岩手県交通

BA30,BU10P

解体業者の敷地内に置かれたままの廃車体。最近廃車になったばかりの車両で、現役時代に乗車もしている中央バスカラーのBA30や前ドア車のBU10Pが晴天の岩手山を背景に悲しい姿を晒していました。
撮影:滝沢村(1986.3.)

広大な岩手県内には、バスの廃車体がいたるところにありました。特に広いエリアで営業していた岩手県南バス出身車の廃車体は、相当数ありました。
廃車体はもちろんナンバーを外されていますので、車両ではなく単なる物体です。しかし、それらはいずれも数年前まで現役で活躍していた車両であるため、過去にどのような車両があったかを知るには格好の手掛かりです。
ここでは、そういった廃車体を集めることで、過去の岩手県交通の車両の一端を省みることにします。


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.