英文読解、長文読解の学習方法

英語を教えていると、生徒から「短い文章なら大丈夫だけど、長文になると・・・」と言われることがあります。
やはり、長文になると、なかなか大変なようです。
では、どのようにすれば、英語の長文を読むことができるのでしょうか。
英文を読むには、大前提として、 英文法を学習する必要があります(参考:英文の読み方)。
英文法の基本を固めた後は、長文の学習法を知るといいでしょう。というのも、単に長文を読むだけでは、あまり効率的に実力がアップしないためです。
そこで、このページでは、軽く、英文読解・長文読解の学習方法を紹介します。

スポンサード リンク


具体的な英文読解、長文読解の学習法

英文の長文の問題集を買ってきて、英文を読むと思いますが、そのとき、以下の手順で学習していくといいですよ。

1.知らない英単語があっても無視、粗筋をつかむ

まずは、知らない英単語があっても、わからないところがあっても、ザッと読んで、粗筋をつかんでください。よほど英語の実力が高い人は別ですが、長文を読んでいると、必ず、「意味がわからない英単語」がでてきます。そのとき、イチイチ、辞書で調べるわけはいかないので、わからない英単語があっても、無視して、あらすじをつかめる様になる必要があります。

2.一文一文の構造をしっかり分析する

次に、一文一文をしっかりと読んでください。具体的には、形容詞句には<>をつけたり、前置詞句には( )をつけたりという風に、マークを1文1文につけていって、どういった構造になっているのか分析します。ここでも、まだ知らない英単語の意味を調べてはいけません。

3.再度、読み直す

再度、読み直して、更に英文をしっかり読んでください。
2の手順をしていれば、意味を知らない英単語も、大体の意味が推定できると思います。それで、より正確に長文のあらすじがわかるようになると思います。

4.英単語の意味を調べる

知らない英単語の意味を調べてください。それで、手順2にて、英文につけたマークが正しかったかどうか検討してください。

5.英単語の暗記、読むことができなかった文の書き出し

知らなかった英単語や、読むことができなかった文を書き出して暗記してください。「わからない」「意味を知らない」ままで放置していれば、いつまで経っても、英語の実力は上達しませんから。

6.復習する

一日後、一週間後、三週間後に同じ文を数回読んでください。もし英単語の意味を忘れてしまっていれば、再度、暗記してください。ちなみに、覚えた英単語の意味を忘れてしまうと思いますが、それで落ち込まないでくださいね。人間は忘れる動物なので、忘れにくくするには、繰り返し暗記する必要があります。

上記を効率的に学習できるのが、無料メールマガジンの「英文を1文ずつ読もう!」です。
英文を1文ずつ読もう!の無料登録は、このリンクをクリックしてください。

英語学習法のトップページ
Get you!! English!! わかりやすい英文法のトップページ