バス廃車体全国版

兵庫県1(全但バス)

兵庫県の全但バスの廃車体です。但馬地方を本拠地としており、いすゞ車中心の構成になっています。

廃車体
BU15EP

撮影:兵庫県(2010.11.20)

全但バス いすゞBU15EP(1970年式)

全但バスはそれなりの数のオバQバスを所有していた会社ですが、その中でも中期の車両。ドアの窓は小窓です。

廃車体
BU15EP

撮影:兵庫県(2010.11.20)

全但バス いすゞBU15EP(1970年式)

恐らく上のオバQと同形車と思われる廃車体。後ろのほうは破壊されてしまっていますが、正面は原形を留めていました。

廃車体
BU15KP

撮影:兵庫県(2010.11.20)

全但バス いすゞBU15KP
BU15KP

撮影:兵庫県(2010.11.20)

同じくオバQの廃車体ですが、こちらはライト周りのグリルが釣り目になっています。また、前ドアが通し窓になっているので、上の車両より新しい車両です。
社名表示窓はグリルの上に取り付けられ、グリル上には「ISUZU」と書いたオーナメントがつきます。

廃車体
BU20KP

撮影:兵庫県(2010.11.20)

全但バス いすゞBU20KP

こちらは1973年以降のいわゆる73SCの廃車体。この角度からでは見えませんが、中ドアを増設した路線格下げ車でした。

廃車体
BD13

撮影:美方郡(2006.8.26)

全但交通 日野BD13

建物の2階に載せられているバス。
見慣れないボディですが日野のエンブレム。非常口は後面にありますので、センターアンダーフロアエンジン車。どうやら東浦自工製ボディのよう。昭和30年代前半の車両でしょう。
塗り分け線の形状から全但交通(現全但バス)と想像します。側面に「乗合」の文字がありますが、仕様はかなりデラックス。長距離バスでしょうか。全但交通では神戸−城崎間に古くから長距離バスを運行していたようです。
型式などは推定です。
(注1)

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
(注1) 「年鑑バスラマ2007→2008」の「姫路市営バスアーカイブス」にこれとよく似たボディスタイルの車両が1955年式東浦自工製ボディと出ていたことから、ボディメーカーを推察しました。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”