四季・花・夢
そ よ 風 の ア ト リ エ

 透明水彩画・・・吉沢三さ子 作品とその世界 

                       ( NO.235  2020.10.01  毎月1日更新)


メールアドレス : 
soyokaze-atorie@keb.biglobe.ne. jp

アトリエをご覧いただいたご感想ご意見等をメールにてお知らせいただければ嬉しいです 

             

                          再 び コ ス モ ス に つ い て

  もうかれこれ10年ほど前になるでしょうか、三重県桑名市に住む花友が、地元で個展を開催されました。10月、気候も良いので

 夫の運転する車で出掛けました。せっかく桑名まで来たんだから、桑名の著名な観光スポットである植物園なばなの里に寄って行

 こう、ということになりました。なばなの里近くになったとき、稲刈りの終わった田んぼ一面にコスモスが咲いていました。車の速度を

 落として眺めると、「どうぞご自由にお持ち帰り下さい」との看板が立っているではありませんか。なんと素敵なプレゼント!!と大喜

 びでバケツ一杯のコスモスを頂いて帰宅したことでした。自宅に帰ってそのコスモスをスケッチしたことは言うまでもありません。その

 とき、「日常的にこんなふうにコスモスをスケッチできたら、きっと良い絵が描けることだろうなぁ・・・」と憧れにも似た思いを抱いたの

 でした。

  子供の頃、信州の実家の周囲では、何気にコスモスが咲いていたものでしたが、豊橋に住むようになってからは、花屋さんで買い

 求めるか、然るべきコスモス畑に足を運ばなければ、出会えない花になっていました。それが今、念願だったコスモスが秋になると

 週に何度も届けられるという夢のような状況になりました。実を明かせば、5年前から借りている市民農園で、野菜以上に花の栽培

 に夫が力を入れているからなのです。

  今年は夏の猛暑が厳しかったので、大分ダメージを受けましたが、やっと涼しくなり、本来の澄んだ美しいコスモスを次々に手に

 することができるようになりました。そんなわけで、今回もそして次回もコスモスの作品は多くなりそうです。
 
  

                                                      ( トップページ作品は全て画像クリックで拡大します )

   そよ風のアトリエへようこそお越し下さいました
  
        このアトリエには、下記の部屋があります。ごゆっくりとご覧下さい。
             
                                    
        10月の部屋   そよ風に乗って ( マネージャーの独り言  第29回  講師メッセージ  )   風誘讃花一覧
 
        100回記念の部屋  そよ風の小径  そよ風の小径 パート2    新エッセイの部屋一覧   
     

       このホームページ内の作品は著作権法により、無断使用をご遠慮下さい。
                    
      2020年  10 月 1日更新
        吉沢 三さ子 プロフィール                

    出身地 : 長野県佐久市 (1949年7月生まれ)  

            日本画家、飯島三友(江戸末期~明治・大正)を曾祖父に持つ参考エッセイ「三さ子の三とは」
                                                         
    東京のデザイン学院でイラストを学び、テレビ局(テレビ東京)でデザイン画を担当

    1973年、結婚を機に職場を離れ、子育ての傍ら独学で水彩画に取り組む 

    豊橋に転居した1979年から本格的に水彩画の創作活動を始める参考エッセイ「俺、お前の絵、好きだよ」
    
    名古屋市で NHK文化センター名古屋 水彩画教室講師 (2006年~2019年) 

    現在豊橋市でNHK文化センター豊橋水彩画教室講師   「花を描く水彩画」   (第1、第3月曜日午前10:00~12:00)

            
                 
            

                            10 月、 コ ス モ ス

  10月、新型コロナ禍に加えて、連日猛暑が続いた8月9月が終わり、ようやく秋を感じるこの季節を迎えました。コロナ禍の終息は

 未だ見えず、ウィッズコロナ、コロナと上手につき合っていくしかない時代になったようです。

  夏の暑さにはめっきり弱いので、コロナが無くても8月9月は外出を控え、自宅で過ごすことの多い私は、熱中症対策で冷房をつけ

 アトリエで絵に取り組む日々を過ごしました。人間にとってはいつもと違う夏でしたが、自然界は変わらぬ歩みを続けているようです。

 葡萄をはじめ、果物や作物は実りの季節を迎えています。そして花といえば、秋の桜コスモスです。外来種であるコスモスの和名は

 「秋桜」、アキザクラであり、この和名漢字をコスモスとは読みません。ところが昭和52年にさだまさしさんが作詞作曲して山口百恵

 さんが歌って大ヒットした曲のタイトルが 「秋桜」 でコスモスと読ませたのでした。このことがきっかけで、秋桜をコスモスと読むように

 なり、今ではほとんどの人が何の疑問を持つことなく、秋桜をコスモスと読んでいます。

  そして今、我が家のアトリエは畑で咲き始めたコスモスでいっぱい、さながらコスモス畑状態です。そのコスモスに囲まれて描いた

 作品の多くを、今回のホームページで紹介しました。当然のことながら、コスモスが多くなっています。

  過ごしやすい良い季節となりました。皆様、どうぞコロナ対策にも体調にも十分に留意してお元気にお過ごし下さい。
 
  
 5月27日に配信されました講師からの応援メッセージ動画は、まだ公開されています。
     動画はユーチューブの 「NHKカルチャーチャンネル」 の中にあります。 こちらでご覧下さい。
 NHKカルチャーチャンネル