入門

三菱自動車(中型バス)

ボディ+シャーシ 三菱自動車では1964年より中型車の製造を始めました。車体は一貫して呉羽自工で架装しています。そのため中型車独自のスタイルを持っていますが、1970年以降、呉羽自工の大型車への歩み寄りが見られます。さらにその時期は、中型車が路線用途に用いられるようになり始めた時期でもあり、路線バス仕様のモデルも順次追加されていきます。
1981年以降、日野RJに続きスケルトンタイプのボディに生まれ変わり、以後呉羽自工における大型バスのボディを先導する役割にさえなっています。
表6-4 三菱中型バスの系譜

系譜

三菱MR620/B620 1964−1979

表6-4-1 三菱MR620/B620
年式1964-19721972-1979
原動機型式
(出力)
6DS1
(110PS)
6DS5
(122→130PS)
6DS3
(125PS)
6DS7
(135PS)
軸距3630mmMR620B620B
(1970〜72年)
B622B
(1972〜74年)
B623B
4130mm B620E
(1970〜72年)
 B623E
備考B623は1974年以降もMKと並行生産される。 


三菱MR620 1964−1972
三菱B620 1970−1972
三菱B622/623 1972−1979

三菱MK 1974−          詳細説明へ

表6-4-3 三菱MK
年式1974-19761976-19791980-19831984-19881988-1990
原動機型式
(出力)
6D10
(145PS)
6D14
(160PS)
6DS7
(135PS)
6D15
(170PS)
6D15
(170PS)
6D14-T
(195PS)
6D16
(185PS)
6D14-T
(200PS)
軸距3630mm  K-MK102F     
3730mm MK115F K-MK116FP-MK116F
P-MK516F
 P-MK117F
P-MK517F
P-MK527F
 
4130mmMK103HMK115HK-MK102HK-MK116H
(〜1981年)
    
4390mm   K-MK116J
(1981年〜)
P-MK116J
P-MK516J
P-MK115J
P-MK515J
P-MK117J
P-MK517J
P-MK527J
P-MK595J
P-MK525J
備考MK1=リーフサス、MK5=エアサス、MK52=前輪独立懸架エアサス
紫文字は直接噴射式エンジン


(注1)
三菱の中型バスについては、ぽると出版(2009)「バスのカタログ19-21 三菱ふそう中型バスシリーズ」(バスラマ111号〜113号連載)の中で詳しく記載されています。
(注2) 長尺車B620Eの登場時期やワンマン仕様車の登場時期は、文献により記述が異なりますが、手元にあるメーカー発行のカタログ(発行年不明)によると、前後ドアのワンマン仕様のB620Eが設定されています。従って、1970〜72年の間に、B620Eの設定があり、更にその間にワンマン仕様車も設定されていることになります。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.