英語教材の選び方

効果的に、英語学習するには、英語教材は欠かすことができません。
でも、英語の参考書と同じく、どのような英語教材でもいいというわけではありませんし、もっというなら、間違えた英語教材で学習すると、英語学習で挫折してしまうこともあります。
やはり、英語教材も、どの英語教材で学習するのかで、効率が変わるのです。
では、どのような英語教材で学習しなければならないのでしょうか。
個人的にお勧めなのは、英語教材の実績のある会社が販売している有名な英語教材です。
でも「有名」といっても、書店や店で販売されているわけではなく、どこで買ったらいいのかわからないと思います。
そこで、ここでは、簡単に、著名な英語教材を紹介します。

スポンサード リンク


有名な英語教材の一覧

一番、著名なものは、アルクの英語教材です。
アルクをご存じない人もいるかもしれませんが、実は、英語教材で有名な会社です。有名なだけではなく、実績もあるので、英語を教えるノウハウが蓄積されていて、効果的な英語教材を販売しています。アルクの通信講座の中では、ヒアリングマラソンが有名なので、ヒアリングの勉強をしようと思っている人にお勧めです。ちなみに、アルクの正式名称は、スペースアルクです。

あと英語教材として忘れてはいけないのは、リスニング教材です。
リスニングの学習は、英会話スクールに通学したり、外国人による個人レッスンを受講したり、リスニング教材を購入したりしないと勉強できないので、英会話学校や個人レッスンよりも、安いよりも、安く済む買うことをお勧めします。
しかし、一体、どういうリスニング教材を使うといいのでしょうか。
そう思っている人に有名な教材を紹介すると、ピンズラー英語です。ここで紹介しているリスニング教材はインターネットでは有名です。

また、日本人の聴力を「英語向き」にするための英会話教材もあります。以上のリスニング教材は、日本人には聞こえにくい英語の音域に、耳を慣らせるために制作されたもので、聞き流すだけで英語の勉強ができます。
このうように英語教材は色々あるので、英語教材のようなサイトで、色々な英語教材を見てみるといいでしょう。

英語学習法のトップページ
Get you!! English!! わかりやすい英文法のトップページ