最後の手紙

烏兎の庭 - jardin dans le coeur

第五部

大江戸線 飯田橋駅

6/16/2016/THU

21世紀日本の格差、橘木俊詔、岩波書店、2016

昨年の「ピケティ狂騒」以後を冷静におさらいした研究。橘木俊詔の本を読むのは、三冊目

書かれていることはどれももっともなので、取り立てて異論はない。

本書の主張を一言で言えば、「格差の問題は貧困の問題」ということ。本書は経済に議論を絞っているが、政治の面で見れば、貧困の問題を解決しなければ、富裕層への憎悪が高まり、治安が悪化する。教育が幅広く行き届かなければ、地域や国家、さらには世界全体で生産性は低下し、技術革新も遅れる。

老後破産に介護殺人や孤独死、宗教対立を装っているテロも、底辺には貧困問題がある。

虐げられた人たちの怒りと憎しみが飽和しそうなときに、扇動が巧みな指導者が登場すると、負の感情は暴走し「革命」が起きる。

Tracy Champmanが“Talkin' About the Revolution”を歌い、貧困の問題をポップ・ミュージックの世界で警鐘を鳴らしたときから30以上立つ。事態は改善されるどころか、悪化している。「革命」は、まだ現実には起きていないけれど、もっと非道で、無秩序なテロリズムが頻発しはじめている。


そういうことを、なぜ、富裕層は危険に感じないのか、それがわからない。自分たちの住宅地を塀で囲めば済むと思っているのだろうか

貧困を無くすことは、中長期的には富裕層にとってもプラスになっても、マイナスになることはないはずなのに。

If a free society cannot help the many who are poor, it cannot save the few who are rich.

ケネディ大統領の就任演説の一節は、今でこそ、脚光をあびるべきと思う。


富裕層に危機を気づかせるにはどうしたらいいのか。私には妙案はない。本書でも指摘されているように、富裕層は自分は努力をして富を得たと思い込んでいて、努力しなかった人が貧困に堕落したと勘違いし、さらには貧しい人たちを努力しない怠け者と見下している

最近、ある新聞記事を読んで驚いた。家庭で勉強をしない富裕層の子の方が、家庭で勉強をする貧困層の子より、良い成績をとるという。目に見えない文化資本——テレビでニュースをみるとか、食卓で政治が話題になるとか——そういうことの違いが目に見える違いにまで拡大している。この事態は異常としか言いようがない。政策としても文芸や映画、音楽を通じた文化の主題としても、抜本的な対策が求められている。


蛇足の追記。

ずっと前から、本書の著者である経済学者、橘木俊詔と橘玲を混同していた。名前が似ている上に、橘が、作家と名乗っていても、社会経済の問題にも積極的に発言しているからで、二人のアプローチはまったく違うけれど、言わんとするところに大きな相違はないように見える。