バス廃車体全国版

長野県にある廃車体の中で、長野電鉄の廃車体をまとめます。
長野電鉄は、長野市を中心に路線網を持つ県内大手バス事業者の一つです。1986年に信濃町を信濃交通、1992年に飯山市を信州バスに分離しましたが、1995年には本体も長電バスとしてバス部門を分離、2006年には信濃交通と信州バスを長電バスに吸収合併して現在に至ります。
かねてより日野車が多く、センターアンダーフロアエンジン車が数多く活躍していたことでも知られます。
注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.