バス廃車体全国版

長野県1(長野電鉄)

長野県にある廃車体の中で、長野電鉄の廃車体をまとめます。
長野電鉄は、長野市を中心に路線網を持つ県内大手バス事業者の一つです。1986年に信濃町を信濃交通、1992年に飯山市を信州バスに分離しましたが、1995年には本体も長電バスとしてバス部門を分離、2006年には信濃交通と信州バスを長電バスに吸収合併して現在に至ります。
かねてより日野車が多く、センターアンダーフロアエンジン車が数多く活躍していたことでも知られます。

廃車体
BN11

撮影:飯山市(2010.7.24)

長野電鉄 日野BN11(1961年式)

田舎の集落にひっそりと置かれていたセンターアンダーフロアエンジン車。金産ボディの前ドア車で、下の車両と全く同形だと思われます。
正面には木材が立てかけられていて、顔を拝むことは出来ませんでした。
(2015年にGoogleマップにより撤去を確認)

廃車体
BN11

撮影:ヒツジさん様(東御市 2004.7.11)

長野電鉄 日野BN11(1961年式)
BN11

撮影:ヒツジさん様(東御市 2004.7.11)

金産車体のセンターアンダーフロアエンジン車、正統派「ブルーリボン」の原型です。前ドア車ですので、貸切か志賀高原への観光路線用でしょうか。
普通このスタイルの金産ボディは、前ドア(及び運転席窓)の所で雨樋が下がっていますが、これはスタンディーウインドウ上のままのラインです。更に、運転席窓の隅にRがあったり、スタンディーウインドウの丸みが少ないなど、次のボディへの過渡期のものと思われます。
ポルト出版(2002)「金産ボデーのアルバム」を調べた所、長野電鉄には1961年6月にBN11が納入されています。多分これです。
(2010年7月に撤去を確認)

廃車体
BT10

撮影:ヒツジさん様(長野県 2005.4.11)

長野電鉄 日野BT10

帝国ボディのセンターアンダーフロアエンジン車。中ドアのツーマン車です。
後面は非常口が中央にある丸型ですので、1960〜63年式だと思われます。型式はBT10と推定していますが、この型式だと1961〜62年式と言うことになります。

廃車体
BT10

撮影:ヒツジさん様(山ノ内町 2005.4.17)

長野電鉄 日野BT10

上の廃車体と同型車と思われる廃車体。高台の上にあります。
この廃車体、ガラスがほとんどなくなっているほか,後面がかなりつぶれています。

廃車体
BT10

撮影:長野県(2011.2.26)

長野電鉄 日野BT10
BT10

撮影:長野県(2011.2.26)

富士重工製R11型ボディの日野ブルーリボン。この車体そのものの残存も貴重ですが、日野センターアンダーとの組み合わせで残っていることも特筆できます。側面の運転席窓次位の小窓が特徴。
年式は不明ですが、1960〜61年のBT10と推定しました。センターアンダーに関しては、R13型ボディへのモデルチェンジは図られなかったと聞いていますので、もう少し新しい車両かもしれません。

廃車体
BT51

撮影:長野県(2007.7.7)

長野電鉄 日野BT51
BT51

撮影:長野県(2007.7.7)

下の車両と同様、金産ボディの前後同一プレスのセンタアンダーフロアエンジン車。こちらは中ドアツーマン車なので、若干古いものと思われます。後ろ側にも運転台側面と同じ引き違い窓があるため、横から見るとどちらが前だか分かりません。
正面窓の縦寸法が大きくなりましたが、後面は小さいままです。通常スタイルであれば後面が連続窓になった1964〜67年式です。

情報提供:長野の廃バスまにあん様

廃車体
BT51

撮影:ヒツジさん様(中野市 2004.7.18)

長野電鉄 日野BT51
BT51

撮影:ヒツジさん様(中野市 2004.7.18)

正面からの画像に見えますが、テール灯があることから分かるようにこれは後ろ姿です。つまり前後同プレスのセンターアンダーフロアエンジン車です。
右の写真も、スィングドアの前ドアに見えますが、後部にある非常口です。リアエンジンバスだと最後部にはエンジンがあるので,このようなことはあまりありません。
(撤去済み)

廃車体
RB10P

撮影:信濃町(2003.6.18)

長野電鉄 日野PB10P
RB10P

撮影:信濃町(2003.6.18)

長野電鉄の高速バススタイルの廃車体。帝国自工では、前後スタイルに高速バス用の流線形を用意していました。この車両も側面に方向幕がありますので、志賀・草津ルートの中距離バスに使われていたものと思われます。
側窓は普通のメトロ窓で、傾斜はしていません。短尺車なので、RB10Pと推定。
今となっては、どの辺にあったのかが思い出せませんので、現存するかどうかの確認もできません。

廃車体
U20H

撮影:飯綱町(2013.5.25)

信濃交通 日産デU20H(1974年式)
U20H

撮影:飯綱町(2013.5.25)

山林の中に置かれた廃車体。物置か休憩所かと思いましたが、周囲には林しかなく、人間が働いたりする痕跡はありません。
長野電鉄では、1970年代に三菱と日産ディーゼルの車両を富士重工製ボディで導入していますが、これは比較的ノーマルな日産ディーゼル。前後ドア車で、後面にも方向幕があります。
最終所有者が信濃交通であることは、その後、ちょご姉様の再調査で分かりました。信濃交通は長野電鉄の分離子会社で、1986〜2006年の間に存在した会社です。現在は長電バスに再吸収されています。

廃車体
MR410

撮影:ヒツジさん様(中野市 2004.3.27)

長野電鉄 三菱MR410
MR410

撮影:ヒツジさん様(中野市 2004.3.27)

長野電鉄ではある程度継続して導入されていた富士重工ボディの三菱車。後面のエンジン通気孔が少なくなっているので、1974〜76年式と思われます。
富士重工のこのボディでは珍しく、側面最後部の三角窓の幅が広く、非常口が中央部にあります。 全面真っ白に塗られ、ゲートボール場の脇に置いてあります。
(2013年に撤去を確認)

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”