入門

三菱自動車(9m車)

シャーシ 三菱の9mサイズの大型車は、大型リアエンジンバスのMRの一員として1964年に登場したMR510から始まります。その後、中型車のエンジンでボディサイズを拡大したMMが登場し、自家用バス、貸切バスを含めた一定のシェアを確立しています。MMは長い間、外観的にも中型車と同じスタイルでしたが、1988年から路線タイプが大型車と同じスタイルに、1993年から観光タイプが大型車と同じスタイルに変化しています。

三菱MR500系 1964−1974

表4-14-1 三菱MR500系
年式1964-19671967-1974
原動機型式
(出力)
6DB1
(165PS)
6DB1
(165PS)
軸距4250mmMR510 
4370mm MR520
備考 


三菱MM 1974−

表4-14-2 三菱MM
年式1974-19761976-19801980-19841984-19881988-1990
原動機型式
(出力)
6D11
(155PS)
6D14
(160PS)
6D15
(170PS)
6D15
(175PS)
6D14(T)
(195PS)
6D16
(185PS)
6D16-T
(220PS)
軸距4230mmMM504HMM515HK-MM516H P-MM515H P-MM517H
P-MM527H
4370mmMM104HMM115HK-MM116HP-MM116H P-MM117J
P-MM517J
 
備考MM1=リーフサス、MM5=エアサス、MM527=前輪独立懸架エアサス


第1期 1974−1976
第2期 1976−1981
第3期 (エアロミディMM) 1981−1988
第4期 エアロミディMM 1988−1993
第5期 エアロバスMM・エアロスターMM 1993−
(注1)
1986年7月発行の三菱自動車公式カタログで、「エアロミディMM」の名称が使われています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.