入門

日野自動車

シャーシ 1942(昭和17)年にいすゞの前身であるヂーゼル工業から独立した日野重工業を起源とするのが日野自動車です。戦後はいち早く大型ディーゼルバスの製造を開始し、トレーラーバスの製造で知られています。また、箱型車両では、多くのバスメーカーがリアエンジンバスの製造に進む中、センターアンダーフロアエンジン車という独自の道を歩んだことも特筆できます。
その後、車体メーカーの系列化により日野車体工業を設立し、1977年に日本初のスケルトン構造のバスを生産、日本のバスの構造、スタイルの新しい潮流を作りました。
ここでは、リアエンジンバスのRB系以降について説明します。
表4-3 日野大型バスの系譜

系譜

日野RB系 1961−1967

表4-3-1 日野RB系
年式1961-19641964-1967
原動機型式
(出力)
DS80
(160PS)
DK20
(195PS)
DS80
(160PS)
DK20
(195PS)
(230PS)
軸距4815mmRB10/RB10P RB10/RB10PRC120/RC120P
5500mm RC10/RC10PRB120RC100/RC100P
備考記号の末尾P=エアサス
青文字=ターボ付


日野RT/RU 1982−1985

表4-3-3 日野RT/RU
年式1982-19831984-1985
原動機型式
(出力)
EM100
(225PS)
EM100
(225PS)
軸距4800mmK-RT223AA/RU223AAP-RT223AA/RU223AA
5200mmK-RT225AA/RU225AAP-RT225AA/RU225AA
5670mmK-RT226AA/RU226AAP-RT226AA/RU226AA
備考RT=リーフサス、RU=エアサス


日野HT/HU 1984−

表4-3-4 日野HT/HU
年式1984-19851985-1990
原動機型式
(出力)
ER200
(225PS)
EK200
(270PS)
M10U
(230PS)
EK200
(270PS)
軸距4800mmP-HT223AA/HU223AAP-HT273AA/HU273AAP-HT233BA/HU233BAP-HT273BA/HU273BA
5200mmP-HT225AA/HU225AAP-HT275AA/HU275AAP-HT235BA/HU235BAP-HT275BA/HU275BA
5670mmP-HT226AA/HU226AAP-HT276AA/HU276AAP-HT236BA/HU236BAP-HT276BA/HU276BA
備考HT=リーフサス、HU=エアサス


日野の型式の付け方
BHからBTまで

例:BD14P
 1950年代の日野の型式には、Bで始まるものが多く見られますが、これらはバス(Bus)の頭文字をとったものと思われます。BHと並行してTHというトラックが生産されているあたりは、いすゞと同じ事情です。
 その後、センターアンダーフロアエンジンバスはBD,BK,BN,BTと続きます。いすゞの型式とは、ほぼ重複を回避しているように見えます。2文字目の意味は不明です。
 数字部分は、単純に10から始まり、一の位がバージョンを示すようです(マイナーチェンジにより、BD10→BD11→BD12→BD13→BD14→BD15)。
 その他の記号としては、エアサスがP(pneumaticの頭文字)という記号があります。

RBからRSまで

例:RE120P
 1960〜70年代のリアエンジンバスには、Rで始まる型式が用いられます。Rはリアエンジン(rear engine)の頭文字だと思われます。RA,RB,RC,RD,RE,RL,RM,RS,RVなどがあります。
 数字部分は、当初の2桁から3桁に変わります。やはり当初は単純に10から始まり、3桁の場合100から始まります。モデルチェンジにより300に飛んだりしますが、RVRSでは百の位で出力を区別しています。特にRVでは、数字の大小と出力の大小は一致しません。
十の位は系列内での相対的な長さを表しています。一の位はマイナーチェンジで変化します。(RV730P→RV731P→RV732P)

スケルトン世代

例:RT223AA
 スケルトン世代の車両から、型式の付け方が変わります。1981年に登場した中型バスRJがこれに当たります。1文字目のRはやはりリアエンジン(rear engine)の頭文字のようですが、リアアンダー車はHになります。
 2文字の記号は、RK,RJ,RR,RT,RU,RYなどがあり、エアサスとリーフサスの区別などにも使われています。前世代の型式との重複はないようです。
 数字は3桁で、十の位は出力を表します。エンジン出力の十の位とリンクしているように見えます(RU638A=330PS、RJ170A=170PS)。一の位は全系列での相対的な長さを表すようです。HT226ARU606Aの長さはほとんど同じです。
 末尾の記号はバージョンを示し、A→B→Cと進むようです。その後に、懸架方式などの識別記号もつきます。
 なお、1990年の平成元年排ガス規制に伴うモデルチェンジの際、型式の付け方が一部変わり、数字は1桁のみとなりました。数字は出力、続く記号が、エンジン型式、長さ、バージョン、懸架方式と続くようです。


日野自動車の系譜
  • 1910(明治43)年 日野自動車の起源とされる東京瓦斯工業設立
  • 1913(大正2)年 東京瓦斯電気工業と改称
  • 1918(大正7)年 日本初の自動車生産開始
  • 1941(昭和16)年 称号をヂーゼル自動車工業と改称
  • 1942(昭和17)年 日野製造所を日野重工業として独立(現在の日野自動車)
  • 1946(昭和21)年 大型トレーラーバスなど生産開始。日野産業と改称
  • 1948(昭和23)年 日野ヂーゼル工業と改称。販売部門は日野ヂーゼル販売となる
  • 1959(昭和34)年 日野自動車工業と改称
  • 1966(昭和41)年 トヨタ自動車と業務提携
  • 1977(昭和52)年 日本初のスケルトンバス発表
  • 1991(平成3)年 世界初のディーゼル・電気ハイブリッドバス「HIMR」発表
  • 1994(平成6)年 シンボルマーク制定。CI展開
  • 1999(平成11)年 日野自動車販売と合併し、日野自動車と改称
  • 2001(平成13)年 トヨタ自動車の子会社となる

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.