ケネディハウス銀座のステージ
Kennedy House Ginza、東京都中央区

昨夜は親しい人と十数年ぶりに馴染だったライブハウスへ。

二十代の頃、ここへ毎月のように来ていた。

最初に来たのは1992年。会社の先輩に連れられて、まだ六本木に店があった頃。そのあとバンドごと銀座店に移り、平日に夜の仕事をしていた私は「土曜日の男」と呼ばれるほど足繁く通った。

バンドメンバーが変わり、私には子どもも生まれて、ずっと足が遠のいていた

ところがつい先日、往年のメンバーがレギュラーメンバーに戻ったことをウェブサイトで知り、居ても立っても居られなくなり駆けつけた。

岡部智美の歌声を聴いていると、すべてが25年前に戻ったような気分になる。"Bitter Sweet Samba"と「オールナイト銀座」の掛け声で始まる「深夜放送メドレー」も変わっていない。 彼女の歌声で「木綿のハンカチーフ」や"Mr. Postman"をまた聴くことができるなんて想像もしていなかった

聴いてみると彼女の「卒業」ライブは16年前だったという。

16年前といえば、『庭』を始めた頃

「今夜は久しぶりに「狩人」が来ています」とステージからいじられることも望外の喜びだった。


思い出せるかぎりセットリストを書いておく。

  • Wonderful tonight, Eric Clapton
  • Help, The Carpenters
  • Please Mr. postman, The Carpenters
  • September、竹内まりや
  • Every Breath You Take、Police
  • The Loco-Motion, Little Eva
  • 想い出の渚、ザ・ワイルドワンズ
  • 木綿のハンカチーフ、太田裕美
  • かもめが飛んだ日、渡辺真知子
  • ダンシング・オールナイト、もんた&ブラザーズ
  • ヤングマン、西城秀樹
  • Pride、今井美樹
  • 亜麻色の髪の乙女、ヴィレッジシンガーズ
  • ダイヤモンドヘッド、ベンチャーズ
  • ブラックサンドビーチ、加山雄三
  • Surfin' USA, Beach Boys
  • Simon & Garfunkel Medley
  • Venus, Shocking Blue
  • 私がオバさんになっても、森高千里

素晴らしいShow/唱だった。