英文法の参考書を選ぶ方法

間違えた「英文法の参考書」を選ぶと、英語学習で挫折すると言っても過言ではありません。
そのくらい英文法の参考書の選ぶのは、重要です。
ただ、書店に行くと、わかると思いますが、世の中には、星の数ほどの参考書があるので、どれを選んでいいのか、わからないと思います。
そこで、ここでは、英文法の参考書を選ぶ方法について紹介してます。
特に、英文法に苦手意識がある人に、お勧めの記事です。なぜ、この記事が、英語が苦手な人にお勧めできるのかというと、このページを読むと、英文法への「できない」気持ちをなくす英文法の参考書が見つかって、効果的な英語学習ができるようになるからです。
ちなみに、このページは、英文法に対して苦手だという意識がある人には、お勧めできますが、英語の文法が好きな人には、お勧めできません。英語学習をしている人たち全てに勧められるサイトは、英語の参考書なので、英文法に苦手意識がない人は、こちらのサイトを読んでください。そういうわけで、本題の英文法の参考書を選ぶ方法です。

スポンサード リンク


英文法の参考書を選ぶポイント

英語の学習をしようと思って、書店に行けば、書棚にある良さそうな参考書を買って勉強すると思います。しかし、それが英語学習で挫折するキッカケになっているのです。英文法の参考書を購入する時、いくつかの注意すべきポイントがあるので、そのポイントを外さない英文法の参考書を買う必要があるのです。
というわけで、英文法の参考書を買うときに注意すべきポイントです。

まず、何も考えず、有名な文法(英語)の教科書を買ってはダメということです。有名な英文法の本は、書店の目立つ位置に配置されていますし、ポップ広告で、宣伝されています。
また、本のタイトルも、「1分間で理解できる」みたいに、英語を簡単に理解できるような印象を持ちますが、実は、英語が苦手な人が買うと、自分のレベルに合致せず、ほとんど理解できなくて、負担になってしまうことがあります。自分の実力にぴったりな文法(英語)の参考書を選択することが重要です。高校生であっても、中学英語の参考書を活用するほうが効果があるときもあります。当然、高校生ではなくて、大学生や、社会人でも、同じです。

次に、英文法の参考書の内容をよく確かめて、解説が丁寧で簡単な参考書にすることが重要です。英文法の参考書の多くは分かりにくい言葉で説明されていますが、小難しい言葉ばかりだと理解するのに時間がかかってしまいます。時間を要するということは、その分、挫折してしまう確率も多々あるということなので、できれば、避けたいところです。

最後に、個別の項目ごとに例文が載っている本にしましょう。更に、例文に利用されている単語が易しいものにすべきです。なぜなら、英文法の理解だけに集中できるためです。英単語を暗記するのが目的ではなく、英語の文法を理解するのが目的だからです。

以上が英文法の参考書を選択する上で、外すことができないポイントです。このような参考書を書店やネット書店で、探しだすことが必要ですが、手間がかかるのではないでしょうか。
そこで、お勧めなのが、英文法の参考書です。
このサイトでは、今までの常識を覆す英文法の参考書を紹介しています。
今までに、色々な英文法の参考書を買って、英語学習で挫折してきた人も、最後まで読める英文法の参考書があります。このサイトにある参考書を購入すれば、結果を出せる英語学習ができると思いますよ。

英語学習法のトップページ
Get you!! English!! わかりやすい英文法のトップページ