coloring

 

 共同運行と共同配車

高速バスなどの共同運行をする中で、統一デザインを導入したのち、それを自社のデザインとして消化することで、似たようなデザインが広がった例も見られます。
高速バスを複数社で共同運行する際、車体のカラーデザインも同じにしてしまうというパターンが、1980年代には数多く見られました。これは、1983年に阪急バス(大阪府)と西日本鉄道(福岡県)が大阪〜福岡間の夜行高速バス「ムーンライト号」で確立したパターンです。その後、京浜急行(東京都)、近畿日本鉄道(大阪府)などがこれに続きます。しかし、1社当たりの路線数が増えてくるにつれ、車両運用上の非効率さが目立つようになり、1990年代に入る頃には会社ごとのカラーデザインに回帰し、路線ごとのカラーデザインは減少してゆきました。
そういった過程の中で、かつて路線カラーであったものを、共同運行会社が自社カラーとして維持している例などを取り上げます。

共同運行によるもの

5-01 ムーンライト号 一族

5-02 フローラ号 一族

5-03 キャメル号 一族

5-04 ラ・メール号 一族

5-05 サンライズ号 一族

5-06 ブルーライト号 一族

5-07 エメラルド号 一族

貸切バスの共通カラー

5-11 外国人専用観光バス

5-12 道東バスセンター

5-13 ブルーバスグループ

>>5-6 変化とバリエーションへ

主な参考文献
  1. 日本バス友の会(1994)「日本のバスカラー名鑑」
  2. 和田由貴夫(1998)「シティバスのカラーリングを考える」(「年鑑バスラマ1998-1999」P.97〜103)
  3. 三好好三(2006)「バスの色いろいろ」(「昭和40年代バス浪漫時代」P.124〜125)
  4. 満田新一郎(2005)「昭和30年代バス黄金時代」
  5. 満田新一郎(2006)「続昭和30年代バス黄金時代」
  6. 満田新一郎(2006)「昭和40年代バス浪漫時代」
(注1)
ポルト出版(2003)「富士重工のバス達」P.108-109

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.