最後の手紙

烏兎の庭 - jardin dans le coeur

第五部

六義園 中の島

6/5/2016/SUN

六義園、東京都文京区

「もっと知ろうよ!儒教」展、東洋文庫ミュージアム、東京都文京区

藤代峠から見下ろす 森の道

天気がよく、湿度も低いので、うまくいかない就職活動の気分を換えに六義園に行ってみた。来園は初めて。


泉 岩崎家が追加した蓬莱島

六義園は、18世紀末、紀州藩主、柳沢吉保が景勝地「和歌の浦」を再現するように造園した庭園。明治期に岩崎家が購入にした。大名の財力と岩崎家の財力に驚くしかない。右の岩は、岩崎家が後から置いた蓬莱島。


つつじ 額紫陽花 くれない

5月後半が満開時期のツツジがまだ咲き乱れていた。右側はガクアジサイ。無知なことにこれが満開になる前の姿と思っていた。

庭はいい。野山を歩くより、庭園を歩くほうが好き。庭は、自然と私を仲立ちしてくれる


モリソン書庫 クレバス・エフェクト

東洋文庫ミュージアムに来るのは、二度目。多読ではないのに、モリソン書庫の前に座ると、なぜか、うれしい気持ちになる。本の森に迷い込んだ感じがいい。

小さな常設展室から特別展室へ進む廊下に、不思議な透明の床板がある。厚さは10cmしかないのに、ずっと下まで穴が続いているように見える。「クレバス・エフェクト」と言う。


殿試策 殿試策 拡大

『記録された記憶―東洋文庫の書物からひもとく世界の歴史』を読んでから、に興味を持つようになった。先日行った東京国立博物館でも、書の作品を多く見た。

好きなのは、楷書体。トーハクでは、法隆寺館で「梵網経、紺紙純金泥書」見入った。

まるでワープロ・ソフトで作成したように同じ大きさの文字が、これまた、まるで最新のプリンターで印刷されたようにハネや払いまで綺麗に書かれている。

今回、本で見ていた科挙の優秀答案「殿試策」を間近で見ることができた。うっとりするような美しさがある。丸一日費やして、この答案を書き上げた集中力が凄い。

来館をツィートしたところ、東洋文庫ミュージアムのアカウントから返信があった。

「ふっくらして読みやすい」という表現が、この文字にぴったり。フォントにしたい、にも同意。

「ふぉんと」に美しい。