジャガイモをもらった。

 

       ウェッブログも忘れないように。

     CAT WILLOW    ジャニー

   

  HHJはインターネットに記事と映像作品を載せています。

 

 アトリエ ハーフ・アンド・ハーフ16周年記念のDVD MOVIE 《星空》 

を熱望する人にプレゼントします。

 

       問い合わせやご意見、投稿その他は

下記の宛先かウェッブログにお願いします。

 

odatebridge@gmail.com

 

 

合言葉 : キサクにおまかせ

 

☞ HPを読んだら、あいさつしよう

 

 

 

 

 

 

HHJ : On édite toujour.

 

Pour la nouvelle crèation et la connaissance fraîche 

(新しい創造と新鮮な認識のために)

 

EDITION --- Atelier  Half and Half    

Sakaecho 78 Odate  Tél  0186 (42) 0879

 

REDACTEUR EN CHEF ---Kissaku Hassegawa

 

 

テキスト ボックス:
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Atelier Half and Half