入門

三菱自動車

シャーシ 三菱自動車は戦前にバスのディーゼル化の先鞭を切ったバスメーカーで、戦後も大型のディーゼルバス生産に主軸を置いていたことから、路線バスでは都市型の大型車の印象が強く、また観光バスにも強いメーカーと言われます。
「ふそう」という愛称が知られますが、これは戦前に鉄道省に納入した大型バスにつけられた車名で、いつしか三菱の大型車全般を指す愛称となりました。
長らく三菱重工業(株)の自動車部門でしたが、1970年に独立して三菱自動車工業となり、2003年に大型車は三菱ふそうトラック・バスとして独立しています。
表4-4 三菱大型バスの系譜

系譜

三菱R1, R2, R200

表4-4-1 三菱R1, R2, R200
年式1950-19511951-19521952-195419551955-1958
原動機型式
(出力)
DB0
(100PS)
DB5
(130PS)
DB7
(130PS)
DB7
(130PS)
DB7
(130PS)
軸距4500mm  R23
R24
R23
R24
WR23
 
4570mm    R280
R285
5220mmR1R11
R12
   
5370mm  R21
R22
R21
R22
WR21
 
5440mm    R270
R275
備考 緑文字=中ドア専用シャーシ、下線=フレーム付

三菱R300系

表4-4-2 三菱R300系
年式1958-591960
原動機型式
(出力)
DB31A
(155PS)
DB31A
(165PS)
軸距4570mmR380
WR380
R380
MR380
5080mmWR390MR390
5440mmR370
WR370
R370
MR370
備考 下線=フレーム付

三菱MR400系 1960−1978          詳細説明へ

表4-4-3 三菱MR400系
年式19591960-19631964-19671967-19731973-1978
原動機型式
(出力)
DB31A
(155PS)
DB31A
(165PS)
6DB1
(165PS)
6DB1
(165PS)
6DB1
(165PS)
軸距4530mmAR480MR480/MAR480
R480/AR480
MR480/MAR480
R480/AR480
  
4900mm   MR410/MAR410MR410/MAR410
5000mm MR490/MAR490MR490/MAR490  
5400mmAR470MR470/MAR470
R470/AR470
MR470/MAR470
R470/AR470
MR470/MAR470MR470/MAR470
5650mm  MR420/MAR420MR420/MAR420(〜1971年) 
5700mm   MR450/MAR450(1971年〜)MR450/MAR450
6270mm MR440/MAR440   
備考MR=リーフサス、MAR=エアサス
下線=フレーム付


三菱B8系 1967−1978          詳細説明へ

表4-4-4 三菱B8系
年式1967-19711971-1978
原動機型式
(出力)
6DC2
(200PS)
8DC2
(230PS)
6DC2
(200PS)
8DC2
(230PS)
軸距4900mmB800J/B805J B800J/B805J 
5200mmB800K/B805KB806K(1968年〜)B800K/B805KB806K
5400mmB800L/B805LB806L(1968年〜)B800L/B805LB806L
5650mmB800M/B805M   
5700mm B806N(1968年〜)B800N/B805NB806N
備考B800=リーフサス、B805,B806=エアサス
B820Jは本表からは省略


三菱MP 1976−          詳細説明へ

表4-4-5 三菱MP
年式1976-19801980-19841984-1990
原動機型式
(出力)
6D21
(205PS)
6D20
(215PS)
6D21
(205PS)
6D22
(225PS)
6D22
(225PS)
軸距4800mmMP107KMP117K/MP517KK-MP107KK-MP118K/MP518KP-MP218K/MP618K
5300mmMP107MMP117M/MP517MK-MP107MK-MP118M/MP518MP-MP218M/MP618M
5800mm    P-MP218N/MP518N
5850mmMP107NMP117N/MP517NK-MP107NK-MP118N/MP518N 
6000mm    P-MP218P/MP618P
備考MP1・2=リーフサス、MP5・6=エアサス
MP107=1978年から
MP118/518は1984年にP-となった。


三菱の型式の付け方
1950〜60年代

例:MR480
 戦後の三菱ふそうのボンネットバスはBという型式ですが、他のメーカーの例に漏れず、バス(Bus)の頭文字をとったものと思われます。トラックの場合はTになります。
 リアエンジンバスはRという型式になります。リアエンジン(Rear engine)の頭文字だと思われます。その後、フレームレス・モノコックになると、モノコック(Monocoque)の頭文字Mがつきます(例:MR)。また、エアサス(Air suspension)のAがつくとMARのようになります。
 数字部分は、一桁→二桁→三桁と進化し、B1B2と進化した後、B25など二桁になり、その後B200B300と三桁になるなど、最初の桁は順次数字が上がります。これはリアエンジンバスのRも同じ進化を辿っています。
 また、数字部分の二桁目は長さの違いを表しますが、数字の大小と長さの大小とは無関係です。二桁時代だと、B23<B25<B24、三桁時代だとMR480<MR490<MR410<MR470<MR420<MR450という感じです。

B8など

例:B805M
 1967年に製造が始まったB800からは、新たな型式の付け方になりますが、これまでの型式との関連性も見られます。観光バスのB900と中型バスのB620も同じ仲間だと思われます。ここで用いられているBの意味は分かりませんが、ボンネットバスのB300系列の生産が1960年代まで続いており、またトラックは引き続きTが使われていることから、やはりバス(Bus)の頭文字だと想像できます。
 数字部分は、MRが中型バスに600番台、高出力バスに800番台を用いており、大きな意味でこれを引き継いだと見ることができます。ただし、数字には長さを区別する要素は含んでいません。また、1の位で出力の違いを表すようですが、B800では同時にエアサスとリーフサスの区別もしています。
末尾の記号で長さを表します。B,E,J,K,L,M,N,R,Sなどがあります。例えばB800NB905Nの長さは同じです。

MS,MP世代

例:MP218M
 1974年に中型バスのMK、1976年の観光バスにMSと路線バスのMPが登場します。Mの意味はよく分かりません。前モデルと同じであれば、フレームレス・モノコックのMonocoqueの頭文字だと想像できます。この時期のトラックはFを使っており、こちらはフレーム付(Frame)の頭文字であるとの仮説が成り立ちます。
 数字は三桁で、100の位は1がリーフサス、5がエアサスで、その後バージョンアップに伴い数字が上がるようです。(MP517→MP618→MP747)
 10の位は1を基本に、特殊なエンジンの0、前輪独立懸架の2などの区別に用いられるようです。
 1の位は、各系列内での相対的な出力の違いを表すようです。必ずしも数字の大小と出力の大小は一致しません。
 末尾の記号で長さを表します。F,H,J,K,M,N,P,Q,R,Sなどがあります。


三菱自動車の系譜
  • 1932(昭和7)年 旧三菱造船でB46型ガソリンエンジンバス完成。「ふそう」と命名
  • 1934(昭和9)年 三菱造船は三菱重工業に改称
  • 1950(昭和25)年 三菱重工業は3社に分割。東日本重工業、中日本重工業、西日本重工業となる。バスシャーシは東日本重工業
  • 1952(昭和27)年 東日本重工業→三菱日本重工業、中日本重工業→新三菱重工業、西日本重工業→三菱造船と、それぞれ改称
  • 1964(昭和39)年 三菱日本重工業、新三菱重工業、三菱造船が合併し、三菱重工業となる
  • 1970(昭和45)年 米クライスラー社と合弁事業に関する基本契約締結。三菱自動車工業設立。
  • 1993(平成5)年 クライスラーとの資本提携解消
  • 1999(平成11)年 スウェーデンのABボルボ社とトラック・バス事業における資本・業務提携を締結
  • 2001(平成13)年 トラック・バス事業における提携パートナーを、ダイムラー・クライスラー社に変更
  • 2003(平成15)年 三菱ふそうトラック・バス設立

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.