入門

そのほかにも色々なロゴやプレートがついていました

ボディ+シャーシ シャーシを表すエンブレム以外にも、色々なロゴマークやプレートがついている場合があります。
これらは、バスの愛称であったり、ボディメーカーであったり、あるいはエンジンタイプであったりします。これを見ることにより、メーカーや型式を知ることも出来ました。
なお、ここに取り上げたのはその一部で、探してみるとかなりの種類があるはずです。
ボディメーカー
ボディメーカーのプレートがついているバスもありました。これは、側面の前輪の後ろあたりに付けられることが多いようです。
解説 サイド リア
川重車体の社章です。川崎重工の「川」をデザインしたもので、そのマークを旗にあしらったもの。
(〜1986年)
川重車体
川重車体
IKコーチ製ボディのプレートです。IKコーチは川重車体といすゞバス製造との間の10年間ほど存在した会社です。
(1986〜95年)
アイケイコーチ
IKコーチ
富士重工製ボディのプレートです。(〜1985年)
中央のブーメランのようなマークが富士重工の社章でしたが、2003年にスバルの六連星マークに変更になりました。
富士重工
富士重工
富士重工製ボディの1985年ごろからのプレートです。略称の「FHI」(Fuji Heavy Industries)のロゴとの組み合わせです。 富士重工
富士重工
帝国自工のマークです。
(〜1975年)
帝国自工
帝国自工
金産自工のマークです。金沢産業と言う社名だった時期のものと思われ、「金沢コーチ」とローマ字で書いてあります。
1965年頃までは、このような楕円形のプレートでしたが、その後に長方形のものに変わっています。
金沢産業
金産自工
日野車体工業の成立に伴い、側面のマークも変わりました。 日野車体
日野車体
呉羽自工の1969年のもの。これ以前には「クレハコーチ」と書いたものもありました。 呉羽自工
呉羽自工
北村製作所のマークです。
上のプレートには「新潟」と言う地域名が入っています。これは1966年式の車両についていたもので、その後に下のプレートに変わったようです。
北村製作所
北村製作所
北村製作所


バスの愛称
バスに愛称つまり名前がついている場合があります。これをボディに表示するメーカーもあります。ただし、それを車体に取り付けるか付けないかは購入したユーザーの選択なので、ついていないバスも多く見られます。
なお、マイクロバスには古くから愛称がつく例が多いため、ここでは割愛します。
フロント 解説 リア
民生コンドル(1950〜59年)
コンドル
1950年から民生デイゼルが製造を開始したリアエンジンバスの愛称が「コンドル」です。メーカーのエンブレムと同様、フロントガラス下の中央に取り付けられます。
形状は鳥を意識したものと推察できます。
同様の形状で「イーグル」「MINSEI」もありました。
 
日野ブルーリボン(1952年〜)
ブルーリボン
日野のセンターアンダーフロアエンジン車の愛称が「ブルーリボン」で、このロゴマークが正面のナンバープレートの上辺りに付けられていました。
左右が棒状に伸びた細長いプレートで、上の「コンドル」に比べると文字が読みにくく、飽くまでもデザイン上のアクセント程度に見えます。
 
日野スケルトン(1977年〜)
スケルトン
日野自動車が1977年から製造を開始したスケルトン構造の観光バスは、商品名そのものを「スケルトン」としました。正面向かって右側に、写真のようなロゴが付けられています。
後の「ブルーリボン」が斜め文字なのに対し、こちらは水平になっています。
 
日野ブルーリボン(1982年〜)
ブルーリボン
第2世代の日野「ブルーリボン」のロゴマークです。日野のスケルトンバスの量産タイプとして1982年に登場したもので、再び「ブルーリボン」の名が日の目を見ました。
正面向かって右側に付けられています。
日野ブルーリボン(1982年〜)
ブルーリボン
日野レインボー(1982年〜)
レインボー
日野の中型バス「レインボー」の初期のロゴマークです。
正面向かって右側に付けられています。
貸切・自家用タイプの場合、これにRJRRという型式を見分ける要素が加わる場合もあります。
 


バス型式
 
フロント 解説 リア
  日野車のリアにはこのようなエンブレムがつけられていました。
初期のRB・RC系の場合には「RU」と書かれており、型式を表してはいませんでしたが、これはこれで「リア・アンダーフロア・エンジン」の頭文字を入れたようです。
その後は型式を表すようになっており、外観では見分けの難しいRERCの違いなども見分けることが出来ました。
中型車のRMRLなどは多少サイズが小さかったようです。
日野RV
日野RM
  三菱のB8系B9系につけられた四角形のプレート。
これも、外観では見分けに迷うことのある両型式の区別に役立ちました。
三菱B9


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.