入門その頃のバス

三菱自動車(9m車)

シャーシ 三菱の9mサイズの大型車は、大型リアエンジンバスのMRの一員として1964年に登場したMR510から始まります。その後、中型車のエンジンでボディサイズを拡大したMMが登場し、自家用バス、貸切バスを含めた一定のシェアを確立しています。MMは長い間、外観的にも中型車と同じスタイルでしたが、1988年から路線タイプが大型車と同じスタイルに、1993年から観光タイプが大型車と同じスタイルに変化しています。

三菱MR500系 1964−1974

表4-14-1 三菱MR500系
年式1964-19671967-1974
原動機型式
(出力)
6DB1
(165PS)
6DB1
(165PS)
軸距4250mmMR510 
4370mm MR520
備考 
小田急バス 三菱MR510(1964年式)
MR510

撮影:吉祥寺駅(1977)

1964年に三菱の大型リアエンジンバスMRのショートサイズとして登場したのがMR510で、全長9,150mm、ホイールベース4,250mmとなっています。
この時期のボディは、三菱車体は後面傾斜窓にモデルチェンジしたタイプ、呉羽車体は後面丸型のまま連続窓としたタイプです。
なお、一部にフロントオーバーハングを短縮した中ドア専用車もあったそうです。

福島交通 三菱MR520(1968年式)
MR520

撮影:郡山駅(1977.8.9)

1967年にMRのマイナーチェンジに合わせて、若干延長されたのがMR520です。全長9,380mm、ホイールベース4,370mmになり、収容力は増しました。
MR510で縦長の固定窓だった部分は、幅の狭い通常窓になっています。また、この時ボディも同時にモデルチェンジしているため、三菱ボディはヒサシつき、呉羽ボディは後面傾斜窓に変わっているため区別できます。

三菱MM 1974−

表4-14-2 三菱MM
年式1974-19761976-19801980-19841984-19881988-1990
原動機型式
(出力)
6D11
(155PS)
6D14
(160PS)
6D15
(170PS)
6D15
(175PS)
6D14(T)
(195PS)
6D16
(185PS)
6D16-T
(220PS)
軸距4230mmMM504HMM515HK-MM516H P-MM515H P-MM517H
P-MM527H
4370mmMM104HMM115HK-MM116HP-MM116H P-MM117J
P-MM517J
 
備考MM1=リーフサス、MM5=エアサス、MM527=前輪独立懸架エアサス
第1期 1974−1976
阪急バス 三菱MM104H(1976年式)
MM104H

撮影:兵庫県(2008.3.1)

三菱MM104H
MM104H

撮影:和歌山県(2018.6.24)

1974年に中型バスのエンジンで大型バス並みの車幅を持ったMMが新設されました。この系列は、しばらくの間、中型車MKと足並みを揃えてモデルチェンジを重ねてゆきます。
観光バスには、車長が若干短くエアサスのMM5が主に導入されています。
なお、この時期にはメトロ窓の仕様しかなく、路線バスの場合も写真のようにメトロ窓の2扉車でした。

第2期 1976−1981
香川県交通 三菱MM515H(1978年式)
MM515H

撮影:OKMR様

1976年にマイナーチェンジが行われます。エアサスの自家用・観光仕様と、リーフサスの路線バス仕様ではホイールベースが異なり、用途をはっきりと分けているのも特徴です。
写真は、観光バス仕様の一例。

羽後交通 三菱K-MM116H(1981年式)
MM116H

撮影:左党89号様(横手営業所 1995.6.17)

昭和54年排ガス規制に対応して1980年にエンジンが変わり、型式に規制記号(K-)がつきました。この時点では、ボディスタイルにはほとんど変化はありませんが、後部屋根上のダクトを側面に移した関係で、側面最後部の窓の傾斜がなくなっています。
写真は、路線タイプの一例。

第3期 (エアロミディMM) 1981−1988
三菱P-MM515H
MM515H

画像:三菱自動車工業公式カタログ(1986)

三菱P-MM116H
MM116H

画像:三菱自動車工業公式カタログ(1986)

1981年にシャーシはそのままで、ボディをスケルトンタイプにモデルチェンジしました。外観上、中型バスMKとの区別が難しい時期です。
1984年に昭和58年排ガス規制に対応してシャーシのモデルチェンジが行われました。その際、観光バスタイプは高出力ターボエンジンになりました。型式の数字の一の位は、観光バスタイプのみ5に戻っています。
観光タイプの写真は、1984年に新設された超デラックス観光タイプのハイデッカー。全高3,330mmで、スィングドア、固定窓が基本です。
この時期の途中に、観光・自家用タイプには「エアロミディMM」の名前が付けられたようです。(注1)

第4期 エアロミディMM 1988−1993
上電バス 三菱U-MM517J(1993年式)
MM517J

撮影:ヒツジさん様(上田車庫 2004.2.28)

南越後観光バス 三菱P-MM117J(1989年式)
MM117J

撮影:樋口一史様(小出車庫 2004.9.15)

1988年に中型バスMKとともにモデルチェンジされ、名実ともにエアロバスファミリーの「エアロミディ」になりました。
自家用バス、観光バスタイプはMKと同様、エアロバスのイメージを持つ丸みのあるボディに変わりました。写真の車両は、車高の高い「超デラックス観光」タイプ。
一方、路線バスタイプの方は、この時に大型バスのエアロスターKと同じスタイルに変わり、中型バスとは別の道を辿り始めます。
1990年に平成元年排ガス規制に対応してシャーシがU-に変わりますが、ボディはそのままでした。その後、1993年のモデルチェンジの際、観光バスタイプも大型バス(ニューエアロ)と共通ボディに変わり、中型車とは完全に分離されています。

第5期 エアロバスMM・エアロスターMM 1993−
越後交通 三菱U-MM218J(1995年式)
MM218J

撮影:本社営業所(2018.7.2)

1993年のモデルチェンジで、観光タイプは大型の「ニューエアロバス」と同じスタイルに、路線タイプは「エアロスターM」と同じスタイルに変わり、商品名も大型車と同じ名前に変わりました。

(注1)
1986年7月発行の三菱自動車公式カタログで、「エアロミディMM」の名称が使われています。
ページ上部へ戻る

80s岩手県のバス“その頃”