入門

いすゞ自動車

シャーシ いすゞ自動車の語源は三重県の伊勢神宮の境内に流れる五十鈴川に起因します。いすゞの車名が初めて登場したのは1934(昭和9)年で、商工省主導で国産自動車の標準形式として作られた車両に命名されました。いすゞの生産は1941(昭和16)年にジーゼル自動車工業に集中され、終戦後の1949(昭和24)年にいすゞ自動車となり現在に至ります。
戦後いち早くディーゼルエンジンの開発に取り組んだいすゞ自動車は、1950年にはリアエンジンバスの発売を開始し、以後多くのユーザーに支持されるバス製造を続けています。BC,BXなどから、ベストセラーとなったBA,BUへと発展し、特に路線バスでは定評があります。
ボディの組み合わせは、川崎、富士重工から帝国、北村など数多くありますが、系列化が進むにつれて川崎との組み合わせが多くなり、最終的には川崎を傘下に置いています。
表4-1 いすゞ大型バスの系譜

系譜

いすゞBC 1950 - 1963

表4-1-1 いすゞBC
年式1950-19511952-19541955-19591959-19601961-1963
原動機型式
(出力)
DA80
(117PS)
DA80
(120PS)
DH10
(150PS)
DH100
(180PS)
(230PS)
DH100
(190PS)
(230PS)
軸距4800mm   BC141(P)BC141(P)
4850mm BC11A   
5100mm BC12A   
5300mmBC10    
5335mm   BC151(P)BC151(P)
5350mm  BC20  
5600mm    BC161(P)
備考 青文字=ターボ,緑文字=中ドア専用シャーシ
末尾Pはエアサス仕様。
BC141(P)は1960年〜

いすゞBX 1951 - 1955

表4-1-2 いすゞBX
年式1951-19541954-1955
原動機型式
(出力)
DG32
(90PS)
DA45
(90PS)
DG32
(90PS)
DA48
(100PS)
軸距4150mmBX81X
(1952〜)
BX91XBX81XBX91X/V/N
4600mm  BX87BX97
5020mmBX85X
(1952〜)
BX95XBX85XBX95X/V/N
備考末尾記号X=川崎車体、V=帝国自工、N=西日本車体(1955年)
オレンジ文字=ガソリンエンジン、緑文字=中ドア専用シャーシ、下線=フレーム付

いすゞBA系 1956−1978          詳細説明へ

表4-1-3 いすゞBA系
年式1956-195919601961-19651966-19721973-1978
原動機型式
(出力)
DA110
(105PS)
DA120
(118→120PS)
DA120
(125PS)
DA120T
(160PS)
DA640
(130PS)
DA640T
(170PS)
DA640
(130PS)
DA640
(135PS)
軸距3900mm      BA01N
BA05N
BA05N
4200mmBA141BA341
BB341
BA541
BB541
 
BB741
   
4300mm BA343
(1958〜)
BA543 BA741
BA743
BR10
(1963〜)
BA10(N)
BA20(N)
BS10(1964〜)
BA20(N)
4800mm   BR151 BR351
→BR20
BA30BA30
5000mmBA151BA351
BB351
BA551
BB551
 
BB751
 
BS20(1964〜)
 
備考1959年までは末尾にボディメーカーを示す記号あり:
A=川崎、B=帝国、C=西工、D=富士
緑文字=中ドア専用シャーシ
下線=フレーム付
エアサス(1958〜)は末尾にP
末尾記号Nはナロー車
BR351からBR20の変更は1962年
BA10N/20Nは1965年から
1966〜72年ターボ付(170PS)の選択可


いすゞBU 1963−1980          詳細説明へ

表4-1-4 いすゞBU
年式1963-19651965-19661967-19701971-19721973-1980
原動機型式
(出力)
DH100H
(190PS)
DH100H
(190PS)
D920H
(175PS)
DH100H
(190PS)
E110H
(215PS)
D920H
(175PS)
DH100H
(195PS)
E120H
(250PS)
D920H
(175PS)
DH100H
(195PS)
E120H
(260PS)
軸距4700mm        BU04DBU04BU04K
4800mm BU05BU05DBU05BU05EBU05DBU05BU05K   
5000mmBU10BU10BU10DBU10BU10EBU10DBU10BU10KBU10DBU10BU10K
5200mm BU15BU15DBU15BU15EBU15DBU15BU15KBU15DBU15BU15K
5500mmBU20BU20BU20DBU20BU20EBU20DBU20BU20KBU20DBU20BU20K
5600mmBU30PBU30P         
6000mm        BU35DBU35BU35K
備考紫文字=直噴エンジン
エアサスは末尾にP
1963-1966のBU20/30Pはターボ付(230PS)


いすゞC系 1980−1984

表4-1-5 いすゞC系
年式1980-1984
原動機型式
(出力)
DH100H
(195PS)
6QA2
(220PS)
E120H(1980〜82年)
(260PS)
6RB2(1982〜84年)
(275PS)
軸距4700mmCLM470/CLA470CJM470/CJA470CPM470/CPA470CQM470/CQA470
5000mmCLM500/CLA500CJM500/CJA500CPM500/CPA500CQM500/CQA500
5200mmCLM520/CLA520CJM520/CJA520CPM520/CPA520CQM520/CQA520
5500mmCLM550/CLA550CJM550/CJA550CPM550/CPA550CQM550/CQA550
6000mmCLM600/CLA600CJM600/CJA600CPM600/CPA600CQM600/CQA600
備考記号の末尾M=リーフサス、記号の末尾A=エアサス


いすゞLV キュービック 1984−2000

表4-1-6 いすゞLV
年式1984-19901991-1995
原動機型式
(出力)
6QA2
(220PS)
6RB2
(275PS)
6QB2
(230PS)
6RB2
(275PS)
軸距4650mmP-LV314K/LV214KP-LV318K/LV218KU-LV324K/LV224KU-LV318K/LV218K
5000mmP-LV314L/LV214LP-LV318L/LV218LU-LV324L/LV224LU-LV318L/LV218L
5200mmP-LV314M/LV214MP-LV318M/LV218MU-LV324M/LV224MU-LV318M/LV218M
5500mmP-LV314N/LV214NP-LV318N/LV218NU-LV324N/LV224NU-LV318N/LV218N
6000mmP-LV314Q/LV214QP-LV318Q/LV218QU-LV324Q/LV224QU-LV318Q/LV218Q
備考数字300番台=リーフサス、200番台=エアサス


いすゞの型式の付け方
BXからBUまで

例:BA741P
 終戦後から1970年代にかけてのいすゞの型式には、Bで始まるものが多く見られますが、これらはバス(Bus)の頭文字をとったものと思われます。BXと並行してTXというトラックが生産されていたことからも明白です。
 その後のいすゞのバスは、BA,BB,BC,BE,BF,BH,BK,BL,BR,BUとBを頭文字に使ったものが続きます。2文字目の意味は不明ですが、BUのUはアンダーフロアーエンジン(Under floor engine)の頭文字だと想像できます。
 数字部分は、2桁→3桁→2桁と変わり、3桁時代は、100の位がバージョンを示し(マイナーチェンジごとに1→3→5→7と変化)、10の位が長さを示し(ホイールベースのメートル部分に近い数字ですが、詳細は不明)ているようです。1の位は1をつけるのが基本ですが、同じホイールベースで中ドア専用などのバリエーションが増えると、3がついたりしています(例:BA743)。
 BU登場後に再び2桁数字になりますが、これは各系列の中での相対的な長さを表していたようです。(BA30BU30Pは各系列の中での長尺車であって、同じ長さではない)
 その他の記号としては、末尾にボディメーカーを示す記号(BXではX,V,N、BAではA,B,C,D)がついた時期があるほか、エアサスがP(pneumaticの頭文字注1)、ナロー車がN(narrow)、直噴エンジンがD(direct)という具合に識別記号があります。

CRAからCQMまで

例:CJM470
 1975年のCRA以降、3文字の記号と3桁の数字による型式となります。
 1文字目は、ほとんどがCですが、小型バスにD、大型9mにEがあります。意味は不明です。2文字目はエンジンを示す記号で、出力の小さい順になっているようです。中型のCCMと大型9mのECMはエンジンが同じなので、この部分の記号は同じです。3文字目は、リーフサスだとM、エアサスだとAになるようです。
 数字部分は長さを表し、ホイールベースをcm単位にした数字です。

LV

例:LV318M
 1984年からLVなど、2文字の記号と3桁の数字と1文字の記号を基本にした型式となります。
 2文字の記号にはLV,LT,LR,MRなどがありますが、意味があるのかどうかは分かりません。
 数字は、100の位は3がリーフサス、2がエアサスを示しますが、小型バスの1と前輪独立懸架の7などもあり、一定のルールは分かりません。10の位はバージョンを示すようで、路線バスLVなどでは1→2→3と進んでいますが、すべてには当てはまりません。1の位はエンジン出力を表すようですが、これもルールは分かりません。
 末尾の記号は長さを表し、D,F,J,K,L,M,N,Q,R,Sなどが相対的な長さを表します。


いすゞ自動車の系譜
  • 1929(昭和4)年 東京石川島造船所が、石川島自動車製作所を設立
  • 1933(昭和8)年 石川島自動車製作所は、ダット自動車製造と合併し、自動車工業と改称
  • 1934(昭和9)年 商工省標準型式自動車を「いすゞ」と命名
  • 1937(昭和12)年 東京自動車工業設立(いすゞ自動車の前身)
  • 1941(昭和16)年 東京自動車工業、称号をヂーゼル自動車工業と改称
  • 1942(昭和17)年 日野製造所を分離、日野重工業(現在の日野自動車)設立
  • 1949(昭和24)年 称号をいすゞ自動車に変更
  • 1971(昭和46)年 米国ゼネラルモータース(GM)と資本提携
  • 2006(平成18)年 米GM、いすゞ株をすべて売却、資本関係解消

私の知っているバス達
いすゞ自動車について詳しい本
いすゞ自動車について詳しく記載した書籍をご紹介します。
ポルト出版(1996)「私の知っているバス達≪いすゞ自動車≫」で、「バスラマ」No.30〜36に連載された記事をまとめたもので、いすゞ自動車の設計部門で実務を担当された村上龍雄氏の著作になります。
BXボンネットバスからBUリアエンジンバスまで設計に関する経験談などが豊富に語られています。最後に珍しい宣伝自動車の写真なども盛り込まれています。
(注1)
日本バス友の会(1992)「高速バスのすべて」P.79の記載を参考。pneumaticは形容詞で、「空気入りの」というような意味があります。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.