活き活き東京湾研究会 2003.1-2016.5.10改訂
アイコン東京湾の現状
水量など湾の概要、流域人口、開発、水質の推移、下水処理、生態、プランクトン、 流域の概要、魚介類、生態など
アイコン東京湾を活き活きさせることの提案
現在実施中また計画中の方策に加えて、経済的・物理的に実施が難しくないと思われる新たな提案をしています。

排出負荷の季節変動が国交省、環境省の委員会報告、審議会答申に盛り込まれました。2013.5  
しかし水産資源管理の方は進展が分かりません。
平成15年度研究 
 地田修一 渚の保全造成  
 亀田泰武 深層海水利用検討
 
平成16年度研究 
 亀田泰武 東京湾のアサリ 
 海に土砂の供給を(排砂事業の勧め)
平成17年度研究
 水辺を確保した臨海高層住宅開発の提案   06/1
 海浜公園のなかにも浜辺を  06/7
観察
 底引き網漁船乗船記 160127  大野幸正 横浜八景島近くの柴漁港  
 盤州干潟(木更津海岸)の観察 150519 大野幸正 
 盤州干潟(木更津海岸)の観察 140516 大野幸正  
 盤州干潟(木更津海岸)の観察 130723 大野幸正
 盤州干潟(木更津海岸)の観察 120704 大野幸正     
 多摩川河口干潟の観察 
110506 大野幸正
 盤洲干潟(金田海岸)の観察 
110503 大野幸正 相変わらず元気がありません。
 底引き網漁船乗船記 101024  大野幸正 横浜八景島近くの柴漁港
 盤洲干潟(久津間海岸)の観察 100515 大野幸正
 盤州干潟(金田海岸)の観察 090523 大野幸正他
 多摩川河口干潟の観察 090429 大野幸正他

28年度干潟見学会 16/05/08 
new    アサリの芸術3 2016/05
27年度干潟見学会 15/05/19        アサリの芸術2 2015/05 
26年度干潟見学会 14/05/16        アサリの芸術1 2014/05   
25年度干潟見学会
 13/07/23 
24年度干潟見学会
 12/07/04 
23年度干潟見学会
 11/08/03
21年度干潟見学会
 09/07/25
20年度干潟見学会 08/08/02
18年度干潟見学会 06/08/12
17年度干潟見学会 05/08/21
16年度干潟見学会 04/08/01

アイコン水環境の問題点
生き物の元気がないようなのが心配です
    

アイコン研究会とは

水質の保全が非常に難しい閉鎖性水域なのに世界一ともいえる巨大な都市圏が成長し、沿岸には工場、港がびっしり貼り付いています。
もはや昔には戻りません。人知を尽くして最善の環境保全を図っていくことが求められています。

活き活き東京湾研究会
 東京湾アサリ再生のため干潟底質の改善を PDF
16回東京湾シンポジウムでポスター発表しました。
                 2015.10,23
アサリ幼生が干潟に着底した後、流されて落ち着けないために生息数が少なくなることから、礫などを所々に敷いて、流されない程度までの落ち着き場所をつくろうという提案です。