プロフィール

1972年(昭和47)12月生まれ 山梨県甲府市出身
高校在学中、観世流・中森晶三師に師事。
高卒後、観世喜之師(観世流矢来観世家現当主・重要無形文化財保持者)のもとに内弟子入門。
平成10年9月、観世宗家より観世流能楽師としての認定を受ける。
平成11年、「能楽入門講座 花のみちしるべ」を開講。
地元・山梨に於いて、能楽の普及に努める。教育事務所・中学・高校などからの依頼講座多数。
現在、東京・山梨に「謡曲・仕舞」の稽古場を持つ。平成17年4月、甲府「武田神社」にて、同神社史上初の「薪能」を開催、上演。平成18年4月国立能楽堂にて「道成寺」披演。
平成24年より、佐久間二郎能の会「三曜会」を立ち上げ、年1回の能公演を主催する。
山梨県立大学非常勤講師。公益社団法人「観世九皐会」(かんぜきゅうこうかい)に所属。公益社団法人「能楽協会」会員。謡曲・仕舞「観世流 富士の会」主宰。

舞台略歴

平成3年7月 仕舞『鶴亀』で初舞台
平成4年1月 能『小袖曽我』鬼王役で初装束(府中市民能)
平成4年9月 能『清経』ツレ役で初面(鎌倉県民能)
平成10年1月 『千歳』披き(観世九皐会定例能公園)
平成10年2月 『巴』 初シテ(九皐会・若竹能)
平成10年12月 『猩々乱』披き
平成13年3月 『小鍛冶』 九皐会定例能の初シテ
平成14年1月 『石橋』 ツレ披き(矢来能楽堂再50周年日賀寿能)
平成15年9月 仕舞「国栖」(石和薪能)地元・山梨に於いて初舞台
平成17年4月 『羽衣』 シテ(武田の杜 薪能~風の巻~)
平成18年4月 『道成寺』披き(九皐会別会・国立能楽堂)
平成18年5月 『小鍛冶』シテ(武田神社「甲陽武能殿」こけら落とし公演~林の巻~)
平成20年6月 モナコ公国・ジャパンアートウィークに参加『石橋』シテ
平成24年12月 第1回佐久間二郎能の会「三曜会」開催 能『邯鄲』
平成25年10月 第28回国民文化祭やまなし2013提案事業
甲斐の国こども能楽公演主催
創作能『杜の湧水』上演(高根西小学校児童出演)   
平成27年12月 『隅田川』(第4回三曜会・国立能楽堂)