現代人の血液はドロドロ

日本人は血管が詰まって起こる病気が多い

食生活が偏っている若い人たちも注意しなければいけない

コンビニやファーストフードなど、最近では気軽に食べることができる場が増えています。こうした場は、若い人たちを中心に人気ですが、最近では、お年寄りでもコンビニのイートスペースを利用されています。利用する側はとても便利に使っていますが、これらも専門家に言わせるとNGだったりするようです

こうした食生活が血液ドロドロを招く原因の1つになっていると警笛を鳴らしています。

栄養分が少なく、偏ってしまうからです。

「ファーストフードやコンビニ、外食は、野菜が少なく。栄養がある根菜や煮込みなどは、外食ではなかなかお目にかかることができません。 サラダについてくる野菜では栄養素が不足しています。そこでミネラルが大きく不足してしまうのです。

「私はサプリでしっかり不足分の栄養を補っているから大丈夫!」という声も聞こえてきそうですが、しかしやはり天然のミネラルも体には必須です。

ファーストフードを食べるな!というわけではないんです。ただそれだけでは栄養不足。脂質や糖分でドロドロになった血液を、さらさらにするための食習慣、生活習慣が必要となるのです。

くも膜下出血は即死率50%

また、中高年になると、血液ドロドロは命に直接かかわってきます。突然死などの原因にもなります。

「くも膜下出血、脳血栓、心筋梗塞、動脈硬化など、すべて血流が関わっています。つまり血がドロドロとしていると、こうした病気にもかかりやすくなるのが一般的です。年を取れば取るほど、血液さらさらの重要度は上がってくるのです。

血液さらさら対策ですぐに出来ることは活泉水を飲むこと

現代人は、「野菜をたくさん食べろ!」と言っても生活の中でそうした時間をつくりだすのがとても困難です。そんな現代人におすすめなのが「十分な水分摂取」 です。

水ならすぐに飲めます。もちろん水道水でもいいのですが、少し体にいい水をおすすめします。それが活泉水です。

人間の身体は、大人が60%、子どもは70% を水分が占めています。「よい水を摂る=よい身体をつくる」と言えるでしょう。サプリや健康食品の前に体の6割をも占める水をよいものを選ぶことが当たり前なのです。 なお、加齢とともに体内へ水分を保つ働きは低下し、それに従って身体の機能も衰えていきます。つまり、若い人はもちろん、年齢を重ねた方は、より水分補給を真剣に求められるのです。活泉水を摂取すると、身体がどんどん変化していきます。 事実、愛飲者の方からはガンコな便秘が解消した、自然にダイエットできた、美肌になったなどの喜びの声が多数届いています。 水分の身体外排出とバランスをとるためには、1日に1.5~2リットルぐらいの活泉水をこまめに摂るのがおすすめ。まずは、3ヶ月を目安に継続摂取してみるといいでしょう。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出 | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識
https://mineralwater-guide.net/contents/archives/1879

Copyright(c) 桜島 活泉水による水分補給の効果. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com