韓国の石仏と石塔

     


















 慶州
 南山三陵谷
 慶尚北道


        
  韓国には夥しい数の石塔が残されている。三層石塔と五層石塔がその大
         半だが、古くは百済・新羅・高句麗の三国時代、そして統一新羅の時代へ
         と及んでいる。いずれも均整の取れた独自の造形美に溢れていて美しい。
          石仏は日本に先駆ける存在としてまことに貴重で、美意識という意味で
         は、中国よりも遥かに共通したものが感じられる。

     


          
          龍賢里
磨崖三尊石仏
  (忠清南道/瑞山市雲山面)
          

   ソウルの南西約100キロに位置する瑞山は、
  黄海に突き出た泰安の半島に有る町だ。百済の都
  であった扶餘からは、中国に向かうルート上に当
  るわけで、北魏から隋唐に至る大陸からの影響を
  敏感に吸収出来る場所であった。
   龍賢里の三尊石仏は7世紀のもので、険しい断
  崖の中腹に彫られており、現在は立派なお堂の本
  尊となっている。中央は釈迦如来立像、左は観音
  菩薩立像、右は弥勒菩薩半跏思惟像で、高さ4米
  は有る見上げるような大きさである。
   最初の印象は、本尊が法隆寺金堂の薬師如来、
  脇侍の観音は夢殿の救世観音に、そして弥勒は上
  野に来た一連の金銅半跏像と、きっとどこかで繋
  がった遠い親戚だろう、ということだった。
   杏仁形の眼や口元に湛えた微笑は、中国北魏や
  法隆寺の諸仏にも共通する。影響を受けたのか与
  えたのか或いは直接的には繋がらないにしても、
  共通の大きな輪の中に有って、ルーツはほぼ同じ
  である事は確かだろう。
   旅の初めに出会った百済仏の名作に、韓国石造
  美術の並々ならぬ奥深さを思い知らされた。
            

    
          長蝦里三層石塔  (忠清南道/扶餘郡場岩面)
       

   近江の石塔寺三重石塔が、扶餘長蝦里の三層石塔
  にとてもよく似ている、という話を川勝政太郎先生
  の本で読んで以来、ぜひ自分の眼で見たいと念じて
  いたがようやく叶った。
   扶餘の町から車で二十分、長蝦里という農村の小
  高い丘にこの石塔はきりりとした姿で立っていた。

   軸部が一石でない、屋根が板状の石を重ねて出来
  ているなど、細部の相違はわずかに有る。しかし、
  上の層へと軸部の大きさが低減する比率がかなり近
  いし、総体的なシルエットはほぼ同じと言ってもよ
  いほど似ている。
   百済式と呼んで良いだろうと思うが、現存する石
  塔は稀少で、この形式の石塔は他には扶餘の定林寺
  址の五層石塔しか見ることが出来なかった。
   新羅式の塔は、統一新羅以降も含め、かなりの数
  が現存していたが、やはり滅亡した国の悲哀とでも
  言うべきか。その意味では、日本の石塔寺三重石塔
  は、貴重な百済式石塔の遺構ということになる。
   新羅式のどっしりとした塔と比べると、心なしか
  華奢で、今にも崩れてしまいそうな情緒が感じられ
  てとても良い。
          

     
     
          定林寺址石仏 (忠清南道/扶餘郡扶餘邑)
     
     
   扶餘の定林寺は百済を代表する大寺だったが、
  百済の滅亡と同時に灰燼に帰した。昔の写真では
  雨曝しになっていたと思われるこの石仏は、現在
  は再建された立派なお堂の御本尊のような顔をし
  ておられる。
   見るも無残と言えそうなほどの摩耗で、顔形か
  ら衣装も印相も判然としない。両手が胸元に在る
  ことから、合掌か智拳印が想定できそうだが、こ
  れだけでは何とも判らない。
   おまけに、頭の石輪は地元住人によって近年載
  せられたらしいし、頭部そのものも全く別物とい
  う。高麗時代の石仏とのことで、百済とは直接関
  係の無い11世紀のものだが、そうすると制作当
  初のものは胴体部分だけということになる。
   日本の重要文化財に匹敵する宝物108号に指
  定されているらしいが、これだけ破損していれば
  日本では考えられないことだろう。
   それでもなお、この石仏に捨て難い魅力を感じ
  るのは、一体何故だろう。きっと、この仏の向こ
  う側に存在する、果てし無い時間の経過という歴
  史そのものが語りかけてくる、言葉ではない、見
  えざる波の様なメッセージを感じるからである。  
              

     
     
          定林寺址五層石塔 (忠清南道/扶餘郡扶餘邑)
     
     
   前述の石仏と全く同じ、定林寺の遺跡の真ん中
  にポツンと建っている。扶餘の町の東側、広大な
  敷地が土塀に囲まれて保存されている。建ってい
  るのは石仏の祭られたお堂と、この五層の石塔一
  基のみである。

   この石塔は寺の造立と同じ7世紀で、百済と共
  に滅んだ寺の運命を共有していたに違いない。韓
  国最古の石塔として国宝9号に指定され、貴重な
  百済式の遺構として荘重な佇まいを見せている。
   補修部分がかなり見られるが、統一的なシルエ
  ットには破綻は無い。目を細めて石塔全体を見る
  と、屋根の大きさや間隔の比率が、斑鳩法隆寺の
  木造五重塔にかなり類似しているように思えてな
  らなかった。

   前述の扶餘郊外にある、
長蝦里の三層石塔が近
  江石塔寺の石造三重塔に瓜二つ、という事実を併
  せ考えれば、百済と日本との間には、明らかに動
  脈の如き熱い血が流れていた、という事が自ずと
  見えて来るではないか。
   白馬江の悲劇を想い、その陰鬱さに沈みそうな
  私達の気分を河畔名物の鰻料理が救ってくれた。
            

    
    
          塔里五層石塔  (慶尚北道/義城郡金城面)
    
    
   大邱から安東へ向かう途中の町義城に塔
  里という村が有り、そこの公園に国宝の五
  層石塔が保存されていた。訪れたのは春四
  月、日本と同じ桜が満開の爽やかな日だっ
  た。

   一瞬、安東周辺に見られる煉瓦を積んだ
  塔かと思ったが、実際は軸部に凹凸が彫刻
  されているために、そのように見えたのだ
  った。屋根の張り出しが少ないので、やや
  ずんぐり形だが、慶州などにも多い新羅式
  だろう。
   やや離れた場所から全体を眺めると、そ
  のシルエットは日本の木造五重塔にかなり
  似ていると思った。もっとも、法隆寺の五
  重塔のモデルは、扶餘の定林寺址の五層石
  塔の方が近いかもしれない。
   いずれにせよ、日本の五重塔のルーツは
  中国ではなく、百済または新羅の石塔に有
  ったようだ。実際に見た中国の塔は限られ
  るが、美しい形に対する感覚という点で、
  韓国のほうがより日本に近いように感じら
  れた。
   この旅は、韓国に残る石造美術の格別の
  質の高さ、繊細な美しさなどを改めて認識
  する旅となった。
         

    
    
          清涼寺石仏  (慶尚南道/陝川郡伽耶面)
    
    
   八万大蔵経で有名な海印寺とは、谷を隔てた反
  対側の梅花山麓にこの寺は在る。急峻な坂道を車
  で登り、行き止まりからさらにかなり歩かないと
  たどり着かない秘境である。
   しかし、そこは正しく名の通り清涼な雰囲気に
  満ちた荘厳な寺域で、極彩色の伽藍の建ち並ぶ境
  内からは今登って来た麓の集落が眼下に見えた。
   境内の中央に、秀麗な三層石塔と石造燈篭が置
  かれていたが、いずれも新羅時代を代表するよう
  な傑作である。

   写真の石仏は、大雄殿に祀られた石造釈迦如来
  坐像で、このお寺の御本尊であった。
   お顔の部分がやや摩耗しているが、全体に端正
  で均整のとれた美しいお像である。光背の模様や
  螺髪の彫りの技術は、衣の襞の流麗な繊細さと共
  に一級品である。立派なお堂の中の気取った仏様
  は余り好きにはなれないが、ここは石仏という暖
  かさで救われる。京都あたりに多く見られる、平
  安から鎌倉期にかけての石仏の原型を見る想いが
  した。
            

     
    
       松林寺五層甎塔 (慶尚北道/漆谷郡東明面)
    
    
   大邱から第二石窟庵に向かう途中で、この鄙び
  た里の松林寺に立ち寄った。丁度桜が満開で、日
  本との風土の共通点を感じたのだが、この石塔だ
  けは見慣れないものだった。
   甎塔(せんとう)といって、通常の石塔とは違
  い小さな煉瓦を何枚も積み重ねて造ったもので、
  慶尚北道には広く分布しているらしい。今回の旅
  でも、安東の新世洞七層甎塔や造塔里の五層甎塔
  などを見ることが出来た。慶州の芬皇寺に在る三
  層石塔は、この様式最古のもので、元来は九層甎
  塔だった。
   屋根の張り出しが小さいので、ややずんぐりと
  した印象を受ける。こんな形状の層塔を見たのは
  初めてなのだが、小さい板状の煉瓦を使用してい
  るために、屋根は横へ長くは出せないのだろうと
  思う。
   しばらく眺めているうちに、この韓国特有の形
  に愛着が感じられるようになり、石塔に対する既
  成の美意識とは別の造形美を感じるまでに変化し
  たのである。素材が生み出した素朴な美、とでも
  言っておこうか。しっとりと咲いた桜と、不思議
  に融合していた。 
                   

   
   
          南山三陵谷磨崖石仏  (慶尚北道/慶州市)
   
   
   慶州の町に隣接する南山(ナムサン)に、三陵から
  一日がかりで登った。南山は石造美術の宝庫で、数え
  切れない数の石仏や石塔が全山に点在しているのだ。
   上仙庵という山寺が絶好の休息地点で、それから尾
  根に出る少し手前の崖に、写真の釈迦如来像が彫られ
  ていた。像の前面は断崖で、麓の里まで展望出来る。
  昔の日本の農村のような、どこかほのぼのとした風景
  だ。
   日本の磨崖仏にも通ずるような、丹精で品格の有る
  風貌に見入ってしまったが、衣服の部分から下が岩に
  同化していることにやや違和感を覚えた。韓国には岩
  の上に仏頭だけを彫ったものが多いが、岩と仏を一体
  化して崇拝する、石仏の原点を見たような気がした。
  南山という岩山全体が信仰の対象となっている、と言
  うことも出来るだろう。
   制作年代は不明だが、慶州石窟庵の釈迦如来坐像が
  お手本となったとすれば、9世紀より後となる。単体
  と磨崖の差はあるが、横顔のイメージはかなり似てい
  る。
   また、深い松林の中に累々たる岩山が連なる南山の
  光景が、狛坂磨崖仏の有る近江金勝山に類似している
  と感じたのは、私の思い入れが強過ぎたからだったの
  だろうか。 
 
          

    
    
          南山茸長寺址三層石塔  (慶尚北道/慶州市)
     
     
   これほどまでに劇的な場所に建つ石塔が、ほかに有
  るだろうか。慶州南山連峰の南部、断崖絶壁の岩盤の
  上である。かつて茸長寺の有った場所だが、今は磨崖
  仏と写真の石塔が残るのみである。
   三陵谷から南山へと登った私と妻は、尾根伝いに南
  へ歩き、茸長寺谷を少し下ってこの塔へとたどり着い
  た。谷から吹く風はまことに爽快で、きっと山の神々
  が歓迎してくれているのだろう、などと自己中心の感
  傷に浸っていた。

   この三層石塔は一連の新羅式としては小ぶりで、装
  飾彫刻も無いごく地味な塔なのだが、南山の神秘的な
  景観に深く溶け込んだ優しい姿を見せてくれた。
   9世紀統一新羅時代のものだが、1200年もの間
  風雨に耐えながら、この場所に立ち続けていたのかと
  思うと、知らぬ間に感情移入してしまっている自分に
  気が付いたのだった。

   それにしても、南山の霊山としての壮大さと、そこ
  に散りばめられた数え切れぬ程の仏蹟の数々には、単
  なる通りすがりの旅人をして、心から感動せしむる見
  えざる大きな力が、明らかに存在している。
         

    
    
          南山七仏庵磨崖仏  (慶尚北道/慶州市)
    
    
   石造美術の宝庫である、南山の探訪
  は容易ではない。それは、石仏や石塔
  が渓谷に沿って点在しているので、谷
  毎に麓から登り直さねばならないから
  である。この状況は国東半島によく似
  ている。

   写真の七仏庵へは、三陵谷を登った
  翌日、あいにくの雨の中を妻と二人で
  登った。この日は、他の登山者には全
  く会わず、深い渓谷の中でいささか心
  細い思いをした。しかし、この三尊磨
  崖仏と四面石仏の美しいお姿に接した
  時には、背筋がぞくぞくするほど感動
  した。誠に短絡な話で恐縮だが、正に
  地獄に仏を体感した気分だった。

   釈迦三尊と思われるが、その像容は
  技術を語る次元とは全く別のおおらか
  さと包容力を擁しており、脇侍菩薩も
  含め、石窟庵石仏にも共通した格別の
  美しさが感じられた。
   濡れた断崖が危険なので、更に上の
  神仙庵磨崖仏は無念だが断念した。
  
          

      
     
          拝里三尊石仏 (慶尚北道/慶州市)
    
    
   南山の石仏とはいえ山麓の里に在るので、慶州
  観光では鮑石亭址の後に立ち寄る場所である。か
  つては露座の石仏だったが、近年屋根で覆われ礼
  拝の場所も整備された。
   私達がここを訪れた時に一人熱心に祈る婦人が
  おられ、写真を撮るのを暫く控えたものだった。
  信仰心が希薄で脳天気な日本人と比べると、熱い
  信仰心を持った方の多いお国柄でもある。
   釈迦如来像が中心の三尊石仏といっても、他の
  二体は普賢菩薩や文殊菩薩などの脇侍ではない。
  元来関係の無かった三体の石仏を、発見時にまと
  めたという説も有る位なのである。

   写真は左側に建つ像で、何の像かは不明だが、
  ふくよかで柔和なお顔立ちには親しみを感じる。
   顔と腰を微妙に曲げており、見事な光背や装飾
  が独特の雰囲気を創出している。7世紀から8世
  紀にかけての、三国新羅時代の制作と思われる。
   この大らかな仏容は、明らかに日本の石仏へと
  伝承されていると思う。この石仏を見ながら、日
  本の石仏の源流は決して中国大陸ではなく、朝鮮
  半島にあると確信したのだった。
 
         

     
   
          感恩寺址三層石塔 (慶尚北道/慶州市陽北面)
     
    
   慶州石窟庵の石仏はガラス越しで良く見えず、更
  に撮影禁止ときたので欲求不満が高まっていた。そ
  んな折に出合ったこの二基の石塔は、私達の溜飲を
  下げるのに十分なほどの情緒を持った遺構だった。
   石窟庵から、文武大王の海中御陵で知られる臺本
  へと向かう途中の畑の向こうに、堂々と建っている
  のが見えたのだった。
   三国統一を成した新羅の文武大王が創建したこの
  寺は、現在は完全に廃墟となってしまい、残ってい
  る建造物はこの東西両三層石塔のみとなっている。
   先ほど松林寺で述べた石塔に対する従来からの既
  成の美意識に、これほどぴったり該当する石塔もま
  た珍しいだろう。屋根の反り具合や、上へ向かうほ
  ど小さくなる屋根と塔身の大きさの低減率などが、
  日本人の見慣れた法起寺や当麻寺や明通寺などの木
  造三重塔のシルエットにぴったりなのである。
   塔の周囲に礎石が見られることから、おそらく感
  恩寺の伽藍を形成していた塔と思われるが、慶州仏
  国寺の三層石塔と多宝塔のような存在だったのだろ
  うか。
   仏国寺と感恩寺の石塔ではどちらが好みかを問わ
  れれば、私は躊躇無くこちらを取るだろう。
             

       
    
    韓国各地の石仏と石塔写真紀行
   
   
    
    旧法泉寺玄妙石塔        旧南溪寺七層石塔
       (ソウル市/国立中央博物館)    (ソウル市/国立中央博物館)
     
              
    
    
    旧円覚寺十三層石塔      無量寺五層石塔
       (ソウル市/タプコル公園)     (忠清南道/扶餘郡外山面)
 
     
            
    
    
    大鳥寺三層石塔           大鳥寺弥勒石仏
       (忠清南道/扶餘郡馬岩面)        (忠清南道/扶餘郡馬岩面)
 
     
            
     
    
    法水寺址三層石塔       清涼寺三層石塔
       (慶尚北道/星州郡修倫面)    (慶尚南道/陜川郡伽耶面)
  
     
            
    
     
    海印寺三層石塔        願堂庵多層石塔
       (慶尚南道/陜川郡伽耶面)    (慶尚南道/陜川郡伽耶面)
  
     
           
    
     
    月光寺址三層石塔       桐華寺毘蘆庵三層石塔
       (慶尚南道/陜川郡冶爐面)    (慶尚北道/大邱広域市東区)
 
     
                
    
    
    箕城洞三層石塔        孤雲寺三層石塔
       (慶尚北道/漆谷郡東明面)     (慶尚北道/義城郡丹村面)
 
     
            
    
    
    造塔里五層甎塔        新世洞七層甎塔
       (慶尚北道/安東市一直面)     (慶尚北道/安東市)
  
     
                 
    
     
    新月洞三層石塔        浄恵寺址十三層石塔
       (慶尚北道/永川市琴湖面)     (慶尚北道/慶州市安康邑)
  
     
           
    
    
    羅原寺五層石塔        石窟庵三層石塔
       (慶尚北道/慶州市見谷面)     (慶尚北道/慶州市陽北面)
  
     
            
    
     
    項里寺址五層石塔      三層石塔
      (慶尚北道/慶州市陽北面)     (慶尚北道/慶州市)
  
       
            
     
     
    芬皇寺旧九層         味呑寺址三層石塔
       (慶尚北道/慶州市)           (慶尚北道/慶州市)
   
     
            
      
     
    仏国寺三層釈迦塔       仏国寺多宝塔
       (慶尚北道/慶州市)        (慶尚北道/慶州市)
   
     
            
    
     
    仏国寺三層石塔        南山洞三層石塔
       (慶尚北道/慶州市)        (慶尚北道/慶州市)
   
     
            
     
     
    旧高仙寺三層石塔       九黄里三層石塔
    (慶尚北道/慶州市慶州国立博物館)    (慶尚北道/慶州市)
   
     
            
     
     
    南山三陵谷如来石仏      南山三陵谷聖観音磨崖仏
       (慶尚北道/慶州市)        (慶尚北道/慶州市)
  
     
                 
    
     
    南山薬水谷如来磨崖仏  掘仏寺址石仏群
       (慶尚北道/慶州市)     (慶尚北道/慶州市)
   
       
            
     
     
    通度寺三層石塔        梵魚寺三層石塔
       (慶尚南道/梁山市下北面)     (慶尚南道/釜山広域市金井区)
   
     
               

  このページTOPへ  Bretagneの石造美術へ  上州の道祖神へ 

   石造美術TOPへ  日本庭園TOPへ ロマネスクTOPへ 

    古代巨石文明TOPへ 世界の建築  総合TOPへ 掲示板へ