入門

富士重工

ボディ 富士重工は、すべてのシャーシメーカーに架装していた点で珍しいボディーメーカーです。同様の例では西日本車体工業がありますが、そちらは地域に偏りがあり、富士重工は全国で見られるという点でも特異な例です。
富士重工のバス製造は、終戦後に中島飛行機株式会社から改称した富士産業株式会社に始まります。シャーシの組み合わせで比較的多かったのが日産ディーゼルといすゞで、日産ディーゼルは富士重工を指定車体としていました。そのため、日産ディーゼルのモデルチェンジと足並みを揃えているケースが多いようです。
スタイリングの特徴としては、技術的に業界の先端を行きながら、癖のない万人に好まれる車両を発表しています。
シャーシメーカーとの資本関係がないことから、全シャーシメーカーに架装できた半面、系列化の波には逆らえず、徐々に日産ディーゼルへの架装の比率が高まり、最終的に日産ディーゼルが西日本車体へのボディ一本化を表明したことから、2003年にバスボディ製造を中止するに至りました。

1956−1962 R11型

1963−1970 R13型(前期)

1970−1982 R13型(後期)

1972−1982 R13型E(3E型)

1982−1988 15型E(5E型)

1988−2003 17型(7E型)


富士重工の系譜
  • 1946(昭和21)年 小泉ボデー製作所を設立、バスボディ第1号を生産
  • 1947(昭和22)年 小泉ボデー解散。富士産業の伊勢崎工場がバス製造を継承
  • 1950(昭和25)年 富士自動車工業設立、事業を移管
  • 1955(昭和30)年 富士重工業が富士自動車工業などを吸収合併、バス製造を継承
  • 2003(平成15)年 日産ディーゼルからのボディ発注中止に伴い、バスボディ製造を中止

富士重工業のバス事業
富士重工ボディについて詳しい本
富士重工ボディについて詳しく記載した書籍をご紹介します。
バスラマスペシャルの8号として発行された「富士重工業のバス事業」で、富士重工がバス製造に幕を下ろした2003年に発行されています。
富士重工は、アメリカのGMCを範とした正面窓のくぼんだスタイルが印象的でしたが、その後もセミデッカーや大型カーブドガラスの採用、連接バスへの架装、スロープ付小型ワンステップバスの製造など、各時代ごとに先進的なバスボディを製造してきたことが分かります。
(注1)
富士重工のバスボディの名称にはR13型などがありますが、これは組み合わせるシャーシの形状(R=リアエンジンバス、T=キャブオーバーバス、など)と車体形状(フルモデルチェンジごとに変更)により成り立っているようです。大型バスは基本的に奇数で、R11型の次はR13型になると言う進化になります。偶数は中型バスサイズに当てられ、R13型の中型はR14型と呼ばれ、R15型の中型はR16型になります。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.