スコットランドの古代巨石文化
      
(ストーン・サークル
メンヒル)
      
Megalithic Stones in Scotland
     
                          
   ある本によれば、オークニー島やヘブリ
  ディーズ諸島を含め、スコットランドには
  約140箇所のストーン・サークルが残さ
  れている、という。
   BC3500年の新石器時代から、BC
  1000年の青銅器時代までの間に、先住
  民族によって、ストーン・サークルやケル
  ン、ドルメンやメンヒルといった巨石文化
  が栄えた、のだというのである。
   誰によって、何のために、どのような方
  法で造営されたか、という謎は大層ミステ
  リアスであり、石を組んだその特異な造形
  にはとても興味が感じられた。
   今回の旅で訪ねた約50箇所の重要な遺
  構の中から、特に印象に残ったものを御紹
  介したいと思う。
   辺鄙な牧草地や森の中を歩かねばならず、
  実際は見かけの景色の美しさとは違った湿
  地と牛糞との戦いであったが、それは大き
  な感動の前の余興のようなものだった。
   観光化された場所を除き、探訪するため
  に最低でも5万分の1の地図を要する。  
   
 Ballymeanoch Standing Stones
          
Argyllshire
        

            
         
      リング・オブ・ブロッガーストーン・サークル
        Ring of Brodgar /Stone Circle

                    Isle of Orkney (オークニー島)
          
   世界遺産に認定されて以来、こ
  こオークニー島へは多くの人が訪
  れるようになった。私達が感動し
  ながら撮影している間にも、日本
  を含めた各国の団体客がやって来
  ては、15分も経たない内に帰っ
  て行った。何だ石だけじゃないか、
  とでも言っているような雰囲気だ
  った。
   この「石だけ」以外に、彼等は
  一体何を求めてやって来たのだろ
  うか。天をも突くような鋭い尖石
  ばかりを、かくも見事に円形に立
  てた古代の人々の感性や美意識と
  いうものは、果たしてどのような
  ものだったのだろうか、と考える
  だけでも胸が躍り、立ち去り難い
  想いでいるというのに。
       
     Stromness の北東8KmKirkwall の西北西17Km、A965からB9055へ曲がり2Km行くと見える。
    サークルの直径は103m、石の数はかつては60個だったが現在は29個である。最も高い石は4.7mで、
    写真手前の石でも3mはある。BC2700年頃のものと考えられている。
     基本的に改修はされていない。
      

               
              
      ステネススタンディング・ストーンズ
         Stennes/Standing Stones

                   Isle of Orkney (オークニー島)  

             
   かつてストーン・サークルだった所だが、
  多くの石が倒壊し失われたものと思われる。
  20世紀初頭に改修が行われ、倒れた石が立
  てられたり、サークルが修復されたりしたと
  いう。
   しかし、古代人は何故石を立てたのだろう
  か。それもよりによって、かくも薄く尖った
  扁平な石ばかりを。
   求めたのは石の高さなのか、鋭さなのか、
  見る角度によって表情を変える扁平の多様性
  なのか、或いは通説と成っている暦を知るた
  めの、太陽や月の方位だったのか。
   円の中心に立つと、全ての石がこちらを向
  いていることから、ある種の興奮を感じた。
  ピラミッドの重心と同様、図形の中心という
  ものには、ただ一点のみの安定とその周辺の
  緊張感とが同居しているらしい。
   円の中心に祭壇らしき遺構が在るが、意味
  のある場所だったに違いない。
   サークルの西北と南東やや離れて、メンヒ
  ルが各一基立っているのにも意味が有りそう
  である。   
      
     Ring of Brodgar から至近距離に在る。B9055に面しており判り易い。A965からはこちらの
    ほうが手前になる。
     従来の円の直径は45mとも37mとも言われているが、残念ながら全体的にかなり手が入ってい
    て明確ではない。最も高い石は5.3mで、主要な立石は写真の3本である。
     BC2300年前後と考えられている。
       

 
    
    
      ステムビスターメンヒル
        Stembister /Standing Stone
    
                    Isle of Orkney (オークニー島)   
     
   現地の遺蹟案内地図に Standing Stone
  表記されていると、大半の場合は一石で屹立
  したメンヒルである。前掲のステネスの場合
  は、サークルの一部であったと考えられる立
  石群が、
Standing Stones と呼ばれているの
  である。
   フランス語では
Menhir と書いてメニール
  と発音するらしいのだが、日本では一般的に
  メンヒルと呼ばれている。先住民族のブルト
  ン語が語源なのだという。
   ブルトン人やピクト人よりももっと古い謎
  の民族が、この辺境の地の海に向かって展望
  の開けた崖の上に、いったい何を目的として
  この巨石を立てたのだろうか。
   写真の方向から眺めると、先端が尖ってや
  や扁平に見えるのだが、正面から見ると、先
  が少し曲がった妙な矩形に見える。
   立ち込めた霧の中に立つメンヒルの姿は、
  どこか不思議な気高さすら感じさせた。
   石を立てるということは、そこで生じる或
  る種の緊張感や存在感を求めての行為であっ
  たことは間違いなさそうである。
   
     Kirkwall からは国道 A960 を東南に15Km走り、B9052 の三叉路を過ぎてから1.5Km行くと
    再び三叉路に出る。そこを左折し突き辺りまで走ると、小さな家屋が数軒建っている場所に出
    る。車を止め、その背後に向かって歩くと、海の見える高台に出る。もうメンヒルは目の前だ。
    
     

   
    
   
      ステンシガーメンヒル
        Stensigar /Standing Stone
    
                   Isle of Orkney (オークニー島)  
          
   オークニーの巨石はほとんど
  と言ってよいほど海岸の見える
  場所に立っている。牧歌的であ
  りながら、とてもエモーショナ
  ルな光景だ。
   遠くから眺めると、立石は風
  景の一部としてとてもロマンテ
  ィックに見えたのだが、石の横
  に立って見ると、石の持つ圧倒
  的な重量感と神秘性に打たれて
  背筋に電流が走るような感銘を
  受けた。古代人からのメッセー
  ジだったのかも知れないが、こ
  の鈍感な現代人には全く解釈不
  能だった。
   
Skara Brae, Gurness Broch
  などといった紀元前2500年頃の
  巨石住居跡の残るこの島の謎は
  歩けば歩くほど深まっていく。
    
     Kirkwall のあるオークニー本島から、国道 A961 で南下し、Burray 島を通過し、South
    Ronaldsay 島へと向かう。島の半ばで国道が左へ直角に大きく曲がる所があるが、そこを曲が
    らずに細い地方道を直進する。
     道路から海へと続く草原のスロープの彼方に、写真のメンヒルがポツンと立っているのが見
    えてくる。草原をしばらく歩いていかねばならない。
         

                  
                
      カラニッシュストーン・サークル
         Callanish/Stone Circle

                    Isle of Lewis (ルイス島)
              
   ルイス島には絶海の孤島という
  イメージが有ったが、3時間の船
  旅で着いた島は広大で、開放的な
  牧草原の広がる明るい平和な場所
  であった。但し、風雪の激しい冬
  季の過酷な気候は、想像を絶する
  厳しさなのだと聞く。
   憧れのカラニッシュは、意外に
  集落から近い丘の上に在った。
   スコットランドの石林、とでも
  命名したくなるような列石。二重
  の円に十字が重なった石の列の平
  面図は、丸でケルトのハイクロス
  の様な形をしている。
   壮絶とも言える立石の集積に、
  時を忘れて石の間を歩き回る。何
  時間経ったかも、意識していなか
  った。感動は海より深く、古代人
  の美意識に少しだけ触れた気分だ
  った。
   石の列は、太陽や月の動きに関
  連しているとも言われている。
    
     Stornoway から荒野の中を西へ23Km行った所に在る。A859をSochまで行き、Acha Mor を経由
    してA858をさらに進み、Calanais(Callanish) 村を訪ねればよい。案内標識は完備している。
     サークルはBC2200頃、初期青銅器時代のものと考えられている。3m以上の石が林立しており、
    何本有るか数えたが、何回数えても途中で判らなくなってしまった。
         

                
             
      クノック・フィルビル・ベグストーン・サークル
        Cnoc Fillbhir Bheag/Stone Circle

                   Isle of Lewis (ルイス島)  

                       
   カラニッシュのサークルが在る
  一帯は、丸で古代の祭祀のための
  壮大な広場のようである。カラニ
  ッシュほどの規模ではないが、そ
  れでも見事なサークルが主なもの
  だけでも他に4箇所点在している。
   ここはその内の一つで、とても
  難しい名前のサークルだが、別名
  
Callanish Vとも呼ばれている。
   他の場所に在ったら、さぞ著名
  なサークルとなるだろうと思われ
  る程、整然としたチャーミングで
  エキサイティングなサークルだ。
   カラニッシュには観光バスも時
  折訪れるが、ここはほとんど無人
  の別世界だ。
   石達が頭を寄せ合って、さなが
  ら円卓会議でもしているように見
  えた。
   
     前掲のCallanishから、東南東1.5Kmの場所に位置している。高台に在るCallanishからは、
    もう一つのCeann Hulavig Stone Circleと、このサークルを遠望することが出来る。
     A858に面した小さな駐車場から、柵を越えて少しだけ歩けば近い。
     サークルの直径は約13m、主な立石は13本在った。やや修復整備された気配を感じた。
          

   
    
  
      クノック・セアン・アガレイドストーン・サークル
        Cnoc Ceann A'Gharaidh /Stone Circle
    
                   Isle of Lewis (ルイス島)   
    
   Callanish Il とも呼ばれるサーク
  ルで、個性的な石がほぼ完璧な円形
  を構成している。
   最も背の高い石は3m以上あり、
  円の中心から見ると北東を指す位置
  に立っている。大きな意味が有るに
  違いない。
   全ての石が円の中心に扁平な面を
  向けて立っているので、見る方向に
  よって一つの石が全く異なった表情
  を示すのである。
   周辺にはケルンもあり、また木炭
  の発掘もされていて、更に古い木の
  サークルなどの存在が確認されてい
  るそうだ。
   それにしても、色々な形の変化に
  富んだ巨石を集めたものだ。

     Callanishと先述の駐車場との中間に細い道が有り、ここへは国道A858から、遺蹟の近くま
    で直接車で入って行ける。
     前述のサークルからは、草原の道伝いに歩いて行くことも出来る。ここは入り江まで100
    m足らずの場所で、Loch Roag とも呼ばれている。

      

   
   
   
      セアン・ウラヴィッグストーン・サークル
        Ceann Hulavig / Stone Circle
    
                   Isle of Lewis (ルイス島)  
     
   ここはカラニッシュのサークル
  群からは少し離れているのだが、
  
Callanish IV と呼ばれている。
   サークルとしては小さい (直径
  13m) ほうで、立石の数も5つ
  しかない。この地方のサークルは
  いずれも楕円形で、景色の良い高
  台に造られているのが共通した特
  徴である。
   石の間隔が不揃いなので、当初
  は6石か9石だったのではないか、
  と勝手に推測した。
   隔絶された孤島の広大な草原、
  白雲と紺碧の空、入り江から吹き
  寄せるやや強い風、苔むした扁平
  な片岩の立石によるサークル、石
  好きにとっては出来過ぎと言って
  もよいほどの舞台装置だった。
    
     国道A858から地方道B8011へと曲がり、ハリス島方面へと向かって2Km走った左手の丘の上
    に在る。車を路傍に停め、急な斜面を少し登って行くと景色の開けた場所に出る。
     道を隔てた反対側にもサークルが在ると聞いたのだが、しばらく歩いても確認出来ず訪問を
    断念した。この辺りをガイドする案内は、標識など一切設けられていない。
     

   
    
    
      クレイティールメンヒル群
        Cleitir/ Standing Stones
     
                    Isle of Great Bernera (ルイス島に隣接する)
    
   フィヨルドのように入り組んだ
  入り江には、無数の島々が浮かび、
  夢のように美しい景観を見せてい
  た。手元のOS地図によれば、入
  り江は
Loch Ròg an Ear というら
  しい。
   
Callanish の対岸となるこの島
  へは、狭い瀬戸に架けられた細い
  橋で容易に渡ることが出来る。
   海辺に面した絶壁の上に立つこ
  のメンヒル群は、石の全てが海に
  向かってやや傾斜した姿がとても
  印象的だった。
   周辺に倒壊した巨石も多くみら
  れるので、かなり修復されたメン
  ヒル群であり、当初はおそらく壮
  大なサークルだったのではないか
  と思う。
   この遺蹟はほとんどの書物には
  掲載されていないのだが、ストー
  ノウェイ港の観光案内所で教えて
  貰った穴場なのである。
   
  
     Callanish から入り江に沿って走る。B8011からB8059へと入ると、今度は入り江の対岸を北西
    に進むことになる。6〜7Kmで海岸線に出るが、そこで Bernera 島に架かる橋を渡ることが出来
    る。遺蹟は橋を渡ったすぐ左手の崖の上に在り、橋からも立石の存在を確認出来る。
         

   
    
   
      クラック・ミック・ロイドマックロッド石
        Clach Mhic Leoid/Macleod's Stone
    
                     Isle of Harris (ハリス島)
            
   ヘブリディーズ諸島を代表するルイ
  ス島とハリス島が、地続きの一つの島
  であることを現地で知った。ルイス島
  の南側半分をハリス島と呼ぶ、といえ
  ば分かり易いだろう。
   突き出た半島の小高い丸山のてっぺ
  んに立つこのメンヒルは、やはり海を
  望む絶景の地である。
   石は量感のあるやや角ばった石で、
  材質そのものは好みではないのだが、
  余りに劇的な場所に立っていたので、
  そのシルエットが忘れられない。
   高さ4m弱の巨石である。
   写真に写っている後方の島は、ハリ
  ス島の北に位置する
Taransay島であ
  る。この後は、家内が是非寄りたいと
  言う“ハリス・ツイード”の工房を訪
  ねるために、
Plocrapol という小さな
  村を探した。
    
     ルイス島からハリス島へと向かってB859をひた走り、ハリス島の中心 Tarbert へと向かう。
     町を過ぎてからさらに12Kmほどで、右手に干潟のような目にも鮮やかな白砂海岸が出現する。
    その海岸線の続きに丸山の半島があり、半島の付け根を横切った向こう側の海岸線に車を停め、山
    の頂上へと歩いて登る。片道約1Kmはあるので、30分はかかってしまうだろう。

   

     
     
      ロッホビュイストーン・サークル
        Lochbuie/Stone Circle

                           
Isle of Mull (マル島)

          
   アイオナ修道院や野鳥観察など
  を目的にしてこの島を訪れる人は
  多いが、このサークルの存在を知
  る人はほとんどいない。
   私達が訪れた時は周辺が濃い霧
  に覆われていたが、何故かサーク
  ルの周りだけには霧が無かった。
   陰鬱で荒涼たる湿地の草原を歩
  く私達にとって、ピンクの石楠花
  だけが恐怖心を和ませてくれた。
   石も小さく、規模も大きくない
  が、手付かずのサークルである。
   鋭く高い立石は形それ自体が説
  得力を示すが、この小さな石の円
  形は何を意味するのだろうか。
   この霧深い湿地帯では、太陽神
  崇拝のための祭祀とか、天体観測
  のためのサークルといった説には、
  大きな疑問を抱かざるをえない。
     
     Craignure の港からA849を南下、Strathcoil の分岐を Lochbuie 方面に曲がる。Loch Spelve
    の湾岸を約12Km行くと、Lochbuie の小さな集落に着く。村外れに Stone Circle と書かれた粗末
    な看板が在り、それに従って湿地帯をかなり歩く。
     サークルの直径は13mで、写真より手前に2m弱の尖石が立っている。
            

       
     
      グレンゴームスタンディング・ストーンズ
         Glengorm/ Standing Stones

                    Isle of Mull (マル島)   
        
   港町トバモリー(Tobermory)
  泊まった日、島の北部に庭園の美
  しい城館が在り、しかもその近く
  に立石遺跡が在ると聞き行ってみ
  た。
   石楠花が満開で楽しめたが、城
  の背後に広がる牧場の中に在る遺
  跡は、抜群の美しさだった。
   マル島の観光案内所でくれた本
  の表紙にもなっている、貴重なメ
  ンヒル
(
Standing Stones)である。
   見渡す限りの牧草地で、丘のむ
  こうは断崖となって海に落ち込ん
  でおり、羊と牛が放牧される中に、
  このシンボリックな石が3個立っ
  ている。サークルの名残かもしれ
  ないが、日本庭園の三尊石組に通
  じる美意識が存在するかのように
  見えることに感動した。
   古代の人々の感性の中に、どん
  な信仰心や美意識が存在したのだ
  ろうか。
   
     Tobermory から地方道を西北に約10Km進むと、大きな森に突き当たる。そこが Glengorm
    Castle で、メンヒルは城館の遥か背後、森を抜けた牧場の中に在る。牛の群れの動きを注意
    しながら、草原をかなり歩かねばならない。

     

   
    
    
      ダーヴェグメンヒル
        Dervaig/Standing Stones
     
                    Isle of Mull (マル島)   
     
   鬱蒼と繁った森は深く、昼間
  だというのに薄暗く湿った小径
  をしばらく歩いた。
   突然、頭の上が開けてぱっと
  目の前が明るくなった。この円
  形の広場だけが、スポットライ
  トを浴びたように輝いて見えた。
   そして、その広場の中央には、
  二本の立石が飄然と立っていた
  のだった。
   2m弱のメンヒルとしては小
  さな石なのだが、とても存在感
  があって胸を打たれた。
   周辺に倒れた石が幾つも見ら
  れたので、列石の一種かサーク
  ルの一部であった可能性はある。
   前掲のサークル跡とは場所も
  近く、石の種類も似ているよう
  だ。
   しかし、どうして古代の巨石
  遺蹟というのは、こうも劇的な
  場所にばかり在るのだろうか。
    
     Tobermory から地方道 B8072を約10Km行くとそこは尾根の頂上で、右手には深い森が見える。
    そこは先述の城あたりから続く Glen Gorm と呼ばれる森で、遊歩道のある森林公園の入口となっ
    ている。メンヒルやケルンが点在する、巨石遺蹟の集中した特異な場所である。
     駐車場に車を停めて十分も歩けば、容易にこの遺蹟へ着くことが出来る。
    

   
    
     
      バリスケイトメンヒル
        Baliscate/Standing Stones
                           
                    Isle of Mull (マル島)   

               
   マル島には、印象的なメンヒルなどの遺蹟が
  数多く存在する。今回の旅では、4日間島に滞
  在して14箇所のメンヒルとサークルを訪ねる
  ことが出来た。
   そんな中で、雨と霧と泥沼のような牧草地と
  戦った思い出が余りにも強烈だったことで、こ
  のメンヒルが最も忘れられない存在となってし
  まった。
   場所はトバモリーの町から1キロほどの判り
  易い所だったのだが、車を停めて崖の上の草原
  を歩き出してからが問題だった。
   前日まで降り続いた雨がまだ残っており、足
  元の草地はドロドロ状態で、草と泥と牛糞が入
  り混じった道無き難路を数百m歩かねばならな
  かった。
   ちなみに、これ以降の巨石探訪の為の私達の
  携行必需品に、ゴム長靴が加わることとなった。
   二基のメンヒルは地面に根が生えたようにど
  っしりと立っており、堂々たる存在感はマル島
  での白眉といえると思う。
   前述のメンヒルもそうだが、二基の立石の間
  に伏せられた石が置かれている。この形式がな
  ぜか、アバディーン地方のサークルの横石のよ
  うな存在となる石組を連想させる。
   伏せて置いたのか、単に倒壊したのか。
   
     国道A848を走ってくると、 Tobarmory の町に入る少し手前左側に陶器工場が在る。その角
    を曲がった突き当たりに車を停める。
     遺蹟はその右手上の高台に位置している。通常は単なる牧草地なのだろうが、雨降りの後が
    要注意かもしれない。但し、雨は無くとも、牛糞にはくれぐれもご注意を。
           

   
    
    
      ポッティーメンヒル
        Pottie/Standing Stone
  
                  Isle of Mull (マル島)   
               
   アイオナ島やスタッファ島へ渡るための船が
  出る、フィオンフォートの港へと通じる国道か
  ら少し入った丘の上に立っている。
   羊の群れ遊ぶなんとも牧歌的な風景の中に、
  2mと小さいが天を突くイメージを持ったメン
  ヒルが立てられていたのだった。
   4,000年近くもこの場所にこの姿で立ってい
  たとすれば、今日にまで残されたことはこの荒
  廃していく地球上にあっては奇跡的としか言い
  ようが無い。
   しかしこの地が、牧草地としてしか利用価値
  が無かったからこそ、という皮肉な理由で今日
  にまで伝えられたのだから面白くもある。
   先人の残した文化や歴史といったものが、今
  日を生きる人々にある種のメッセージを持って
  いるのだとしても、古代人との隔絶した時間が
  余りにも長過ぎて謎は解けない。
   この立石を見て何とも感じない人もいれば、
  小生のように血が騒いでしまう人もいる。何を
  求めて古代人は石を立てたのか、を知るための
  資格を持っているのかもしれない。どういう資
  格なのかは不明なのだが。
    
     Craignure のフェリー港から、国道A849を西へと向かう。約45Kmで Fionnphort の港だが、
    その2Km手前に南に広がる牧場へと入っていく小径がある。
     メンヒルは突き当たりの牧場の手前の、右側の牧草地の中に立っている。
        

       
      
      マクリ・ムーアストーン・サークル (II)
         Machrie Moor/ Stone Circles (II)

                    Isle of Arran (アラン島)
       
   アラン島はその狭い島の中に、古
  代の石造文化の名残を数多く留めた
  遺跡の島である。
   特にこのマクリ・ムーア地区では、
  大小10個のサークルや3個のメン
  ヒルを見ることが出来た。
   写真の立石は、
Machrie Moor U
  と呼ばれるサークルの遺構である。
  かつてはサークルを構成していたこ
  の3本の尖石は、草原のどこからで
  も眺められるほど雄大な存在である。
   全て扁平な板石で、揃って円の中
  心を向いている。円は小さいが、石
  の高さは迫力に満ちており、12個
  は在ったと思われる往時の姿を想像
  すると、オークニーやカラニッシュ
  にも匹敵するであろう雄渾なサーク
  ルだったはずである。
    
     BrodickからB880を西へ約20Km行くとBlackwaterfootに着く。さらにA841を北へ5Kmほど
    行くと、サークルを示す標識が出ている。広大な草原をかなり歩くことになるが、遊歩道が整
    備されていて、7つのサークルを比較的容易に巡ることが出来る。
     Uは直径13mのサークル、材質は砂岩で近在の山から掘り出されたものらしい。初期青銅器
    時代のものという。
    

   
    
  
      マクリ・ムーアストーン・サークル(V)
        Machrie Moor/Stone Circle (V)
   
                    Isle of Arran (アラン島)  
    
   数あるマクリ・ムーアのサーク
  ルの中では、最も整然とした優美
  なサークルである。
   このサークルが他と違うのは、
  内側に8個、外側に15個の石を
  並べた二重のサークルだというこ
  とである。
   石は比較的背が低く丸いので、
  緊迫した迫力よりもずっしりとし
  た重量感に満ちている。動物がう
  ずくまった様な格好に見える。
   ここでは石を“立てる”のでは
  なく、“並べる”ことに意義があ
  ったのではないか、と感じられる。
   サークルと同心円の土塁も築か
  れており、何かの祭祀の舞台であ
  ったかのようにも見える。
   背後に明媚な山が見える平原に
  広がる、壮大なサークル群遺蹟で
  ある。
    
     前記のサークルへ行く遊歩道を歩くと、最初にこのサークルが見えてくる。Vは直径18mの
    サークルで、”Fingal の釜戸”という別名がある。フィンガルは、ヘブリディーズ諸島のスタ
    ッファ島・フィンガルの洞窟で知られる伝説の巨人である。
      

       
     
     ブロディック城スタンディング・ストーンズ
        Brodick Castle/Standing Stones
 
                    Isle of Arran (アラン島)   
        
   アラン島に点在する数多くのメンヒル(スタン
  ディング・ストーン)の中で、そのロケーション
  と共に最も印象に残ったものの一つである。
   豊かに実った黄金色の麦畑の中に、2本の尖石
  が天に向いてすっくと立つ姿が見えた。
   何という美しい景色だろうか。もっとも、ここ
  はブロディック城の領域内であり、この豊穣は勿
  論、古代への夢までも独占できる貴族のスケール
  の大きさには驚嘆せざるをえない。
   貴族が所有すればこそ、開発の嵐から貴重な森
  林や遺跡が守られた、という皮肉な現実も存在す
  るのだから文句を言う筋合いではない。
   そんな偏見や羨望を超越して、この立石の姿は
  真に崇高で美しかった。足元が麦の群生で見えな
  いので判らないが、純粋なメンヒルであって、お
  そらくはサークルの石ではなさそうである。
   麦を傷めないように畔に沿って、穂をかき分け
  ながら進み、撮影ポイントを探すのに苦労した。
   苑路を隔てて反対側の牧草地に、もう一つのメ
  ンヒルが在り、どうやらこの2石と一列になって
  いるように見えた。
   
     Brodick Castleを見学した後、町側の出口である南門へと向かう苑路の右側、深い生垣
    の向こうにこの広大な麦畑が在る。普通に車で通過すると全く見えない。
     Brodickの町の中2箇所にも、鋭く延びた立石のメンヒルが在った。島全体が古代の石文
    化の遺跡のようである。
           

   
        
      オーチェンカーメンヒル
        Auchencar/Standing Stone
    
                   Isle of Arran (アラン島)   
    
   高さが5m以上もある迫力満点
  の、文字通りの巨石メンヒルであ
  る。無数の羊がゆったりと放牧さ
  れた草原を、かなり奥まで歩かね
  ばならないが、牧場の入口辺りか
  らでも、立石の存在は確認できる。
   石の白く見える部分は苔で、石
  の材質はマクリ・ムーアと同じこ
  の地方の砂岩らしい。
   これだけの巨石を立てる作業は
  半端な労働力だけでは遂行不可能
  であり、やはり何らかの大きな権
  力が発揮されたのか、また別の次
  元で、例えば宗教的な統率力など、
  人々を動員しうる何らかの力が存
  在したのだろう。
   一頭の羊が微動だにしないで、
  じっと不意の闖入者を睨んでいた。
  まるでメンヒルの番をしているか
  のように。
   
     Machrie Moor からさらに国道A841を約2Km北上すると、小さなT字路がある。そこを右に
    曲がり、小径を進むと広大な牧場に出る。草原のかなたにメンヒルの姿が見える。
     左手の柵を越えて、牧草地を300mほど歩けばよい。
     

   
    
    
      ネザー・ラーギーメンヒル群
        Nether Largie/Standing Stones
   
                    Argyllshire (アーガイル州)
    
   キルマーティン峡谷と呼ばれる一帯の広大な草
  原の中に、それぞれ2本・3本・2本の立石集団
  による3つのメンヒル群が、平行線の幅の中に一
  定の間隔をおいて並んでいる。
   写真は一番手前の、二基の立石である。右の石
  は妙な形をしているのだが、おそらく上部が破損
  したのだろうと思う。先端の尖った石は多いが、
  古代人の嗜好にはこうした奇形は無かったものと
  私は思っている。それでもこれは、とても印象的
  な佇まいだった。
   この平行に立つ二石の向こうに大小三石が三角
  形の位置に立ち、さらに向こうには平行して二石
  が立っているのである。
   一列か二列に並列する列石は多いが、ここの石
  はその種類ではない。サークルの遺構でもなさそ
  うだ。
   この草原はまことに古代巨石文化の一大展示場
  のようなもので、次掲のストーン・サークルや大
  小のケルンやドルメンが密集しており、石好きに
  はたまらない楽園である。新石器時代からの古代
  の墓が集中する、広大な墓地の谷なのである。
   
     マル島からのフェリーが着く Oban の港から、国道A816 を約50Km南下する。Kilmartin の
    村を過ぎた辺りの右手は広い草原になっており、その中にこの遺蹟がある。
     遺蹟の近くまで車で近づくことが出来るので分かり易い。
     南の Lochgilphead からは A816 を10Km北上することになる。
        

   
    
     
      テンプル・ウッドストーン・サークル
        Temple Wood/Stone Circle
  
                   Argyllshire (アーガイル州)  

   
   前述の遺蹟などが密集する草原
  に隣接して、この不思議なサーク
  ルを見ることが出来る。
   玉石を積んだケルンとストーン
  ・サークルが複合したものは、幾
  つかの事例を知っている。しかし
  ケルンがこんなに大きいのは珍し
  いし、写真では判らないが、サー
  クルの中心に石棺のようなものが
  埋め込まれているのが最大の特徴
  かもしれない。
   紀元前2,000年に造られたそうだ
  が、その後埋葬用のケルンや石棺
  が造られ、現在見られるものは紀
  元前1,050年頃のものだという。
   北側にはもっと古い、丸太を利
  用したウッド・サークルの遺構が
  あり、それは何と紀元前2,500年の
  ものだというから驚きである。
   
     前掲の遺蹟から歩いて行くことも出来る。
     車は Kilmartin から南西へ1Km強、 Slockavullin へと向かう小径に面している。
     サークルは直径13m×12mの楕円形である。
       

   
    
    
      バリーミーノフメンヒル群
        Ballymeanoch/Standing Stones
   
                   Argyllshire (アーガイル州)   
    
   ここもキルマーティン渓谷の中
  に在る、列石群の遺蹟である。
   このサイトの表紙にもここの写
  真を使っているのだが、とに角表
  情の魅力的な石ばかりが立ってい
  ることに感動したのである。
   写真は並列した4本の板石で、
  日本の板碑を連想させる何とも壮
  絶な光景である。30m離れた場
  所に、別の2本の板石が平行して
  立っている。
   前掲のネザー・ラーギーの列石
  も同様だが、石の表面に円形や多
  重リングが彫られているらしい。
  磨耗が激しく確認は出来なかった
  のだが、いずれも列石の示す方向
  が、冬至や満月といった特定の日
  時での太陽や月の出たり沈んだり
  する方向に関係している、という
  説もある。
   列石の目的や意義は不明だが、
  方向性だけを示すのであれば、こ
  のような石の立て方をするだろう
  か、という疑問を感じた。
   
   
     前掲の遺蹟群からB8025を Ballymeanoch の村に向かって進むと、すぐ右手にケルンが見え
    てくる。Dunchraigang のケルンである。メンヒル群はその左手奥に広がっている牧草地の中
    にある。幹線道路を外れれば、どこでも駐車は可能である。
       

   
    
     
      トーハウスキーストーン・サークル
        Torhousekie/Stone Circle
                           
                    Dumfries & Galloway
            
   見渡す限り牧草地や麦畑がずっ
  と続く谷間の台地で、柵のある大
  きな牧場の一画にこのストーン・
  サークルが保存されている。
   アラン島のマックリー・ムーア
  のサークル
(V) に似ており、マウ
  ンド状の土塁のうえに石が立てら
  れている。
   石を数えて見ると19有り、全
  てこの地方の花崗岩のようだ。リ
  ングの直径はほぼ20m、古いゴ
  ルフ場のグリーンの大きさだ。
   石は丸味がかったものが多く、
  最も高いものでも60
cm足らず
  である。
   付近には、3石が並列した立石
  群やケルンが数個密集していた。
  さながら古代の祭祀場の跡のよう
  ではないかなどと思われたが、気
  が付けば、牛と羊しかいない英国
  では当たり前の牧歌的な田園の真
  っ只中でしかなかった。
   
     この地方の中心都市 Dumfries から国道A75号線を西へ Newton Stewart まで行き、そこから
    A714を10Km南下すると Wingtown に着く。さらに地方道B733で西へ5Km進んだ路傍に、このサ
    ークルを見つけることができる。The Machars と呼ばれる、美しい田園地帯である。
      

   
    
    
      グレンキッカンストーン・サークル
        Glenquickan/Stone Circle
     
                    Dumfries & Galloway   
    
   この一帯は Cambret Hill という
  丘の裾野で、
Cambret Moor と呼ば
  れる古代の遺蹟が密集した場所であ
  る。著名なサークルが3つ、他に列
  石やケルンやメンヒルが点在してい
  るのだが、道が無いので車は全く入
  ることが出来ない。そこで、道から
  最も近い、このサークルまで歩くこ
  とにしたのである。
   このサークルの最大の特徴は、リ
  ングの中心にメンヒルのような立石
  が象徴的に立っていることだ。
   リングの直径は16m×15mの
  楕円で、かなり小さな石が周囲に立
  てられている。数えたら29有った。
   リングの石が小さく低いので、サ
  ークルとしては迫力に欠けるのだが、
  遺蹟の集中した神秘的な空気の漂う
  場所に立っていたことがとても印象
  的だった。
    
     前掲のサークルへ行く途中のA75号線を、Newton Stewart から Dumfries へ向かって12Km戻
    った所に Creetown の町がある。そこから Old Military Road という細い道を東に向かって3Km
    行った所で車を停める。目印は全く無く、森を抜けてすぐ、としかいい様がない。写真の背後に写
    っているのがその森で、車はその右端辺りに停めた。歩く距離は400m弱である。
      

      
     
      ミドゥマー・カークストーン・サークル
        Midmar Kirk/Stone Circle

                     Aberdeenshire (アバディーン州)
                 
   そこは何とも不思議な空間だった。
  村の小さな教会堂の裏側、ささやか
  な墓地に隣接してこのストーン・サ
  ークルが在った。
   円形の内側は緑の芝生で、背はそ
  れほど高くはないが鋭い立石によっ
  て周囲が囲まれている。
   写真の右側は、
Recumbentと呼ば
  れる横石と、それを両側から挟んで
  いるFlankersという側石とで組まれ
  た、この地方特有の構造である。こ
  の形式は多くのサークルで見られた
  が、この地方だけで様式化したとい
  うことは何を意味するのだろうか。
   祭壇のようにも見えるし、生贄が
  捧げられた場所と見る向きも有ると
  聞く。
   
     Aberdeenの西25Kmに位置している。B9119を直進し、Echtの村からさらに西、約4Kmあた
    りにKirkyardと書かれた標識が在る。そこを右折し北へ少し行ったところにこの教会が見
    える。教会は18世紀、墓地は20世紀になってからの創建らしい。
     右の石の高さは2.5m、サークルの直径は17mである。
       

   
    
    
      カラリーストーン・サークル
        Cullerlie / Stone Circle
      
                  Aberdeenshire (アバディーン州)  

        
   アバディーンの町の西側には、
  実に数多くのストーン・サークル
  やメンヒルが点在している。
   ここも町からは至近の、牧草地
  とはいえ比較的集落の多い場所に
  位置している。この一画は、古代
  歴史公園のようになっていた。
   直径約10mのリングだが、印
  象的な八つの石で構成されている。
   特徴はリング中央のケルンだろ
  う。かなり修復整備されたように
  見えるので、少しがっかりしたの
  だが、解説標識を読んで驚いた。
  サークルの石はケルン以前のもの
  らしいが、ケルンからは火葬され
  た人骨や炭状の樫材が出土したと
  いう。
   サークル墳墓説も説得力を持っ
  てくるが、サークルが建造された
  時との時間のギャップを考えると、
  必ずしも一様ではないと思う。
    
     アバディーンの町からは、国道A944を西へ10Km進み、B9119とのY字路を左へ入って行く。
     6Km行ったところで、今度はB9125を左折し、数百mで直ぐまた地方道を左折する。
     さらに1Km行くと、そこにサークルの案内標識が出ている。
      
    

      
     
      サウス・イジーストーン・サークル
        South Ythsie/Stone Circle

                    Aberdeenshire (アバディーン州)  
        
   訪れたのは04年5月下旬で、
  スコットランドはいたるところで
  菜の花が真っ盛りだった。日本で
  も珍しい花ではないが、これだけ
  畑一杯に咲いていることと、鮮烈
  な黄色とが格別印象的だった。
   菜の花に囲まれたストーン・サ
  ークルが有ったら良いだろうね、
  などと話していた矢先にこの場所
  へ着いたので、夢が即座に叶えら
  れたようで嬉しかった。
   やや小振りな6個の石で構成さ
  れており、この遺構はほとんど手
  付かずのままらしい。
   小高いケルンの上に並べられた
  素朴なサークルは、むせるような
  菜の花の香りの中で、悠久の時を
  語っている。
   
     AberdeenからB999を北へ20Kmほど行くと、Pitmeddenという町に着く。そこからさらにB999
    を4Km行くと、South Ythsieと村名の書かれた小さな標識が出ている。サークルはその村外れの、
    低い丘の向こうに在る。
       

      
     
       ティレバガーストーン・サークル
         Tyrebagger/Stone Circle

                   Aberdeenshire (アバディーン州)   
       
   このストーン・サークルの在
  る場所へは、地図が無ければ絶
  対にたどり着くことは不可能だ
  ろう。ハリエニシダの繁茂する
  オフロードの急坂を、登りつめ
  てからしばらく歩いた。
   鋭い尖石が林立する戦慄的な
  サークルで、例の
Recumbent
  いう横石と両側の立石の石組が、
  サークルの要となっている。
   サークルに立っている主石は
  10個、3m近い高さのものも
  在った。
   ここも大きな改修は成されて
  おらず、傾斜した立石などは、
  前衛的な美意識すら感じさせる
  程の美しさだった。
   4000年も前の遺跡であるのに、
  日本庭園に立てられた石組の感
  覚に、とても似ているような気
  がしてならなかった。私は完全
  に、阿波国分寺庭園の石組をイ
  メージしていたのだった。
       
     Aberdeen空港の西に在る丘、Hill of Marcusの山裾に広がる牧場の外れに在る。Dyce
    Farmという農場を目指して牧草地の囲いの間を登って行くと、前方遥かやや小高い丘の上
    に数個の細長い石が立っているのが見える。空港背後の町からは、工場の裏へ回りこむ、
    農場への最初の入口だけが判り難い。
     

     
     
      ローンヘッドストーン・サークル
        Loanhead/Stone Circle

                    Aberdeenshire (アバディーン州)  
        
   アバディーン州では最も著名な
  ストーン・サークルで、一部の旅
  行ガイドブックには載っている。
  行政によって史跡として管理され
  ているので、見学に支障は無い。
   パッチワークのように美しい菜
  の花畑や麦畑が望める見晴らしの
  良い美しい高台で、このサークル
  は苦難の歴史から解放され、余生
  を楽しんでいるみたいだった。
   見事な横石
(
Recumbent)石組の
  他に、10個の立石が並んでいる。
   サークル中央に小石を積んだ円
  形ケルン(Ring-Cairn)が在るが、
  各地で見られる様式である。
   BC3000とは思えぬほど綺麗に整
  備されているが、程好く荒れた手
  付かずというほうが遺跡らしい、
  などと言うのは我が儘というもの
  だろうか。
   
     Aberdeenの西北にインヴェラリー(Inverurie)という町が有る。そこからB9001を北へ8Km
    行くとDaviotへの標識が在る。サークルはDaviotの町の北の外れに在って、案内の表示は完
    備している。
       

   
    
   
       グラッセルストーン・サークル
         Glassel /Stone Circle
   
                   Aberdeenshire (アバディーン州)   
      
   深い森の中を歩き回り、ほとん
  ど迷子状態のまま地図と感を頼り
  に探し続けてようやくたどり着い
  た。帰り道も迷ってしまったほど、
  何の標識も案内も無かった。
   暗い森の向こうに明るく輝くス
  ポットが見え、そこに荘厳なサー
  クルを発見した時には、背筋に電
  流の走るのを感じたものだ。
   サークルは不揃いで、かなりの
  石が失われたらしい。写真の右か
  ら二番目の石がリングの中心石で、
  あとの4石がリングのライン上に
  立っている。リングの右半分が喪
  失したものと思われる。
   それでも、サークルの示す神秘
  的なオーラが充分感じられる場所
  であり、深い森の中という雰囲気
  が更にそれを増幅させた。
   
     アバディーンの町の西、ディー川の上流に Banchory というチャーミングな町がある。
     Banchory から国道A980を西へ9Kmの所にあるT字路を左折すると、道の左右はすぐ深い森と
    なる。約800m行った、左に森の中に通じる私道らしき道のある地点に車を停め、右側の森の中
    に踏み込んで行く。かすかな道の痕跡を頼りに、森の外れ近くまで歩く。たった200m足らず
    なので、何とか見つけてほしい。
    

   
    
   
      サンハニーストーン・サークル
        Sunhoney/Stone Circle
   
                    Aberdeenshire (アバディーン州)  
     
   背の低い石垣に囲まれた広い牧場
  の向こうに、明らかにサークルと判
  る尖った立石が幾つも見えた。近道
  をと考え、石垣を乗り越えて牧場を
  横切ろうとしたのが失敗だった。
   何十頭もの牛がじわじわと私達に
  迫ってきたのは怖かった。
   サークルは規模の大きなリングで、
  直径は25mはありそうだ。ここに
  もこの地方特有の、
Recumbent
  いう横石を組んだ要石が、リングの
  南側に立っている。緯度の高いこの
  地での、月の沈む方向に関係してい
  るらしい。
   サークルの中心に立ってみたが、
  全ての石がそのパワーを中心に向け
  て放っているように思えた。天体の
  動きとの関連も重要なのだが、私に
  は円形に並べられた石そのものの存
  在感に惹かれてならなかった。
    
     アバディーンから国道A944を走り、B9119へと左折してから約13Km行くと右手に牧場が
    見える。その向こうにサークルが確認出来るのだが、アプローチは牧場の右側から、石垣に
    伝わって近づくのが賢明だろう。前掲の Cullerlie サークルの真西7Kmに位置している。
        

   
     
   
      イースター・アコーシーズストーン・サークル
        Easter Aquorthies/Stone Circle
    
                    Aberdeenshire (アバディーン州)   
    
   緩やかに谷間を見渡せる景勝の
  地に、この見事なサークルは立っ
  ている。
   ストーン・サークルは決まって
  絶景の地に在るが、都市化の開発
  からは、僻地のみが生き残ったか
  らだともいえるのだろうか。
   リングの直径は18mという広
  大なサークルで、土塁の上に乗っ
  たような形式になっている。
   様々な色の石が使われており、
  色と方角を結びつける説も聞くが、
  やや考え過ぎのような気がする。
   ここにも横石が有り、あたかも
  何かを祭るような形をしている。
  インカやマヤでもあるまいに、生
  贄説に至ってはついて行けない。
  可能性は否定できないが。
     
     アバディーンの西北の町 Inverurie の中心から、地方道を真西に5Km行った所に在る。
     駐車場が設備されており、アクセスは簡単である。

    

   
     
    
      ホワイトブロウストーン・サークル
        Whitebrow/Stone Circle
    
                    Aberdeenshire (アバディーン州)  
           
   ここは相当荒廃した遺蹟らしいの
  だが、見事な横石
(
Recumbent)が残
  されていたので掲載した。
   数頭の人懐こい馬が放牧された牧
  草地の一番奥に、ポツンとこの横石
  石組が立っていた。
   単独で存在するはずはなく、おそ
  らく大きなサークルの一部であった
  に相違無い。周辺には、その痕跡と
  しての石が一つも見られないのが、
  何とも不思議だった。
   同様の遺構がすぐ近くにも在るそ
  うで、何かの理由で造り掛けのまま
  になったのか、或いはこういうもの
  が最初から意図的に造られたという
  ことなのだろうか。
   周辺に点在するピクトの立石遺蹟
  も含め、この地方を旅する楽しみは
  まことに奥が深い。
   
   
     Inverurie からB9002を16Km行くと、Insch という町に出る。町の中心を抜け、地方道を
    さらに3Km西へ行った道路沿いにこの牧場が見える。
     柵を乗り越え、馬の頭を撫ぜながら草原を横切れば良い。
          

      
     
      キネルストーン・サークル
        Kinnell/Stone Circle

                    Perthshire (パース州)
        
   緑濃い森林に四方を囲まれた広
  大な牧草地の中に、遠くから見る
  と何かを相談しているかの如く、
  額を寄せ合うように集まった石が
  6個、ポツリと立っていた。
   そのたたずまいの何ともシンボ
  リックな姿に、サークルの原点を
  見るような気がして感激した。
   6個の石で構成されたサークル
  は多く見られるが、360度とい
  う方位からは、4、6、12など
  といった数を用いる事が想定出来
  そうだ。
   また横石形式も含め、ある様式
  化されたパターンが、青銅器時代
  のこの地方に伝播していったのか
  と思うと、一体どんな知性が存在
  していたのかを考えざるを得ない。  
     
     Perthの西北にLoch Tayという湖が有り、その西端にKillinの村が有る。
     PerthからA85を約30Km走り、A827の分岐を曲がる。3Kmほど行ったKillinの村入口のFalls
    of Dochartで、国道の石橋を渡らずまっすぐ湖に向かって細い道を入っていく。案内標識は全
    く無い。しばらく進むと石垣に囲まれた牧草地の中に、このサークルが見える。
         

       
     
      クロフト・モレグストーン・サークル
        Croft Moraig/Stone Circle

                    Perthshire (パース州)   
        
   パース州で私達に最も印象的な感
  動を与えてくれた、忘れられないス
  トーン・サークルがここである。
   石はやや丸みを帯びているが、二
  重に立てられた石のサークルは重厚
  で、数え切れない程の石の数である。
   カラニッシュのように際立って崇
  高な材質が用いられているわけでは
  なく、ありふれた石がひたすら天に
  向いて立っているのである。並べら
  れた石からは、美意識よりもひたむ
  きさが感じられた。祭祀のための手
  段というよりは、信仰そのものの発
  露といったような気もする。
   これ以後私達は、つまらぬ城や湖
  の観光予定を完全に放棄し、ストー
  ン・サークルのみを探訪する旅程に
  と変更したのだった。
   
     前掲のKillinからLoch Tay沿いに、A827を東北に進むとKenmoreに着く。橋を渡ってなお
    もA827を3Kmほど行った、右側(国道の南東側)の牧場の小高い丘の上に見える。案内標識は
    無いが、BC3000年のもので、大きな修復が成されていない完璧な美しさを見る事が出来る。
     

   このページTOPへ  次のページ (England) へ  前のページへ 

    古代巨石文明TOPへ  日本庭園TOPへ  ロマネスクTOPへ 

    石造美術TOPへ  世界の建築   総合TOPへ  掲示板へ