入門

9mサイズ大型観光バス

ボディ+シャーシ 9mサイズの大型バスは、路線バスや自家用バスを中心に古くから存在していましたが、1980年代に登場した貸切バス専用の9m車は、別の意味を持って誕生しました。
それまでの大口団体主体の貸切バス輸送から小口団体主体に移行する中で、中型バスサイズの貸切バスの需要が増加しますが、デラックス化や大型化が進んだ大型観光バスに比べて、中型バスは見た目も小さく、商品価値が低いと見なされたようです。また、カラオケやテレビをはじめとした重装備化にも中型バスでは限界がありました。そこで大型バスと同じ姿で全長を詰めた9m車が登場したのです。
いすゞと日野が1980年代中盤に相次いで市場に参入しています。続いて日産ディーゼルが「スペースアロー」RPを1991年に新設、また三菱が中型バスベースだったMMを1993年に大型バス「ニューエアロバス」ベースにモデルチェンジしています。

いすゞ LV217 1984- 

表5-14-1 いすゞ LV217
年式1984-19871987-19901990-1995
原動機型式
(出力)
8PC1-N
(240PS)
8PC1-S
(260PS)
8PD1
(275PS)
軸距4200mmP-LV217HP-LV217HU-LV270H
備考 


日野 ブルーリボンRU19 1986−

表5-14-2 日野ブルーリボンRU19
年式1986-1990
原動機型式
(出力)
H06C
(205PS)
軸距4190mmP-RU192AB
備考  


日産ディーゼル スペースアローRP(重複掲載) 1991 - 

三菱 エアロミディMM (参考掲載)(重複掲載) 

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.