入門

日野自動車(中型バス)

ボディ+シャーシ 日野自動車の中型車の歴史は、他メーカーより早く1963年より始まっています。当初は自家用が主でしたが、1970年代後半より路線バス用途が増えてきています。
大きな転換点となったのが、1981年に路線バスとして初めてのスケルトンボディを採用したことです。これまで大型バスを小さくしたような垢抜けないスタイルの多かった中型バスに、初めて独立したイメージを与え、ユーザーを増やすことに貢献しました。
表6-3 日野中型バスの系譜

系譜

日野RM 1963−1970

表6-3-1 日野RM
年式1963-19661967-1970
原動機型式
(出力)
DM100
(90PS)
DM100
(100PS)
軸距3400mmRM100RM100
備考 


日野RL 1970−1981

表6-3-2 日野RL
年式1970-19751975-19801980-1981
原動機型式
(出力)
EC100
(130PS)
EH300
(155→160PS)
EH700
(170PS)
軸距3720mm RL300K-RL301
3730mmRL100  
4030mm RL320K-RL321
備考EH300型エンジンの160PSへの強力化は1977年。


日野RL 第1期 1970−1975
日野RL 第2期 1975−1980
日野RL 第3期 1980−1981

日野RJ/RR レインボー 1981−2003       詳細説明へ

表6-3-3 日野RJ/RR
年式1981-19841984-19881988-1990
原動機型式
(出力)
EH700
(170PS)
H07C
(175PS)
H06C-T
(205PS)
H07C
(180PS)
H06C-T
(205PS)
軸距3800mmK-RJ170AA/RR170AAP-RJ170BA/RR170BA   
3930mm   P-RJ171CA/RR171CAP-RR191CA
4400mmK-RJ172AA/RR172AAP-RJ172BA/RR172BAP-RR192BA  
4490mm   P-RJ172CA/RR172CA
(P-RR172DA)
P-RR192CA
(P-RR192DA)
備考RJ=リーフサス、RR=リーフ併用エアサス(1982年〜)
( )=高床式フレーム専用型式


(注1)
日野RLについては、ぽると出版(2014)「バスのカタログ38 日野RL」(バスラマ141号)の中で詳しく記載されています。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.