埼玉県の謎のキャブオーバーバス(解決編)

埼玉県から宮城県の基地に運び込まれた謎のキャブオーバーバス。
シャーシと言いボディと言い、その生い立ちがしっかりと分からないまま、海和さんの苦悩編では、一旦「このバスはトヨタLBというトラックシャーシを使って作った変なバスなのだ!」と強引に結論を導き出した私でした。
しかし、その記事を見たある方から、間もなく明快な回答が示されたのです。それは2015年9月のことで、海和隊長と伏見広報部長から、相次ぐメールで知らされました。

これまでのあらすじ

車検証が発見された!

2015年9月のある日、海和さんから突然のメールが来ました。
この車両の車検証を持っている人がいたというのです。

海和さんから送られてきた車検証(仮称:B車)

伏見さんから送られてきた車検証(仮称:A車)

車検証の記載内容を比べてみる

表2
項目名A車B車
登録番号(黄色横長)2-177062-17759
登録番号(黄色)2あ-08282あ-0834
登録番号(緑)群2い15-20群2い1530
長さ780m820m
220m230m
高さ270m290m
車名トヨタトヨタ
型式BM型48年式BM型48年式
形状キャブオーバー型ボンネット型
原動機の型式(旧)羊型B型
原動機の型式(換装後)+型(※)神型
燃料の種類ガソリン揮発油
車台番号48179羊5184羊
原動機番号(旧)羊51501羊8B162564
原動機番号(換装後)+1345(※)神9135神
備考(抜粋)昭和32年1月30日継続(本場)
昭和34年6月12日標板更新
昭和35年1月19日機関変更
昭和39年4月4日継続
昭和31年12月21日継続(本場)
昭和34年8月18日原動機変更
昭和37年12月3日継続
赤文字は廃車体と一致する部分
(※)=「+」部分は、車検証では十の字を丸で囲んだような文字が書かれています。

2両の生い立ちを図解してみる

タイムマシンはないけれど

Alacarte

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.