入門

シャーシメーカーのエンブレムがありました

シャーシ かつて、ほとんどのバスの正面には製造メーカーを示すエンブレムが取り付けられていました。様々なボディメーカーとシャーシメーカーの組み合わせが存在した時代は、このエンブレムでシャーシメーカーを見分けるのが最もストレートな方法でした。
かつてのエンブレムは、車両デザインの一部にもなる重要な要素で、スピードや新しさを表すため、翼のようなデコレーションをつけたものも多く、遠目にもどこのメーカーなのか分かるものでした。逆にエンブレムをつけないバス会社のバスは、どこか間の抜けたイメージを与えたものです。
しかし、1970年代から1980年代にかけてエンブレムはシンプルになって行き、あくまでもメーカーのロゴを補助的に表示するツールでしかなくなって行きます。そして現在ではメーカーエンブレムはほとんど見なくなりました。
いすゞ自動車
「いすゞ」は戦前に車名として誕生した名前ですが、戦後に「いすゞ自動車」の成立で晴れてメーカーのブランド名になりました。
フロント 解説 リア
〜1959年
いすゞ
初期のリアエンジンバスBAなどの時代には、ワッペン形のエンブレムの中に「いすゞ」のマークが入ったデザインでした。左右に3本のラインが水平に伸びていますが、こういったデコレーションはかっこよく見せるためには不可欠な要素でした。
右写真のリアエンブレムにもこの翼のようなものがついています。
〜1961年
いすゞ
1960〜1964年
いすゞ
1960年頃の川崎ボディのモデルチェンジとほぼ同時に、エンブレムの形も変わりました。「いすゞ」のマークを下から支えるように、尖った翼が左右に伸びているスマートなエンブレムです。
全体的な形が日産ディーゼルのものとよく似ており、遠目にはよく見間違えたものです。
1965〜1975年
いすゞ
この時期にしてはかなりコンパクトにまとまったエンブレムです。小判型のいすゞのマークが五角形の中に納まっています。
いすゞのエンブレムは変化が激しかったのですが、この形はそれなりに長く続きました。
右写真は同時期のリアエンブレムで、シンプルになりました。
1962〜1975年
いすゞ
1975年〜
いすゞ

いすゞ
「いすゞ」のマーク変更に合わせて、バスのエンブレムも新マークと社名ロゴを組み合わせたものに変わりました。エンブレムと言えるものではありませんが、これ以降他メーカーもこの傾向が強まります。
実際の展開方法では、マークかロゴかどちらか一方だけつけると言うような例もあります。
この台形を二つ向かい合わせたマークが使われなくなる1990年代初頭まで使用されました。
なお、リアのものも同じ組み合わせのシンプルなものになっています。
 
ボンネットバスやマイクロバスなどでは異なるエンブレムも存在しました。また、地域やユーザーによる特殊なものもあったようです。


日産ディーゼル工業
日産ディーゼルは戦後に開発した2サイクルのUD型エンジンがヒットとなり、これが会社の代名詞となりました。UDエンジンが姿を消した後も会社の略称はUDです。
フロント 解説 リア
1961年〜1982年
UD
1960年までは旧社名「MINSEI」(民生ディーゼル)のエンブレムをつけていましたが、社名変更に伴い、UDエンブレムに変わったようです。赤い丸の「UD」の左右に尖った翼のついたスマートなデザインです。
当初は「UDエンジン」搭載車を意味したようで、UDエンジンを積んだ日産自動車製のバスにもこのエンブレムがついています。やがてUDが日産ディーゼル工業そのものを表す代名詞になり、同社製のあらゆるバスにこのエンブレムがつけられるようになりました。
UD
1982年〜
UD
富士重工製ボディが15型といわれる角張ったボディになるのと時を同じくして、UDエンブレムから「NISSAN DIESEL」のロゴへと変わりました。
1990年代初頭までこれが使われていました。
 


日野自動車工業
日野自動車は東京郊外の日野にあった工場が戦時中に独立したことから地名の日野を社名としました。ウィングマークが長く日野のイメージとなっていました。
フロント 解説 リア
〜1994年
日野
「ウィングマーク」と呼ばれるエンブレムで、その名の通り翼をあしらった優雅な形が人気でした。日野の大型車を印象付ける重要なファクターであったからか、他メーカーが旧来のエンブレムを廃止する中でも長く使用され、初期のセレガにも使われています。
日野の頭文字「H」をデザインした新コーポレートマークの登場により、姿を消しました。
日野
ボンネットバスやマイクロバスなどでは異なるエンブレムも存在しました。


三菱自動車工業
三菱自動車は戦前に初期国産バスの「扶桑(ふそう)」を製造したことから、この「ふそう」が会社の代名詞になりました。三菱グループの象徴であるスリーダイヤがシンボルマークです。
フロント 解説 リア
1956〜1984年
ふそう
三菱グループを象徴するスリーダイヤとFUSOのロゴを組み合わせて三角形のエンブレムとしたもので、角張った形状が他のメーカーにない特徴でした。
リアは1970年代中頃からのものと思われ、モノコックボディのバスについていました。
エアロバスシリーズなどのスケルトンタイプのボディが登場した頃に姿を消しました。
ふそう
1982〜
MMC
三菱自動車工業に「MMC」という愛称がつき、そのロゴをつけるようになりました。旧エンブレムと時期的にはダブっているようです。
標準的な配置は左側に「FUSO」、右側に「MMC」ですが、どちらか片方であったり、スリーダイヤの単独マークとの組み合わせであったり、さらに「MMC」マークが中央に配置されていたりと、使い方のバリエーションは豊富だったようです。
正確な期間は把握してないのですが、エアロバス初期の頃から1990年代初めまで使われました。1995年の広告からは「MMC」が姿を消していますので、94年ごろが最後でしょうか。
 


日産自動車
日産自動車では、大型バスの製造事例は多くはありません。また、UDエンジンの提供を受けている車両が多く、「UD」のエンブレムをつけている車両もあり、日産ディーゼルとの区別では混乱することもあります。
フロント 解説 リア
日産 日産自動車独自のエンブレムには、「キャブスター」についていた左のようなものがありました。 日産日産


ご案内

  1. シャーシメーカーのエンブレムは、主にフロント中央部分に取り付けられており、また、後面にも簡単なものが取り付けられるケースが多いようです。
  2. その他に、後面には型式を表すエンブレム、正面には車名、側面にはボディメーカーのエンブレムがつけられることが多かったようです。
  3. 上記に取り上げたものはあくまでも標準的なもので、車種、地域などにより異なるものも存在します。
  4. 年号には多少の誤差があります。さらにユーザーや地域による違いもあったようです。
  5. 使用した画像の中には、画像処理を施していたり、画像を元に作画したものも含まれます。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.