中学英語でお勧めの参考書

実は、中学英語の成績を上げるのは、それほど難しいことはありません。
「暗記」と「試験のためのテクニック」を知ることです。
しかし、これだけでは、高校受験を切り抜けることができても、高確率で、英語が苦手になります。もっというなら、高校英語で躓くか、大学受験で躓くか、社会人になっても「中学英語は、そこそこ出来ていたけど、なぜか英語が苦手」という状況になってしまいます。
では、中学英語では、どのように勉強すればいいのでしょうか。
そこで、中学英語の正しい英語学習方法を紹介します。

スポンサード リンク


中学英語で成績を上げる方法

中学英語で成績をあげるには、ひたすら「暗記」します。
たとえば、「can〜=be able to〜」を覚えておけば、以下のような問題を解けるようになります。

・He can speak English.=He (  )(  )(  ) speak English.

もっというなら、「can〜=be able to〜」の意味がわからなくても、これさえ覚えておけば問題が解けてしまうのです。これは、ほんの一例ですが、このような「暗記」と「試験のテクニック」を知っていれば、中学英語の成績は上がります。

しかし!

このように「暗記」と「テクニック」に偏った中学英語を勉強していると、英語が「理解」できないまま、成長してしまうので、たとえば「食べ物が欲しいな(食べ物=food、欲しい=want)」を、「food want」のように言ってしまうのです。

「中学英語は成績が良かったんだけどな。今では英語は全然わからないよ」

このように、思う人は、その人の能力などの問題ではなく、「暗記」と「テクニック」に偏った中学英語を勉強させられていたためなのです。

中学英語に使える参考書

というわけで、まずは、英語を「理解」する必要があります。

しかし、市販の中学英語の英語本のほとんどが、文部省の学習要綱に従っているので、「暗記」「テクニック」中心のものばかりになっています。中学英語の英語本で勉強しても、英語を理解できるようにならないのです。
そこで、「基本にカエル英語の本」を読むことをお勧めします。
この本は、中学英語でも十分に使うことができます。
というのも、英語本なのに、「イラスト」と「日本語」だらけ。だから英語が好きになります。
また、「英語が苦手な人の意見を聞いて」制作されているので、「涙がでるくらい、わかりやすい」。
ただ、もともと、「やり直し英語」のために制作されているので、使い方に注意する必要があります。
その使い方は、詳しくは、「中学英語の参考書」のページにて。

基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル1
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル2
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル3

英語学習法のトップページ
Get you!! English!! わかりやすい英文法のトップページ