フランス・ブルターニュ地方の石造美術
       アンクロ・パロアッシャルのカルヴェール彫刻
    
   Calvaire de L'Enclos Paroissial de Bretagne

             

   フランス最西端のブルターニュ地方
  はかつてのブルターニュ公国であり、
  ケルトやブリテンの先住民も住んでい
  た地方である。
   この地方独自の言語であるブルトン
  語が話され、中世以来の収穫祭りやパ
  ルドン祭が毎年行われるなど、ケルト
  色を濃く残した地方である。






 真冬のラズ岬
 
Pointe du Raz
 
Finistère (Bretagne)
   カルヴェール

   フランスのブルターニュ地方には、カルヴ
  
ェ−ル (Calvaire) と呼ばれる石造彫刻があ
  ちこちの教会に残されている。
   カルヴェールとは、キリストの十字架及び
  受難に関わった諸人物の像を意味する。写真
  の彫刻が、その一例である。15〜17世紀
  に作られたものが中心で、図像による宗教的
  な啓蒙という目的と、コレラなどの病苦や死
  の恐怖から逃れるための象徴的な意味合いも
  あったらしい。
   教会・カルヴェール・納骨堂・凱旋門等で
  出
来た伽藍をフランス語では、アンクロ・パ
  ロア
ッシャル (Enclos Paroissial) といい、
  「囲まれた聖教区」とでも訳すしかないが、
  通常はこの建造物群と彫刻とが一区画に揃っ
  ている。 
 Notre-Dame-de-Tronoën (Finistère)
        

     
     
                ギミリオ
          Guimiliau/Enclos Paroissial

                         
Finistère                        
                      
   ブルターニュのカルヴェール彫刻はほぼ
  全域に分布しているが、モルレーの町の近
  郊が特に密度の濃い地域とされている。
   ギミリオとサン・テゴネックは10キロ
  も離れていないが、どちらにもブルターニ
  ュを代表する完璧なアンクロのカルヴェー
  ルが保存されており、荘重な遺構を見るこ
  とが出来る。
   私がここを訪ねたのは8年前の正月休み
  だったが、人一人いない全くの静寂に包ま
  れた凍てつく寒さの中で、震えながらこの
  群像彫刻を見上げた記憶が新しい。

   制作年代は16世紀後半だから、美術史
  的にはルネッサンスからバロックへと変貌
  していく時代である。しかし、遠隔の地だ
  からなのか、この彫刻にはゴシックやロマ
  ネスクのイメージが、そのまま残されたと
  すら感じられるところに、私はすっかり魅
  了されていたのだった。
   キリストの受難を中心に二段に彫られた
  群像は、見る者を圧倒する。
    

     
    
               サン・テゴネック
         St-Thégonnec/Enclos Paroissial
 
                            Finistère
               
   ギミリオと共に、荘厳かつ特異な宗教空
  間であるアンクロを見ることが出来る。カ
  ルヴェールの彫刻は特にユニークで、やや
  俗っぽい感は有るものの、決して安直な作
  品ではない。時代はやや下がって、17世
  紀初頭と言われる。
   彫像の主題は勿論キリストの十字架を中
  心とした受難の場面で、写真の笞打ちなど
  総督ピラトの前に引き出される場面も描か
  れている。
   更に十字架の道行き、聖女ヴェロニカが
  キリストの顔を拭く場面、十字架からの降
  下、そして埋葬へと至る、福音書に書かれ
  たキリスト伝がジオラマのように連続して
  描かれている。
   時代的には宗教改革の直後ともいえ、一
  般大衆に対しての、原点に立ち帰った啓蒙
  がその最大の制作目的であったのではない
  か、というのが私の最初の印象だった。つ
  まり図像がとても明快で親しみ易いと思え
  たからで、笞を持つ役人の舌を出した表情
  などには、子供の絵本を見る様な憎めない
  面白さがある。 
    

     
     
                ブラスパルト
           Brasparts/Enclos Paroissial

                           
Finistère
                  
   この小さな町のアンクロには、見るべき彫刻群は無
  い。但し、教会と納骨堂に挟まれた狭い空間に立つカ
  ルヴェールだけは、決して見逃してはならない。
   彫刻らしきものは、三本の十字架と、その基盤に有
  る写真の彫像だけである。しかし、このピエタの像は
  ブルターニュにおける私の最も好きな像で、この像を
  見るためだけに、ブルターニュ旅行を再度計画しても
  良いとすら思っているほどだ。

   色々なピエタ像が有るが、図像的にもこれ程大胆に
  十字架から下ろされたキリストを抱きかかえている図
  は、あまりお目にかかった事は無い。呆然と立つ三人
  のマリアと斜めになったキリスト像との対比が、力学
  的には不自然ではあるが、造形的には見事な構図にな
  っている。

   キリスト磔刑に立ち会った三人のマリアは、キリス
  トの母である聖母マリア、小ヤコブの母マリア、それ
  にキリストによって救われたマグダラのマリアである
  とされている。
   ロマネスク彫刻としても頻繁に取り上げられた主題
  であり、悲壮感に満ちた中に復活への希望を抱かせる
  まこと魅力に溢れたモチーフだといえる。 
    

       
        
                   プルガストル・ダウラス
         
Plougastel-Daoulas/Calvaire

                            Finistère

               
   ロマネスクの回廊の遺構が残るダウラ (Daoulas)
  の町から、プルガストルまでは至近である。
   アンクロといえる伽藍は無く、教会の前庭にカルヴ
  ェールのみが建っているのだが、その彫刻部分は眼を
  見張るほどの充実した作品で埋められていた。

   写真の二人の人物像は、一連のキリストの十字架の
  道行き群像の左隣に有り、さらに左隣がキリストの顔
  の写った布を持つ聖ヴェロニカであるところから、磔
  刑に居合わせた聖母マリアと聖ヨハネではないかと思
  う。
   悲嘆と憂いに満ちた表現は、17世紀初頭の制作に
  しても、単なる写実とは全く異なる次元における、石
  造彫刻としての魅力を充分に備えており感動的だ。

   ブルターニュ地方はカルナックに代表される古代石
  造文化、先住ケルトの文化、中世ロマネスク・ゴシッ
  ク、さらにこのカルヴェールと、石造美術だけに限っ
  ても、色々な時代の多様な遺産が残る不思議ランドで
  ある。
   石造美術を通して、その向こうに見えるものが面白
  いのだろう。  
  
    

          
         
               プルゴンヴァン
         Plougonven/Enclos Paroissial

                           Finistère
           
   モルレーの町から東南に12Km行くと、
  この小さな村にたどり着く。早速教会を訪
  ね、カルヴェールを探した。冬の雨がとて
  も冷たい日で、早い夕暮れがとっくに迫っ
  ていた。
   ついでに寄ったつもりだったが、この迫
  力に満ちた彫刻群を目の前にして、もっと
  明るく暖かい光の中で見なければならない
  傑作であることに気が付いた。かなり暗く
  手が凍えそうな中という、撮影条件も最悪
  だったので、余り良い写真は、最初から望
  めなかった。
   二段に仕切られた八角台座の上に三本の
  十字架を立て、数多くの彫像で飾られてい
  る。写真はキリストを埋葬するために祈る
  場面であり、聖母や弟子達の悲痛な表情が
  よく捉えられている。16世紀半ばの作で
  あるが、土地柄ゴシックやロマネスク的な
  要素が強く出た、信仰心に満ちた素晴らし
  い彫像群である。
   モルレーのビストロで飲んだワインが、
  冷え切った私たちを救ってくれた。
    

          
     
           トロノエンノートルダム礼拝堂
       Tronoën/Chapelle Notre-Dame de Tronoën

                          Finistère
          
   ポン・ラベ (Pont-l'Abbé から西に向かうと、広
  大な砂丘の続く海岸線に出る。そこはもう大西洋な
  のだが、怒涛となって押し寄せる荒波を見ながら、
  かつて対岸のアイルランドやコーンウォールとの間
  に、ケルト民族の往来が有ったことを想うと、何や
  ら感慨めいた感動が湧いてきた。
   海岸線から程近い場所に、ぽつんと小さな礼拝堂
  が建っており、その前庭にかなり古びたカルヴェー
  ルが堂々と存在感を示している。
   かなり摩耗が激しく、海から吹きつける潮風の影
  響なのかとも思われるが、制作年代が14世紀半ば
  とのことであり、カルヴェールとしては最古の部類
  に入りそうである。
   二段に彫られた石像群は、良く見るとかなり優れ
  た彫刻であったことが分かる。十字架を中心にした
  キリストの物語が主題になっているのはいずこも同
  じなのだが、ノートルダム礼拝堂という名にふさわ
  しく、受胎告知から誕生そしてピエタへと至る聖母
  に関する図像は、特に印象的だった。二人の天使に
  支えられながら降架したキリストを抱きかかえる聖
  母の像は、悲嘆にくれながらも宿命を受け入れよう
  と苦悩する神聖な姿に見える。
  (当ページの巻頭写真参照)
    

           
           
                プレイバン
          Pleyben/Enclos Paroissial
 
                          Finistère
         
   円卓の騎士トリスタンゆかりの島の有
  るドゥアルヌネ
(Douarnenez) で大晦
  日の晩を過ごした私達は、元日の初詣と
  して、静寂に包まれた無人のこの教会を
  訪ねた。
   この教会のアンクロ・パロアッシャル
  は完璧で、納骨堂のほかに凱旋門を兼ね
  たカルヴェールがしっかりと残り、16
  世紀ルネサンス様式の教会の前庭に、神
  聖な空間を形成している。
   二日酔いの正月の朝でもあり、昨晩の
  余韻覚めやらずだったが、このキリスト
  の死をイメージさせる聖像を前にして、
  精神の引締まる思いだった。
   数ある像の中で、プルゴンヴェンのも
  のと同じ様な構図の、このキリスト埋葬
  の場面が最も印象に残った。時代的にや
  や通俗的な彫刻となっているが、手を組
  んで祈る涙の聖母マリアや香油壺を持つ
  マグダラのマリアの像には、彫刻技術以
  前の人間に対する深い情愛が込められて
  いるように思えたのだった。良い初詣と
  なった。
    

             
           
                ギュエーンノ
          Guéhenno/Enclos Paroissial

                           Morbihan
        
   ジョスラン Josselin という華麗な16世紀の
  城の在る町から、南西に10Kmでこの町に着く。
  穏やかで静かな田園の村で、小高い丘の上に建つ
  教会は墓地に隣接しており、カルヴェールはその
  墓地の中央に建っていた。納骨堂と思われる建物
  も、墓地の外れに見える。凱旋門は無いが、きっ
  とこれは、墓地全体がアンクロ・パロアッシャル
  なんだなと思った。
   三本の十字架の下には、ピエタの他に、十字架
  を担ぐキリストの磔刑への道行きや、ヴェロニカ
  や埋葬など、カルヴェール彫刻の主題は一通り揃
  っているようだった。
   納骨堂の壁面にはめ込まれたレリーフは、キリ
  ストの受難を絵巻物のように彫ってある。左から
  鞭打ち・十字架道行・磔刑・十字架降架・埋葬、
  の順にこれらが切れ目無しに繋がっている。
   ブルターニュにおいて、なぜかくまでも同じテ
  ーマの石造彫刻が普及したのかは分からないが、
  懺悔のための祭として、唯一パルドン祭の残る地
  方である理由とも通じているような気がしてなら
  ない。
     

    
       
  その他のカルヴェール写真紀行 Autre Calvaires

         ブルターニュ各地に分布する、その他のカルヴェールを訪ねてみよう。
         それぞれに特徴があって、町や教会のシンボリックな景観となっている。
          
              
     Seven-Lehart Côtes-du-Nord         Plesidy Côtes-du-Nord
     
                      
       
     Pestivien Côtes-du-Nord            Pleubian Finistère
     
                    
              
     Commana Finistère       Sizun Finistère
     
                
                  
      Loqueffret Finistère          Lannedern Finistère
     
            
                  
     St-Herbot Finistère          Cleden-Poher Finistère
     
                
                  
     Guengat Finistère       Melrand Morbihan
     
                      

       このページTOPへ  次のページへ  前のページへ 

    石造美術TOPへ  日本庭園TOPへ ロマネスクTOPへ

       古代巨石文明TOPへ  世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ