岩手県交通

岩手中央バスは貸切部門を岩手観光バスとして分社していましたが、1971年に花巻電鉄と合併した時点で、旧花巻電鉄の貸切バスを引き継ぎました。その後、1972年と1974年に貸切バスの新車が導入されました。それらは岩手観光バスの貸切車と同一仕様で導入されていました。一部は、当初から中距離路線に投入されたものもあったようです。
中央バス時代のボディカラーは、貸切車が花巻電鉄カラー(緑色)、中距離路線車が国際興業貸切カラーに塗られていたようです。花巻電鉄カラーは早くに県交通カラーに塗り替えられたようですが、国際興業貸切カラーは1984年まで残っていました。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.