小学校英語で使える参考書は?

小学校でも、英語学習をしなければならなくなりました。
でも、小学生に、どの参考書で英語の勉強をさせればいいのか、わからないと思います。
そこで、ここでは、英語の本の著者が、小学生にお勧めの英語の参考書を紹介しています。
小学生の子供を持つ親にはお勧めのページです。

スポンサード リンク


英語の理解は「英文法」から

英語学習といえば、「英会話から教えるべきだ!英文法なんて必要ないい!」という人がいます。
その理由は「国語を勉強しなくても、日本語は話せる」というものです。
でも、本当にそうでしょうか?

たとえば、「490910060306471103」を「30秒」で、覚えてみてください。
覚えられないですよね。
でも、実は、上記の数字は、「昭和(もしくは平成)+月+日」の順になっていると「理解」すればどうですか?
つまり上記の数字は、「昭和49年09月10日、平成06年03月06日、昭和49年11月03日」になっていて、3人の誕生日を表していると「理解」すれば、先ほどよりも、グッと覚えやすくなったのではないでしょうか。

このように「暗記」にも「理解」が必要なのです。
「理解」がないと、覚えられないですし、たとえ覚えたとしても、すぐに忘れてしまうのです。
これは英語でも同じです。
確かに、「このような場面では、英語でこのように言う」のような「英会話フレーズ」を覚えていけば、いつかは話せるようになります。
でも、この行為は、上記の「たとえ」でいうと、「理解」なしで、ひたすら数字を覚えていくことと同じです。つまり、覚え切れないですし、覚えたとしても、すぐに忘れてしまいます。非常に効率が悪いのです。
そこで「英語を理解」してから、英会話を勉強した方がいいということです。
その理解を助けるのが「英文法」なのです。


小学校英語のための英文法

「英文法は難しい、退屈だ、小学生には無理だ」と思い込んでいないでしょうか。
実は、英文法は簡単ですし、楽しく学習できます。
上記のように思う人は、単に、楽しく簡単に英文法を勉強できる方法を知らないだけなのです。
では、どのようにすれば「英文法を楽しく、簡単に」勉強できるのでしょうか。

「マンガで学ぶ小学生英語ドリル(マガジンハウス)」がお勧めです。

なぜ、この参考書がお勧めなのかというと、小学生の子供が、まるでマンガやゲームのように楽しみながら勉強できるためです。

まずは、ストーリーを読みます。



そして、敵と戦うときに、「魔法カード」で、魔法を唱えます。



魔法カードは以下です。



こうやって遊んでいるうちに、英語が身に着く新感覚の参考書です。

■ネットで購入
amazonから購入:マンガで学ぶ小学生英語ドリル
楽天ブックスから購入:マンガで学ぶ小学生英語ドリル

これで、英語の基本が理解できれば、「基本にカエル英語の本(レベル1)」がお勧めです。
この本は、そもそも「大人のやり直し英語」のために制作されましたが、英語の本なのに、「日本語」と「イラスト」だらけなので、苦もなく読み進めることができます。

基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル1
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル2
基本にカエル英語の本〜英文法入門編レベル3

というわけで、小学生の子供には、まずは英文法の学習をさせるのがお勧めです。
それが出来るだけで、今後の英語学習の幅が広がると思いますよ。
ちなみに、「小学校英語に最適な参考書は?」にも小学生英語でお勧めの参考書を紹介しています。

英語学習法のトップページ
Get you!! English!! わかりやすい英文法のトップページ