【 ク リ ス マ ス ロ ー ズ の 発 蕾 (続 き)

  
この季節、いつも行っている市内で一番大きな専門の花屋さんには、クリスマスローズの花や苗がたくさん並びます。

 いろいろな種類があり、値段もまちまちですが、いい価格が付けられており、高価な花と思います。描いてみたい花の

 一つには違いありませんが、費用対効果を考えると、他の花を選んでしまいます。素敵な花はたくさんあるのですもの。

  それが3年前に格安で購入した、クリスマスローズに蕾がついたのです。管理していたマネージャーに感謝の念を伝

 えると、「 俺、何もしていないよ。たまに水を遣ってただけ」とのこと。まだ空豆ほどの蕾ですが、あとどれぐらいで開花

 し、どんな花を咲かせるのか楽しみです。少なくとも今年は一つ、このいいことがありました。

  マネージャー曰く、「家にはもう一つ咲かせたい鉢がある。藤の花、買って15年は経っているが毎年、葉っぱは元気

 に成長するけど花芽を付けたことがない。どうにかして咲かせてみたい」とのこと。私はとうに諦めているのですが・・・。


   
                                          ( トップページ作品は全て画像クリックで拡大します )

メールアドレス : soyokaze-atorie@keb.biglobe.ne.jp

アトリエをご覧いただいたご感想ご意見等をメールにてお知らせいただければ嬉しいです              

  そよ風のアトリエへようこそお越し下さいました
  
  このアトリエには、下記の部屋があります。ごゆっくりとご覧下さい。
             
                                    
     2月の部屋   そよ風に乗って(マネージャーの独り言 第9回 葉っぱのフレディ  )   風誘讃花一覧
 
     100回記念の部屋  そよ風の小径  そよ風の小径 パート2    新エッセイの部屋一覧   

     
  このホームページ内の作品は著作権法により、無断使用をご遠慮下さい。
                    
   2019年  2 月 1日更新    
                吉沢 三さ子 プロフィール                

    出身地 : 長野県佐久市 (1949年7月生まれ)  

            日本画家、飯島三友(江戸末期~明治・大正)を曾祖父に持つ参考エッセイ「三さ子の三とは」
                                                         
    東京のデザイン学院でイラストを学び、テレビ局(テレビ東京)でデザイン画を担当

    1973年、結婚を機に職場を離れ、子育ての傍ら独学で水彩画に取り組む 

    豊橋に転居した1979年から本格的に水彩画の創作活動を始める参考エッセイ「俺、お前の絵、好きだよ」
    
    現在豊橋市でNHK文化センター豊橋水彩画教室講師   「花を描く水彩画」   (第1、第3月曜日午前10:00~12:00) 

    名古屋市で NHK文化センター名古屋 水彩画教室講師 「花を描く水彩画」   (第1、第3水曜日午前10:30~12:30) 
                                                                                                                 
                       

 四季・花・夢
そ よ 風 の ア ト リ エ

                       ク リ ス ス ロ ー ズ の 発 蕾

    毎年のことです。新たな気持ちでお正月を迎え、今年は良い年になりますように、と1月がスタートします。一年で

 一番寒い季節です。寒さを言い訳に何もしないでいると、またたく間に一ヶ月が過ぎてしまいます。今年もそうでした。

  でも、とっても嬉しいこともあったのです。3年前に購入したクリスマスローズが発蕾したのです。1月の末になって

 気がつきました。最低でも3つの花が咲きそうです。購入した時に咲いていた花が終わって、一回り大きい鉢に植え

 替えました。それから3年が過ぎ、お世話は続けていましたが、何の変化もなく花はあきらめていたのです。購入した

 のは専門の花屋さんではなく、小さな八百屋さんでした。値段も普通のクリスマスローズの半分以下でした。特価品

 だからしょうがないか、と。(下段エッセイに続きます。)

 透明水彩画・・・吉沢三さ子 作品とその世界 

                     ( NO.215   2019.02.01  毎月1日更新)