バス廃車体全国版

北海道2(道南バス)

北海道の道南バスの廃車体です。
道南バスは室蘭市に本社を置き、苫小牧、倶知安などに路線を広げます。どちらかと言えば、道央地方に入るエリアの南部になります。
北海道中央バスとよく似たカラーですが、塗り分け線は、ベースとなった京阪バスにより近くなっています。錆の進んだ廃車体の場合、どちらの会社なのか、判別は困難な場合があります。

廃車体
MR470

撮影:北海道(2018.11.9)

道南バス 三菱MR470
MR470

撮影:北海道(2018.11.9)

北海道には珍しい西日本車体のスタイルを持つ車両。後面は2枚窓で、1961〜64年のスタイルです。正面窓上の日除けも特徴です。
錆色が出てはいますが、道南バスのカラーが見え、側面中央部には道南バスの社紋もついています。
MR470 車内を見てみると、シャーシメーカーの「三菱日本重工業」と並んで、ボディメーカーの「東新自工」の銘板がついていました。西日本車体と技術提携を行ったボディメーカーのようです(注1)。西工スタイルをしているものの、作ったのは東新自工だということです。
けれど北海道でわざわざ大阪の小メーカーのボディを購入したというのも不思議です(注2)

廃車体
BA341

撮影:旅男K様(洞爺村 2005.6.18)

道南バス いすゞBA341

いすゞBA初期の川崎ボディを持つ前ドア車。北海道中央バスなどと同じ赤と白のツートンカラーです。
ところでこの廃車体、屋根に煙突がつけられていますが、どのような目的で使われていたのでしょうか。

廃車体
BR351

撮影:旅男K様(洞爺村 2005.6.18)

道南バス いすゞBR351(1961年式)
BR351

撮影:旅男K様(洞爺村 2005.6.18)

同じく道南バスの前ドア車ですが、モデルチェンジされた後の川崎ボディです。車番はオ-25。「オ」と言うのは長万部配属と言う意味でしょうか。
型式のBR351BAより1ランク上の車種でターボ付。後のBA30と同じサイズです。

廃車体
RB10

撮影:旅男K様(豊浦町 2005.6.18)

道南バス 日野RB10(1966年式)

アメリカのGMを範にしたとされる視野拡大窓の帝国ボディ。未来的なスタイルで、事業者によってはかなり好まれたボディです。
青とグレーのこのカラーは室蘭市内線用の塗装で、北海道でよく見られる日野ブルーリボンのカタログカラーとの共通性もあるように思えます。車体にはM-157と言う車番が残ります。

廃車体
UA30N

撮影:北海道(2012.4.21)

道南バス 日産デUA30N

道南バスの前ドアエアサス車。中距離路線用。
おでこのあたりに道南バスカラーが見えます。色々と廃車体が置かれている中の1台。

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
(注1)
ぽると出版(2010)「西工の軌跡」P.98の年表に、1963年11月に「関西地区で東新自動車との提携を解消し、アフターサービスの拠点設置と当地修理車消化の点から同社と新たに提携した」と書かれています。
(注2)
満田新一郎ほか(2006)「昭和40年代バス浪漫時代」P.8に西日本車体のスタイルで中ドアがあるバスが写っており、道南バスにはこのスタイルのバスが複数あったことが分かります。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”