バス廃車体全国版

埼玉県

埼玉県内で見かけた廃車体です。

廃車体
BR351

撮影:熊谷市(2006.3.21)

自家用 いすゞBR351(1961年式)
BR351

撮影:熊谷市(2006.3.21)

富士重工R11型ボディの廃車体です。自家用の前ドア車ですが、フロントガラスの下のモールやグリルを模したような2本のリブが時代を物語っているようです。このスタイルが屋根の下で好コンディションを保っていると言うのは貴重だと思います。
側面最後部の窓が扇形なのでBRサイズ。前面のエンブレムがヒゲ形で、後面のエンブレムが丸にチョビ羽なので1961年式だと思われます。なので型式も表記のようなものになると思います。
(2015年8月時点のストリートビューでは存在していましたが、2018年時点で撤去済み)

廃車体
4R105

撮影:埼玉県(2012.3.18)

西武バス 日産デ4R105

管理者の有無がよく分からない自動車練習場で倉庫と化している大型バス。緑色に塗られていますが、おでこのあたりに残された地色から、元のカラーが見えています。
富士重工がサッシ窓を採用した初期の1970〜72年頃の製造。

廃車体
4R82

撮影:栗原大輔様(日高市 2008.3.16)

自家用 日産デ4R82(1974年式)

自家用バスの廃車体です。大型車としては最も短い部類で、自家用バスではよく見られたタイプです。ただしこの車両は日産ディーゼル。いすゞに比べて日産ディーゼルのこのサイズは数少なく、1974年には生産を終えていると言う4R82しかない模様です。なので、この型式でこのボディスタイルと言うのは、1年くらいしか生産されていない珍しい車両です。
ちょご姉様によると、前中折戸車とのこと。年式もちょご姉様によります。

廃車体
BA05N

撮影:栗原大輔様(日高市 2005.3.16)

自家用 いすゞBA05N(1973年式)
BA05N

撮影:栗原大輔様(日高市 2005.3.16)

富士重工製ボディの自家用バスです。初期の3Eボディで、特徴ある方向幕脇の通気孔があります。
ちょご姉様によると、中ドアの三方シート車とのこと。ナロー車であることもあり、狭隘路線の路線バスのようです。なお、型式、年式もちょご姉様によります。

廃車体
RR2HJBA

撮影:埼玉県(2012.3.18)

自家用 日野U-RR2HJBA

こちらも自動車教習場の隅で放置されている日野レインボーの廃車体。番号も入っていますので、元は教習所の送迎バスだったようです。

廃車体
コースター

撮影:埼玉県(2012.3.18)

自家用 トヨタコースター

こちらも自動車教習場の隅で3両まとめて放置されているトヨタのマイクロバス「コースター」。やはり河川敷にありますが、これも活用されているものではなく、奥に押込まれています。

廃車体
RM100

撮影:栗原大輔様(さいたま市 2007.2.2)

自家用 日野RM100

日野の初期中型車です。顔を見ただけだと大型車のRB10などと変わりませんが、側面のスタンディーウィンドウが丸いので区別できます。

廃車体
B623B

撮影:栗原大輔様(埼玉県 2006.6.20)

西武バス 三菱B623B(1978年式)
B623B

撮影:栗原大輔様(埼玉県 2006.6.20)

三菱の中型バスですが、西武バスには珍しいメトロ窓の前ドア車。どうやら秩父地区で使用されていた路線バスのようです。
車番はA599です。

廃車体
BU20P

撮影:美里町(2005.3.10)

いすゞBU20P(1967年式)

帝国ボディのいすゞ車の廃車体です。
後部を見ると、日野RB10などに見られるスタイルですので、新しくても1967年式。これがルーフラインまで窓のあるフロントスタイルになっているのは、過渡期の車両と言うことでしょうか。
正面の社名表示窓は5角形で、その上にいすゞのエンブレムがはみ出すようについているのも特徴的です。これが岩手県であれば岩手県南バスなのですが、北関東でこういう仕様だったのはどこの会社でしょう。
型式は推定です。

廃車体
B905N

撮影:二谷幸喜様(鶴ヶ島市 2006.8.22)

三菱B905N

三菱ボディの観光タイプの廃車体です。名鉄バスの赤い部分をブルーに変えたようなカラーデザイン。1970年ごろの車両でしょうか。型式は推定です。

廃車体
MR410

撮影:栗原大輔様(狭山市 2006.10.10)

自家用 三菱MR410

自動車学校で指揮所として使用されていると言う廃車体です。元は自動車学校の送迎バスのようです。
観光タイプのボディですが、窓の大きさから見て短尺なのでMR410と推察しました。
(撮影者によると、2007年4月現在撤去済み)

廃車体
RV

撮影:栗原大輔様(埼玉県 2010.5.24)

東都観光バス 日野RV

とある産廃業者敷地内にあるという東都観光バスの廃車体。日野の傾斜窓を持つボディスタイルで、標準床車。東都観光というといすゞ車のイメージが強いのですが、そういえばこのような日野車もありました。

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”